プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【ランチア愛炸裂】GT3#12①かつてのランチア名車を今の技術でつくったら…すごいのができました!

f:id:mousoumajyo:20200103214516j:plain

※グランドツアー3#12より

ランチアのストラストを現代版に進化させた結果・・・

ポルシェのボディベースの65万ポンド(約9400万円)のランチアできました!

 

 

先日、ランチアについて話したと思ったら

もう特集しちゃって・・・ジェレミーたちったら

意外と番組構成わかってるじゃないの!?

 

 

ランチアがこれほどまでに愛されてる自動車メーカーだったなんて・・

全然知らなかった(;;)

しかも私の思ったよりデザインの幅広かったよ~

 

かつては多くの名車をつくっていたランチアに栄光あれ!!

 

 

ランチア愛:イタリア人設計者が造った25万ポンドのランチア

私の中でランチアのデザインつーたら

こちらなんですよ

青島文化教材社 1/24 BEEMAXシリーズ No.23 ランチア デルタ S4 1986 モンテカルロラリー仕様 プラモデル

青島文化教材社 1/24 BEEMAXシリーズ No.23 ランチア デルタ S4 1986 モンテカルロラリー仕様 プラモデル

 

顔が角、角としておりアゴが張ってるイメージ

 

タミヤ 1/10 電動RCカーシリーズ No.654 ランチア 037 ラリー TA02-Sシャーシ 58654

タミヤ 1/10 電動RCカーシリーズ No.654 ランチア 037 ラリー TA02-Sシャーシ 58654

これはちょっと「目」の印象が違うのですが

フロント部分・顔の印象は四角いのです。

 

ランチアはレースやラリーで輝かく車をつくってきた会社なのです。

小さくともチーム力で勝ちをもぎ取ってきたのさ。

 

今のランチアは生産をかなり絞っており

その1車種も大衆車でワゴンタイプ

※私はそれはそれでいいと思うんですけどね 日常の相棒って大事じゃない??

 

そこでラリーやレースで巧みな走りを見せてきた

ランチアらしい車を今の技術でつくったら・・・と

イタリア人設計者エウジェニオが造った現代版ランチアがこちら

f:id:mousoumajyo:20200103220418j:plain

※GT3#12より

 

ちょっとプラモデルっぽい再現加減ですが

すごくないっすか!?

古いけど80年代のSF映画に出てきた未来の車のデザインっぽい・・

 

  • 16バルブの2リッター ターボエンジン
  • 330馬力
  • ボディーはカーボンやアルミでかなり軽量化されている
  • 100km/hまで4秒
  • トップスピード260km/h

 

ハンドルや操作ボタンに不明のものが多いので

ジェレミーが設計者のエウジェオに色々聞いた結果・・・

ほとんどのモノが機能性よりもデザイン性重視だった(^^;)

 

ハンドルについてる「リバティ」ボタンについて聞いてみると、

イタリア語で「移動」を意味するそうで・・

前にいる車を退かしたいときに使うライトボタンだって

※けっこう危険なボタンじゃない!?

 

要は「邪魔だから、どけよ」ってサインよ(><)

 

この謎にランチア愛の溢れる車は

なんと25万ポンドするそうです。

高いよ!

1ポンド=145円計算で3625万円ですよっ

 

ランチアらしーっちゃーランチアそのものですけど

25万ポンドならさぁ・・・他の選択肢が出てくるよね(--;)

 

これはもう、愛情の問題なのかも。

 

ランチアのストラストを現代版にした結果

更にランチアらしさを求めたジェレミーが推す1台がこちら

まずはランチアのストラストをご覧ください。

f:id:mousoumajyo:20200103221527j:plain

※GT3#12より

 

まさに弾丸

まさに飛行機

まさに戦闘機

 

スピードレースで活躍してきた風格漂う

デザインのランチアカーです。

 

こちらを現代の技術で進化させた結果

f:id:mousoumajyo:20200103214516j:plain

※GT3#12より

 

ポルシェのボディーを使っております。

切って短くしてくっつけたり色々ランチアデザインを再現

でもストラストよりも中は広く全体に大きいです。

軽さを追求しているので

レースカーとしてのスピードは落しておりませんぞ!

 

  • トップスピード320km/h
  • 100km/hまで3.3秒
  • ボディがとても軽く荒々しい走りは戦闘機みたい

 

ランチアのレースカーファンにはたまらない仕上がりになっておりますが

そのお値段65万ポンド!

しかもホイールベースが短いので

同じ動きを繰り返さないため…運転の巧みでないと上手く扱えないのです。

 

毎回同じようにコーナリングをしようと

運転操作しても車の動きは大きく異なるのさ。

 

ちなみにランチアのストラストは

ジェレミーが乗りこめないほど

運転席というか車内は狭い空間なのですが

現代版はジェレミーが乗りこんで運転できるよ。

 

実際にジェレミーが運転を楽しむ様子が見られるよ。

 

車はただの移動手段ではなく車と人の間には何かが生まれる

車と人の間には「愛情」だったり

相棒関係だったり絆だったり

人間と道具以上の何かが生まれるようです。

 

ランチアへの愛が

「現代技術でランチアを造ったら・・・」

という発想⇒情熱⇒チーム集結に至るわけで。

 

すごくないすか?

技術×人の関係でとても重要なことが

ここにある気がします。

 

では、また~☆

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村