プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【日本の神様は面白い】天照大御神~③「天岩戸隠れ」話と太陽信仰

f:id:mousoumajyo:20210725135843j:plain

天岩戸隠れの話は単に「スサノオ尊がとんでもね~奴で」って話ではない。

もっと、重要な意味が込められている。

 

 

今日はコンパクトにサクッとまとめていくぜ~

 

f:id:mousoumajyo:20210816132232j:plain

 

天照大御神に関わる話で有名な「天岩戸隠れ」話は

「太陽(エネルギー)の偉大さ」を象徴している話なのです。

 

日の神である天照大御神が姿を隠してしまうと

光が消え、闇に包まれ、地上の全ての生命力が衰退し

悪霊が暴れ災いが…

そこで皆が必死になって「太陽エネルギーの復活」を願うわけです。

 

そう、これは偉大な太陽エネルギーの復活の物語。

古代の人々は、太陽エネルギーの弱まる冬(冬至)を

”太陽が一旦死んで、またよみがえる日”と考え祭事を行ったそうだ。

それは「生と死」の儀式であると同時に

新たな年の豊かな生命力を願うものでもあったんだって。

 

こういった太陽信仰は

太陽復活の儀式・祭りも含め

世界各地で見られるんだってよ。

 

高天原(天界)を統べる日の神、それが天照大御神なんす。

偉大さが伝わってきますね(女神ってところも注目)

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村