プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【トートと私】エメラルド碑板の旅 (50) ~「抗するもの」により個として存在している

トートの言葉の中で私的に強い衝撃を受けた部分が「こちら」です。

 

 

これは、どういうことか?

「人は相対性の中に生きている」とか

コントラストにより個の存在が際立つ」とか

そういったことかな…と思いつつ

 

次に続くトートの言葉を聞くと

もっと大きな視点からの話のようでもあり…

”故に地は人に抗すべきなり、

さもなくば 人は存せざるなり”

 

『地は人を受け入れない、だから人は存在できている』

ということ??

 

この「地」というのはアメンティーのことだと思うんですが

もっと大きな意味で「地球の内部=地球の核=地球の意思」なのかなぁ。

 

んで、私なりにトートの言葉を咀嚼した結果

”「抗するもの」いより個として存在している”

という解釈に至りました。

 

これは「抗する力・作用」によって、

我々が融合されず「個の存在」を形成していられることや

「抗する者」により逆の立場(意見)として個の我が存すなど

多岐にわたることなのです。

 

カタカムナがいう「重合・分離」の「分離」作用や

「正反発生」にも通じてくるんですかね。

 

「地」が人との融合を拒む、抗するものならば

やはり我々の母は「月」で「地球」は乳母なんですかね。

あなたはどう思いますか?

 

(つづく)

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村