プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【トートと私】エメラルド版の旅 (26) 光の子らと「生命の花」

段々と「アメンティーのホール」の構造が見えてきて

面白いっすね~では、続きへ

 

 

”境界外の力”によりて縛られし「人の子ら(地球人)」を

暗黒の束縛から解放し「自由」にするため

人々の中に降り来た「光の息子たち」

なんと!たった32人なのです(すくねぇよ~)

日本にも降りきてくれたんだろうか…

 

んで、その光の子らがアメンティーのホールで

どう過ごしているかというと

生命のホールの奥深いところに「生命の花」が育ち咲いていて

燃え輝き、夜の暗黒を後方にと退けつつある。

咲き輝く花の中央に

”花に近寄るすべての者に力を満たし、光を与え、生命を与える”

大きな・偉大な潜勢力の光線がある。

光の子らは、この生命の花の周りを囲むように

それぞれの場として32の玉座を置いており

そこで「生命の光」を浴びているのです。

 

面白いのがその光のパワーのチャージ方法なのです!

彼らは花を囲む玉座に「おのが原初体」を置き

1000年に100年ずつ体に”生命を与える光”を照射するのです。

 

原初体が充電した光の力は

どうやら人間界で人の子に紛れ暮らしている間の

活動エネルギーとして送られるようです(凄い)

 

ちょっと映画マトリックス感もあるね(^^;

 

(つづく)

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村