プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【グランドツアー4で知るカンボジア】上流にダムをつくりASEANの河川を支配する中国

 

メコンデルタ迷走曲 ボートで出かけた男たち

シーズン3まで一気に見てしまい、全部シリーズ見終えてしまった・・・と

寂しく思っていたらシーズン4がはじまった!

ところが、今度は車ではなく運河を船で旅する冒険番組になってた。

 

 

カンボジアの川を使って

シェリムアップからベトナムの港を目指すのだ。

 

この旅がかなり過酷だったんですけど

それよりも驚いたのが

カンボジアの川の現状です。

 

人々の生活を支える運河の水位が・・・

とても低いのです。

水路である川に水が無い状態なのです!

雨季なのにですよ。

 

ここに世界経済・新興国経済の闇が在りました。

ホントにすごい状況なんで是非ジェレミーたちのレポをご覧ください。

 

 

カンボジアの発展は凄まじい勢いですが

シェリムアプや周辺の都市かが進む地域以外は

まだまだ昔ながらの暮らしをしているのです。

 

特にまだまだ水路は人々の大事な交通・運搬手段!

メコン川の恵みにより川で生計を立てていた人たちの

現状がこちらです。

f:id:mousoumajyo:20200118115910j:plain

※グランドツアー4#1より

 

本来の川の水位はこの底上げした家の下まであるはずなのです。

ところが今の水位は小川ほど

というよりも干上がる寸前とも見えるほど

f:id:mousoumajyo:20200118115256j:plain

GT4#1より

 

もう船が出せない程・・水が無い

川から水が消えた!?

 

一部地域のことではないのです。

f:id:mousoumajyo:20200118115843j:plain

GT4#1より

 

本来ならこの家々の奥のほうにある家まで

その下には水があったという・・・

 

川から水が消えた理由は

川の上流に中国がダムを造ったからです。

水力発電用のダムを中国が造っている」

 

「造っている」問う表現なのは

メコン川上流が中国によりダム建設ラッシュにあるから

カンボジアに限った話ではないのです(;;)

 

電力の覇権と共に「水・水運」に関する覇権も

中国が握ろうとしているのか・・・

 

中国が支援・投資・融資などの名目で

アフリカや東南アジアの港を支配下に置きつつある

事はしっていましたが

川・水運・水路・水に関する支配も進めていたとは。

 

めちゃくちゃ怖い(><)

経済・金による他国支配がすすんでいるのか・・

 

カンボジアベトナムにとって水運がどれほど大事な

ものであるかはジェレミーたちの旅の後半を見ると

よーく理解できます。

 

メコン川下流は巨大運搬船たちで大渋滞っすよ。

巨大運搬船の間を縫うように中型、小型の船も通っているのです。

道路よりよほど怖いよ。

 

ジェレミーたちの旅は

今までの車の旅以上に過酷でした!

そのレポはまた後程~

 

では、また~☆

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

中国の海洋戦略―アジアの安全保障体制 (PP選書)

中国の海洋戦略―アジアの安全保障体制 (PP選書)

 

 

 

2030年 世界はこう変わる アメリカ情報機関が分析した「17年後の未来」

2030年 世界はこう変わる アメリカ情報機関が分析した「17年後の未来」

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2013/04/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

日本人が知るべき東アジアの地政学 ~2025年 韓国はなくなっている~

日本人が知るべき東アジアの地政学 ~2025年 韓国はなくなっている~

  • 作者:茂木 誠
  • 出版社/メーカー: 悟空出版
  • 発売日: 2019/06/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)