プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【無知BBAと酒】飲みたい洋酒リスト①ポールジロー Paul Giraud 35 Years Old Tres Rare

 

f:id:mousoumajyo:20210124135900j:plain

「酒は飲んでウマけりゃいいのさ~」という酒呑みBBA私です。

「酒のうんちく」を語るのも、聞くのも嫌でしたが

偶然PrimeVideoでドラマ『BARレモンハート』観て考えが変わった。

 

 

お酒好きだからこそ、酒について知り敬意をもって味わうべきだと…

(この考えに至ったのは初バーボン体験の影響も大きい)

 

BARレモンハートでのマスターと常連客たちが繰り広げる

人間ドラマを観ながら、楽しくお酒について学べるよ~

 BBAはPrimeVideoで観ております(^^)

第一話:再会(いい話やで)

 

第1話 再会

第1話 再会

  • メディア: Prime Video
 

 

BARレモン・ハート SEASON1&2 DVD-BOX

BARレモン・ハート SEASON1&2 DVD-BOX

  • 発売日: 2017/05/10
  • メディア: DVD
 

 

 原作コミックはこちら(BBAもいつかレモンハート行きたいわぁ)

 ⇓

 

第一話で紹介されたのは

マスターと「先生」の思い出の酒「ポールジロー」だったの。

 

 

 

飲みたい酒①ポールジロー(35年モノ)

ドラマ「BAR レモン・ハート」第一話で知った銘酒がこちら

f:id:mousoumajyo:20210124141721j:plain

 

 

ポールジロー トレラール 35年 ワールドラベル 40/700 [7892] [正規輸入](107892)

 ※こちら楽天市場のリカーズハセガワさんで26,000円でした!

 

  • フランス産コニャック
  • アルコール度 40度
  • 700mlで私が最初に発見した店では3万超えてたよ

 

ポールジローとは

フランスのコニャック地区でも

最高峰のモノを生み出すと云われている

グランシャンパーニュ地区

そこにあるブードビル村で400年前から

自家で葡萄の生産から収穫(手摘み)、蒸留、醸造、熟成、瓶詰めまで行うジロー家

ポールジロー氏が自らすべてを管理して造ったコニャックなのだ。

 

伝統的な製法と手間を惜しまないこだわりが

この極旨のコニャックを生みだし、

ポールジローの名はブランデーファンの間で有名に。

 

無知なBBAはここではじめて「コニャック」がブランデーの一種だと知った!

そして、更に驚いたのは「原料が葡萄」という点だった。

 

葡萄といえばワインでしょ!

というBBA脳は「混乱」した。

ワインの本場フランスで(ワイン造りのノウハウがあるのに)

どうして葡萄からわざわざ違う酒を造ったんだ??

 

ということで、「コニャック」とは何ぞや?と気になって

調べてみた。

 

◆コニャックとは?

フランスにある街コニャックから名づけられたブランデーの1種

コニャック周辺のワイン生産地域で産出される

 

指定生産地の白ワインを2度にわたって蒸留し生産される。

この「白ワイン」は非常に酸味が強く淡白で、

「白ワインとしては美味しくない」らしい。

ところが、蒸留と熟成により非常に美味しいブランデーに変わるのだ!

(めっちゃ賢いなφ(..)メモメモ)

 

生産には認証が必要で

生産手法と商品名称に置いて法で定められた

一定の基準を満たしたものでなければならない。

 

お酒の名称が「地名」であることが多いのは

こうして国を挙げて伝統と品質を守り、ブランド力を高めているからなのかぁ

φ(..)メモメモ 

 

◆ブランデーとは?

更に気になったので「ブランデー」についても調べてみた!

BBAは大ざっぱに

『果実から作られる蒸留酒』だと思っておりました。

この大ざっぱな理解は間違いではないのですが

葡萄はワイン造りに使うから、「葡萄以外の果実」なんだろうと

思っていた部分は大間違いでした(--;)

正解は「果実酒から造られる蒸留酒」で

主に白ワインを蒸留して樽にいれ熟成するんですって。

 

他にはアップル・ブランデーやチェリー・ブランデーなどあるよ。

でも、通常ブランデーといえば白ワインから造ったものをさすようです。

 

葡萄…すごいなぁ

ワインを更に加工したものがブランデーなのかぁ

ワインって凄いなぁ(--;)

 

ポールジローを飲むなら

いきなり高価な35年ものに行くはビビってしまう。。

安くて旨い酒遊牧民なBBAには手が出せない(;;)

と思っていたら、、、

ザックリと熟成年により4種あり

15年モノは手が伸ばせるお値段で親しみ感じた!

 

ポールジロー トラディショナル

 

 

ポールジロー トラディション 正規輸入品 700ml 40度 Paul Giraud Tradition Cognac Brandy ポール ジロー トラディショナル コニャック ブランデー 正規代理店輸入品 正規品 正規 kawahc

 ※こちら6,491円(税込)+送料別

 

ポールジローをグッと身近に感じることができた!

これなら「飲んでみようかな」って手が出しやすいよね(^^)

 

ポールジロー 15年

 

 

ポールジロー 15年 700ml 40度 正規輸入品 Paul Giraud 15y Cognac ブランデー コニャック kawahc

 こちらは15年モノで9,999円(税込)+送料別

 

15年モノで約1万円程なんですね

もっと高いかと思っていたのでお得に感じます(‘v‘)

 

ポールジロー 25年

 

 

ポールジロー 25年 700ml 40度 正規輸入品 Paul Giraud 25y Cognac ブランデー コニャック kawahc

 こちらは25年モノで12,999円(税込)+送料別

 

あれ、25年モノでも意外とお手頃価格!?

凄い高級品って感じの遠い存在じゃないのかも(^^)

 

ポールジロー 35年

 

 

ポールジロー 35年 700ml 40度 正規輸入品 Paul Giraud 35y Cognac kawahc

 こちらは29,999円(税込)+送料別でした!

 

やはり35年モノがグンとお値段上がるようです。

35年手をかけてるんだもんなぁ…そうだよね。

 

35年モノは酒おんちでもわかる極旨の酒なんだそうです。

角がとれて、達人の味なんだとか…気になる。

 

◆4種のポールジローが揃う店

洋酒ワインお酒大型専門店 河内屋

 

 4種のお値段の違いを知りたくて

4種のポールジローが揃っている

こちらのお店の価格を参考にしました☆

 

ポールジローにも興味を引かれてますが

こうしてみると「旨い日本酒」って

けっこうお買い得で庶民の味方な銘酒多い気がする。

 

お酒の世界は楽しい☆

「知る」ことで更に味わい深くなるね。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

 

 

 

洋酒入門 (カラーブックス)

洋酒入門 (カラーブックス)