プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【欲しかった目】見える世界の差~古代文明や自然界が造る幾何学模様から「法則」を読み解く

f:id:mousoumajyo:20210420153221j:plain

古代文明曼荼羅に見る「幾何学

自然が造る幾何学模様、そこに何らかの

大きな「意図」があると思い深掘り中の私です。

 

 

 

運命の出会いの1冊:欲しかった目が手に入る!?

 

そんな私が「あっ、この本や!」と

偶然の出会いで見つけたのがこちら

f:id:mousoumajyo:20210519142501j:plain

 

図形と数が表す宇宙の秩序

図形と数が表す宇宙の秩序

  • 作者:グロース,ルイ
  • 発売日: 2020/12/03
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

BBAが知りたいと思ていたことが

かなり詳しく書かれている!

(やはり、研究が進んでいる分野やった~)

 

でも、この本2020年12月に出版された(初版)本なので

BBA的に「運命」を感じております…(迷惑)

 

①「世界を見る目」例題:まずこちらをご覧ください

私が欲しかった「世界を見る目」が手に入る予感のするこの本!

その”私が欲しかった「世界を見る目」につて説明していきますね。

例えば、この太陽神ラーを表すヒエログリフ

その「くち」を意味する木の葉型の文字

f:id:mousoumajyo:20210519143953j:plain

f:id:mousoumajyo:20210519144011j:plain

図形と数が表す宇宙の秩序

(P168 より)

 

この木の葉状の文字(図形)を見た時に

「どんなビジョンが頭に浮かんでいるか?」

頭の中にとり込んだ時に

「どこまで見えているか」の個人差がでる。

 

②「世界を見る目」:無知BBA私の場合

①の例題の文字・図形を見た時、

無知BBA私(脳内)にはどう見えているかというとこんな感じ

f:id:mousoumajyo:20210519145503j:plain

まずはそのまま、で次にこう理解する

(このまま次に行かない時も多い)

f:id:mousoumajyo:20210519145541j:plain

2つの円が交差してできた、重なる弧なんだなぁと

でも、ここに数字は一切出てこないし

適当に描いた漠然とした絵になる(^^;)

 

私が欲しい「世界を見る目」ってのはもっと

くっきり鮮明に脳内に再現できる目なのです。

③「世界を見る目」:私が欲しい目はこっち

私が欲しい「世界を見る目」ってのは

こっちの目なのです。

f:id:mousoumajyo:20210519150200j:plain

図形と数が表す宇宙の秩序

(P169 より)

 

そこに見えない隠れた情報までも見ぬいて

脳内にも物理的にも「精巧に再現できる」目が欲しいのです。

 

んで、たぶん

世の中をもう見ている人も多いはず…

私と「見えてる世界が全然違う!!」

話が合うわけないじゃないの(;;)

 

②のままの私の目だと

ラーの「口」の文字の図形と「マンドルラ」の図形は

同じ構造に見えちゃうんですよ

マンドルラの図形

f:id:mousoumajyo:20210519150822j:plain

図形と数が表す宇宙の秩序

(P74 より)

 

この2つの円の重なる弧の太線部分が描く図形が

例題のヒエログリフの「くち」と同じモノにみえるはずなんです。

 

すげ~勘が鋭く働けば

こっちの図版6の点ABCがつくる三角形は「正三角形」だけど

例題の方の図版15の点EE'Fがつくる三角形は「正三角形じゃない」

ってことに気付く可能性はある。

 

感覚を磨くにも「知識」と実際に触れる、描く、造る「体験」重要ですな。

 

無知BBA初期型からBBA2.0versionへ

いかに自分が「ぼんやりと」世界の見ていたのかを痛感した(;;)

この本を買ってよかった…

 

古代文明だけではなく

近代建築にも自然界の法則は使われていて

どうして神聖な場所が「神聖な空間」と

無知BBAでも感じられるようになっているのかわかった。

 

人間界だけではなく、

自然界に目を向ける時も

グ~ンっと視界が広がるよ~

 

1度通しで読んだけど

まだ理解度は低いので

コンパスと定規片手に作業しながら

再読、再再読に挑みます。

 

面白いよ~

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村