プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【攻めの経済ドキュメンタリー】GB#8:世界の汚職ツアー③汚職×コンクリートの怖い話(腐敗の進んだ国)

f:id:mousoumajyo:20200301121138j:plain

ジャイアント・ビースト」第8話:世界の汚職ツアー

③(3日目)は汚職により軽んじられた国民の安全・命に関する実例を見ていくよ。

汚職×コンクリート」でできた都市に大地震が起きた時、何が起こったか?

 

 

②(ツアー2日目日記)の最後に

“根本から腐っている国か、そうでないかを簡単に知る方法”

で紹介したこちらの質問

f:id:mousoumajyo:20200301121230j:plain

ここから

アダムは興味深い話を教えてくれました。

 

地震などの自然災害の多く犠牲者が

実は「汚職×業者」による粗悪工事による被害者かもしれないのです。

 

Amazonオリジナル番組

ジャイアント・ビースト」第8話はこちら

 

世界の汚職ツアー

世界の汚職ツアー

  • メディア: Prime Video
 

 

都市が近代化し

大規模工事が増える中で

知っておいた方がいいお話だよ。

 

 

汚職×コンクリートの怖い話

アダムが教えてくれた

根本から腐った国かどうかの見極め方

f:id:mousoumajyo:20200301121230j:plain

この質問を投げた相手の大統領か首相が

その国のコンクリート業界の大物と

懇意だったり、ビジネス関係にあるなら

「その国が腐敗しているサインだ!」と教えてくれた。

 

それはなぜか?

◆コンクリートの3構成要素と強度の関係

f:id:mousoumajyo:20200301121237j:plain

コンクリートを構成する3要素

  • 骨材である砂利
  • セメント

 

“コンクリート建造物における適切なセメント含有量は15%”

 

これは建物の強度や人の安全を考えれば守るべき基準だが

その分コストがかさむ・・・

だから儲け優先の悪徳業者はセメントの量を減らして建てる

 

この悪事がばれないように、

また大きな工事の受注を貰えるように

彼らは政治家を味方につけるというわけだ。

 

当然ながらセメントの量を減らして建てた建物は

いずれ倒壊する。

 

世界で起きた地震と建物の倒壊による被害

汚職コンクリートでできたビルや建造物は強度が弱い。

汚職コンクリートでできた都市を大地震が襲ったらどうなるのか?

汚職に関わっていた者たちは「こうなること」をわかっていたはず。。

 

◆2017年メキシコ地震

f:id:mousoumajyo:20200216191018j:plain

ジャイアント・ビースト#8より

 

地震によるビルや建物の倒壊が相次いだ。

 

◆2010年ハイチ地震

f:id:mousoumajyo:20200216190619j:plain

 

f:id:mousoumajyo:20200216190529j:plain

 

ジャイアント・ビースト#8より

 

被害総額:85億ドル以上

死亡者数:20万人以上(25万人ともいわれている)

 

注目してほしいのは、建物の壊れ方!

倒壊した建物の瓦礫をよく見ておこう。

 

f:id:mousoumajyo:20200216190707j:plain

ジャイアント・ビースト#8より



BBCが伝えたニュースによれば

被害を大きくしたのは粗悪なコンクリートによる手抜き工事!

強度不足の建物が倒壊したことで甚大な被害に

その実体は粗悪コンクリートの災害

 

◆2008年 四川省

f:id:mousoumajyo:20200216190846j:plain

ジャイアント・ビースト#8より

 

小さな建物もグチャグチャ

奥の大きな建物は斜めに倒れかかっている・・

 

◆1999年トルコ

f:id:mousoumajyo:20200216190801j:plain

ジャイアント・ビースト#8より

 

ここでも建物の壊れ方や瓦礫に注目してちゃんと見て欲しい。

こんなに粉々に跡形もなく崩れるのだ。

 

 ◆更に怖い話~復興の再建築も・・

手抜き工事や粗悪コンクリートにより

脆い建築の倒壊におり多くの人の命が失われたり

人々の生活そのものを破壊したのですが、

なんと!

粗悪な建築を施した業者が再建築を行ったというケースも・・・

 

ハイチでは多くの契約が

首相の妻の親族企業に流れ疑問の声が上がった。

 

いい加減にしろ~!

汚職まみれやないか!!

再建築や復興にまで同じ手抜き業者を使うとは・・・

国民の命・生活・安全をなんだと思ってるんやっ

 

たぶん、自分の懐に入る金の方が大事なんでしょうね…

 

腐敗の進んだ国では国民生活の根本に汚職がある

はい、ここ重要なポイントですよ~

BBAの世界経済テストに出ますよ~

 

f:id:mousoumajyo:20200301121245j:plain

腐敗の進んだ国では

国民の生活の根本に汚職がるという。

 

  • コンクリート
  • 電気
  • 電話
  • などなど(自分で思いつくだけあげてみよう)

 

これらがエリート階級の収入源になっている。

汚職×悪徳業者に独占された市場からは

まともな企業は締め出されてしまう。

というか、まともな企業は生き残れなくなっているじゃないか!

 

 

アメリカも例外ではない

史上最大の高速道路が開通

2006年ボストンの大規模工事現場の事故で6人が逮捕

過去最高額の道路建設計画で費用は2,430億ドル!

(改修費や死亡事故の賠償金は含まない金額だよ)

 

工事渋滞は15年間に及んだ…

 

◆ということは日本も・・

まーあるよね、

 怖いけど、調べたらものすごいもの見つけそうな予感。

 

 

 

 

世界の汚職 日本の汚職 (平凡社新書)

世界の汚職 日本の汚職 (平凡社新書)

  • 作者:石井 陽一
  • 発売日: 2003/01/01
  • メディア: 新書
 

 

汚職があると

  • まともな企業が消えていく
  • 社会の発展を妨げる
  • 健全な経済の成長を妨げる
  • 国民の生活・命を危険にさらす
  • 国全体のモラルの低下

など悪いことしか起きないわけですが

番組はこう言ってきたのです。

「しかし、恐ろしい力がはたらき

世界をいい方向に導こうとする」

というんです!

 

“流れの中心に打撃を与えるんだ”

 

汚職と闘う、汚職を討つ力が働くようになるというのです。

 

汚職ツアー④では実際に

世界の汚職と闘う組織や人達を追いますよ。

では、また~☆

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村