プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【不思議な世界】受容の困難さ~五次元の魂君vs物理君⑪五次元の「5」は何の数を数えているのか?

f:id:mousoumajyo:20210907175440j:plain

あなたは「五次元空間」をイメージできるだろうか?

どんな映像が脳内に浮かんでいますか??

 

 

この世界の法則性を知りたくて

夜な夜な「不思議体験談」を求めネット徘徊中の私です。

今、気になって詠んでいるのはこちら

 

world-fusigi.net

 

スレ主の五次元君と彼の意見に「否!」を何度も叫ぶ物理くん、

加えて冷静な質問者にして裏MCのPmd氏が入り乱れ

面白い議論が展開されています。

 

では⑩で見てきた続きを

 

 

四次元・五次元の「数字」は何の数を数えているのか?

三次元と五次元、低次元と高次元の関係、

そこから話は「次元」の定義について

それぞれの発言者の「認識」を問う展開へ

 

たぶん「次元」についての”共通認識”を確認しとかないと

話が散らかったままになるとの裏MC君の判断ではないかな。

 

裏MC:Pmd氏が五次元君に確認する。

次元って言葉の定義がよく分からんけど

変数の数が増えるのとは違うんか?

何を以てして四とか五とか数を数えてるんや?

 

※上記ブクマリンク先より

 

この質問がなされる前、

五次元君は「五次元世界」のことを

”五次元はワイらの思考の世界、妄想が現実化する世界、

三次元を無数に包含する世界”

と表現していた。

 

ちなみに、四次元は霊的な存在がいるホログラムのような世界だとも。

 

さぁ、あなたは五次元君が何を以て「〇次元」と認識しているか

次元の数が示すものは何なのかおわかりだろうか??

 

創造と想像:五次元君が見ている五次元世界

Pmd氏の質問に対する五次元君の回答がこちら

すまん、その辺は上手く説明できん。

五次元は無数の三次元が自在に想像できる世界

としか上手く言葉にできんな

パラレルワールドが無数に作れるというか…

 

※上記ブクマリンク先より

 

ってことは、

我々のいる「三次元世界」てのは

五次元の世界の人(魂)の想像により創造されたってことか!?

 

魂の成長と三次元界の経験を得るために

五次元界の人(魂)がその修行場を想像により創造してるつーわけかぁ。

 

漠然とだけど…実は主張してる事の原型は

物理君が言う”真なる世界の人類”のための

「シミュレーション:仮想現実世界」と似てない!?

 

五次元君の次元認識に対する皆の反応

 

だが、ここで物理君は即座に「否!」を唱える。

パラレルワールドが無数に作れる五次元ってのにカチンときたのかも。

●出来ない

あんたはまず科学をしっかり勉強することだ

あんた一人の憶測なんかとはわけが違う

無数の知恵者や先人の知恵の集大成が科学だ

※上記ブクマリンク先より

 

ここで五次元君の話から

彼の「次元の定義(認識)」の法則性を

「こういうことか?」と言ってくれるcka氏登場!

四次元は三次元が無数に連続的に重なったもの

という解釈で、

五次元は四次元が無数に連続的に重なったもの

という解釈でええのか?

※上記ブクマリンク先より

 

実は私も五次元君の話はこういうことだと思っていた(^^;)

先の低次元を「無数に連続的に重なったもの」と見るよりは

”無数に低次元空間を包含している”といったイメージで

”低次元空間を観察できる”んだろなと。

 

ふわっとしてはいるが方向性と法則性は見えるでしょ。

でも、このcka氏の確認質問に対する五次元君の回答は意外なものだった。

 

”スピリチャル界隈”という言葉が飛び出した!

私は「ナイス!」と思ったcka氏の理解ある問いかけに

五次元君は意外な返しを…

難しいが、その観点でいくと

スピリチュアル界隈で言われているのは

五次元があなたのいう四次元かもしらん

 

※上記ブクマリンク先より

 

(?-?)

五次元君は一体何を以て

自分を本来は五次元の魂と言いはじめたのだろうか?

この発言がでるまで、私は

彼が何かしら「五次元体験」を元に話していると思っていた。

だが…もしかして違うのか?

スピ界隈での話を自分なりに咀嚼した結論ってことか?

自分の体験には基づいてないんか?

 

この後、私はこの大いなる疑問を引きずったまま

この論争を見守ることになる。

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村