プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【Semiotics】数と図形と法則:「1」One が象徴するもの~モナドと点と円

f:id:mousoumajyo:20210612154017j:plain

「絶対なるもの」と創造原理「一なるもの」の予習もバッチりとなったところで

「1」が象徴するもの深掘り続行していきましょう☆

 

 

曼荼羅や建築、遺跡、自然界、時にミステリーサークルなどに見る「幾何学模様」

その幾何学模様に隠された数式・法則性・コード・意味を解読するため

数と図形の法則の基礎を学んでいる無知BBA私です。

 

私が見つけたナイスな1冊(私の教科書)

 

 

詳しくはこちらの本を読んでください。

このブログには私の中で「これは!」と思った部分だけ

メモ書きとして書き綴っておこうと思います。

 

 

創造原理<一なるもの>=モナドを表す図形

古代の哲学者たちは

創造原理である<一なるもの>=モナドこそ

万物の起点(はじまり)と考えていた。

その「万物のはじまり」モナド

f:id:mousoumajyo:20210612155654j:plain

 

”万物のはじまりは<絶対なるもの>、すなわち創造者の中に見出される”

といことは

創造原理<一なるもの>=モナド=「●」は

『<絶対なるもの>の中にある』ということ

<絶対なるもの>の性質は無限であり、

この・(点)も同様に無限です。

 

<絶対なるもの>は無限の速度で

あらゆるところを動き回る・(点)である。

というのも、神はどこにでも存在し

どの場所にも完全に存在するからである。

 

図形と数が表す宇宙の秩序より

 

神という言葉が嫌いな方は「絶対なるもの」

⇒「この世界を創ってる普遍法則」

と思って先に進みましょう。

 

「絶対なるもの」を象徴する図形:円

<絶対なるもの>と創造原理<一なるもの>=モナドの関係を

わかりやすく図で示すと

f:id:mousoumajyo:20210612162444j:plain

これは神を示すヒエログリフにも使われている。

 

私たちの眼で確認できるのは「絶対なるもの」が

創造原理<一なるもの>=モナドから「創造したモノ」なので

実際私たちはその無限に動き回る「・」点を目にすることができない。

f:id:mousoumajyo:20210612162857j:plain

しかし、円の中心点は

宇宙の<絶対なるもの>のように

潜在的に常に存在している。

 

図形と数が表す宇宙の秩序より

 

更にもっと大事なことで難解な教え

f:id:mousoumajyo:20210612163609j:plain

神を単体として、「その姿」を自分の眼で捉えようと必死になって

創造物の中にある神のカケラを見つめても

『神を示す「円の円周」はどこにもない』ため私たちには見えないようです。

 

ほほ~この部分は、理解度60%くらいの私です。

 

ここから話は円から球体へ向かいますが、

今日はこの辺で(BBAお疲れ中)

 

つづく。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村