プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【日本の神様は面白い】③神産巣日神(カミムズビ)~母なる大地

f:id:mousoumajyo:20210725135843j:plain

<絶対なるもの>=「1」が創造する「2」対立する2者・補い合う2者

高御産巣日神の対となる生成力の根源神~大地母神の登場だよ~

 

 

日本の城、日本の祭りシリーズをプライムビデオで観ながら

「私、日本人なのに日本のこと何も知らない…」と自覚し

『日本を楽しむ為に知る』を趣味にしている無知BBA私です。

 

古代文明密教の世界に触れ、興味津々に調べている中で

「そういえば…日本の神話・神々についても実はわかってないよなぁ」

と、ハッとして調べ始めたら…面白い!!

 

と、いうことで

各地の神社巡りする時にも役立つ「日本の神様」紹介はじめました。

 

 

第三の神:神産巣日神(カミムズビ)

天之御中主神(アメノミナカヌシ)が天界こと「高天原」を創り、

高御産巣日神(タカミムズビ)が2番目に姿を表し、

3番目に登場したのが「神産巣日神カミムスビ)」です。

 

「1」が「2:対立する2者・補い合う関係の2者」を生む

というSemioticsでみてきたように

f:id:mousoumajyo:20210725142350j:plain

高御産巣日神神産巣日神は「一対の男女の産霊の神」という関係にある。

タカミムスビ神が「男性神的性格」であるのに対し、

カミムスビ神は「女性神的性格」でその生成力は『母なる大地』を象徴し、

地母神でもあります。

穀物、樹木、植物など生命を育む力を大地に与えるエネルギーなのです。

故に農耕神でもあります(^^)

 

そして、「出雲の神々の祖神」でもあるのです。

タカミムスビ神に劣らぬ政治力がチラリ(^^;)

◆出雲の神々の祖神として

ここで、いつものように視覚化できるように

私のカミムスビ神のイメージを描いてみました。

f:id:mousoumajyo:20210725143500j:plain

※この陰陽の角度が大事っす(タカミムスビと違うんやで)

 

タカミムスビ神は天界の最高司令神として活躍し

自分の娘を天照大神の御子と結婚させ

皇室の祖となるニニギ尊を出生させましたよね(^^)やり手!

 

カミムスビ神もなかなかの手腕を発揮します。

大国主命をピンチを救い、自分の子である「小彦名命」を

「日本」のはじまりとなる大国主命の国造りのパートナーにして

地上での影響力を大きなモノにしたのです(やり手!)

 

出雲大社カミムスビ神により

自身が住む天上の宮殿をモデルに造られたって話よ(‘v‘)

天界の宮殿って出雲大社みたいな建物なんやね~(興味湧くわぁ)

 

 

出雲大社 (楽学)

出雲大社 (楽学)

Amazon

 

 

 

カタカムナカミムスビ暗黒物質!?

神聖幾何学の立体模型を創りたくて

買ったこの本に「カタカムナ」についても書かれていた。

f:id:mousoumajyo:20210722173019j:plain

 

 

私はこの本ではじめて「日本の古代文字:カタカムナ」について知った。

どうやら遺跡も当時の文献もないようですが

アクァッホスレのA君みたいに異空間である神社に行って文献を写したのかもね。

今のところ半分本当で半分は元科学・技術系の発見者による創作だと解釈中。

半分創作だとしても、非常に面白い記号文字なのです。

 

そんでね、80首あるカタカムナ唄の中で

カミムスビ」って言葉が登場するんですよ。

「生命体を表す勾玉(陰陽)」

f:id:mousoumajyo:20210723182057j:plain

 

この生命体を表す陰陽の勾玉の中心に突き抜ける穴が「アマノミナカヌシ」で

その穴では

タカミムスビ(≒引力)が物質を一つに結び

カミムスビ(≒暗黒物質)が勾玉(生命体)のトーラエネルギーを

くるっとすべて包み込みその中心で1つに結んでいる

んですって。

 

引力、暗黒物質は今の私たちが理解できる一番近い表現らしいわ。

 

 

 

 

とにかく、

日本の天地創造における「造化三神」がここに揃ったわけです。

そしてこの三神は意味あって三神だったのです。

 

ちょっと変なこといいますけど

スピログラフ定規最近買いまして、

 

 

点が法則的な運動によって描く幾何学模様の「軌道」を見ていて

気が付いたんですけど…

初期は「三角」軌道なんですよね。

これも三神である意味と繋がっているのかも。

 

つづく。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村