プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【Semiotics】数と図形と法則:「3」が象徴する「三角形の法則」から「中庸の法則」へ

f:id:mousoumajyo:20210712152933j:plain

間があいちゃったけど、「3」の世界の解読の続きいきましょう~
「3」象徴する図形を「正三角形の天秤+波」で表現した、その先へ

 

 

ということでサクサク進んでいきましょう。

「1」が「2」を生み =二元性の法則で「対立する2者」を創造

そして「3」は「2」を通じて「1」を表現する

ここまでの関係を踏まえての「3」の象徴図がこちら

 

f:id:mousoumajyo:20210729155932j:plain

でしたよね。

 

もうちょっと振り返って

天秤の両端に象徴される「正反対の2つの要素」をおさらい。

f:id:mousoumajyo:20210714164657j:plain

 

ここで「正反対の2つの要素が結びついて出現した」⇒「何か」に注目!

正反対の2つの要素が結びついて出現した

「その何か」が正しいものであるということは

この2つの要素がバランスしているということです。

 

このことは「中庸の法則」と呼ばれ

英知への道となっています。

 

図形と数が表す宇宙の秩序より

 

ここで再び1~3までの関係を全て内包した

「3」の象徴図に戻りましょう。

f:id:mousoumajyo:20210729155932j:plain

 

この天秤と波が「中庸の法則」も示しているわけです。

「1の創造原理」がここにあるということは

「自然界はこのバランスが表現されたもの」とも取れますよね。

絶対なるモノ「1」の創造原理に中庸の法則が働いているなら

”自然界はどんな乱れが起きようとも、いずれ新たな均衡状態へ向かう”

ということが見えてきますね~

 

新たな均衡状態=新たな調和

なんとなく、今まで「調和」がこの世界の仕組みの鍵な気はしていましたが

なるほど、納得です。

 

ここで、面白い一文を紹介しておきたい。

従って「賢者」は、

この世界の2つの性質が考慮された慎重な行動を取り、

その2つの性質がバランスした結果生じる

一貫性が賢者の振る舞いには現れる

 

図形と数が表す宇宙の秩序より

 

賢者は知っているというのです

「この世界の2つの性質があって、バランスをとっている」と。

対立する2者のどちらか一方だけが「正しい」のではないと。

 

もっと全体を見ているのですなぁφ(..)メモメモ

 

つづく。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村