プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【フェラーリvsランボルギーニ】GT3#10~今、夢の対決が!テスタロッサvsカウンタック

f:id:mousoumajyo:20191223160638j:plain

※グランド・ツアー3#10より

メイとリチャードがすげー対決をやってる!!!

車にまったく興味なかった私でもこの2台の車の名前も凄さも知ってるよ。

これ・・・本物ですよ。

 

 

どっちかがバックトゥーザフューチャーの車のモデルじゃないっけ??

バック・トゥ・ザ・フューチャー (吹替版)

まーその辺はうろ覚えなんで先にいこっと。

 

1980年代のスーパーカーブームの火付け役

そんな2大スーパーカーが今、2019年に対決しておる(;;)

 

 

 

運転しているのも本物のおじさんってのが熱いっす!

 

 

メイが乗るフェラーリテスタロッサ

京商 1/18 フェラーリ テスタロッサ 1990 レッド K08422R 完成品

京商 1/18 フェラーリ テスタロッサ 1990 レッド K08422R 完成品

 

メイが乗り込んだのは1985年に当時6万2666ポンドで発売された

フェラーリ テスタロッサ(やっぱり赤よね)

 

値段の最後の端数「666」は意図的にそうしたんだって。

悪魔的走りをする車ってことらしい。

 

車名に入れちゃうと不吉だけど

値段に「666」入れるってのはおしゃれね。

 

  • 5リッター V12エンジン
  • トップスピード 290km/h

 

どんな走りをするかはメイの走行をお楽しみください。

 

 

リチャードが乗るランボルギーニ カウンタック

車幅がでかい

半端ねぇ 厳つさ

タミヤ 1/24 スケール特別企画商品 ランボルギーニ カウンタック LP500S (クリヤーコートレッドボディ) プラモデル 25419

タミヤ 1/24 スケール特別企画商品 ランボルギーニ カウンタック LP500S (クリヤーコートレッドボディ) プラモデル 25419

 

テスタロッサより更にゴツゴツした感じのカウンタック

このドアの開き方・・・当時も印象的だったわぁ

 

27MHz 1/14 R/Cカー カウンタック LP-500S 赤 電動ラジオコントロール No993-14Lc5-R-4980

27MHz 1/14 R/Cカー カウンタック LP-500S 赤 電動ラジオコントロール No993-14Lc5-R-4980

 

リチャードの運転の様子を見ていて

初めて分かったのですが

カウンタックは「バックが苦手」です。

 

あの尾びれ(?)ウィングで後ろが見えないの(;;)

 

  • 48バルブ 5.2リッターV12エンジン
  • トップスピード 300km/h
  • ハンドルもギアも超重いのさ

 

どんな走りを見せるのか?

リチャードの運転でお楽しみください。

 

おっさんズによる夢の対決:テスタロッサvsカウンタック

メイとリチャードが80年代の超スーパーカーに乗って

レース対決しとるよ。

 

f:id:mousoumajyo:20191223163059j:plain

※グランドツアー3#10より

 

この並び!

この並びすごくないっすか!?

 

私が子供のころ

まさにスーパーカーといえばこの2台だった記憶があります。

スポーツカー=赤というイメージを刷りこんできた2台。

 

80年代のスーパーカー

80年代の青年が乗りこんで

レースしとる(;;)

 

熱いぜっ

 

80年代の最強を知り、今のスポーツカーの進化に驚く

テスタロッサカウンタックの対決は

非常に見ごたえあったし

その走りは現在でも充分かっこいいのです。

 

しかし、番組がずっとエボラコースで

各車のラップタイム順位を記録して比較しているコーナーで

驚きの結果を目の当たりにした。

 

現在の車がこれほどまでに進化していたとは・・・

80年代の最速たちよりも

現在の多くの車は速く走り、安定した走りをサポートしてくれるのです。

 

ただ、化け物・怪物を乗りこなす感は

80年代の2台の方が圧倒的に達成感あるようですぞ!

ハンドルもギアも重いし

車体も重量ありそうだし

どんなバランスなんやろか??

 

今年の最後にイイ対決見られたし、

車の技術の進化に感動できた。

 

ありがとうグランドツアーよ。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村