プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【不思議な世界】パラレルワールド 世界分岐④大きな未来分岐が「いつ」起きたのか?

f:id:mousoumajyo:20210907175440j:plain

未来分岐なのに、”いつ起きたのか?”となっているのは

この未来分岐警告(予言)が書き込まれたのが2014年で

発言者A氏によれば、2021年11月現在は「大きな未来分岐後の世界」になるからです。

 

 

この世界に潜在している法則探しに

夜な夜な不思議体験談を求めネット徘徊している私です。

今は気になっているのがこの話

 

world-fusigi.net

 

2014年に書き込まれた「近いうちに起こる大きな未来分岐」への警告

今回取り上げる部分が2021年現在、彼の言葉が真実だったのではと

皆をざわつかせることになったのです。

 

その大きな未来分岐はいつ起きるのか?

これから起きる大きな未来分岐の4つのルートを示した

発言者A氏に対して色々な質問が飛び

それにこたえられる範囲でA氏が答えれくれている。

 

そんな中で、注目すべき質問と

それに対するA氏の回答がこちらだ。

質問:未来分岐が近いうちに起こるとのことですが、それは具体的にいつ?

 

A氏の回答

細かい日時などはルートによって微妙に異なるので

どうとも言えないが、

東京オリンピックが開催される前に分岐は起こる、

逆に年号が変わるまで分岐は起らない。

全てのルートに共通しているのは以上の2点。

 

付け加えると、分岐点は短い時間のうちに

多数の変化の可能性が発生したモノで

原因は同じであっても分岐するタイミングにズレが生じる。

 

※上記ブクマリンク先より

 

これが2014年7月21日に書き込まれたものなのです。

(平成天皇生前退位の意志を国民に示されたのは2016年のこと)

 

当時は2020年に東京オリンピック開催と思われていて

「それまでに年号が変わる」という話に

聴衆はザワつきます(当然ですよね)

 

東京オリンピック開催前に年号が変わる”未来を言い当てたA氏

2014年当時、A氏が予言(?)した

未来分岐が起こる具体的な時期への発言に

困惑した人が質問を投げかけます。

「オリンピックまでに年号が変わる??」について

それまでに年号が変わる?

天皇陛下がなくなられるのか?

(当然ですよね、国の一大事ですからザワつきますよ)

天皇陛下生前退位が最初に話題になるのは2016年

 

この質問に対するA氏の回答をよーくご覧ください。

どうだろう。もしかしたら別の理由(法的な)

かもしれない。

・・・という風に断定するわけにはいかず、

ある程度はぼかさなければいけない。

私はヒントを与えた。それだけなのだ。

後に誰かが答えに辿り着こうと

(冷たく切り離したような言い方になってしまうが)

知った事ではない。

 

それで運命が変わるのなら、

それは私が直接的な何かを教えなくても

未来が変化したということになり、

偶然から必然となる。

もしそうなれば、また新しいパターンとして

データは追加される。

 

※上記ブクマリンク先より

 

ぼかしてるといしながらも

ズバリいうてますやん!

天皇陛下崩御するのではなく 別の

法的な方法で年号が新しくなるって

云うてますやんっ

 

2016年に平成天皇生前退位の意向を国民に示され

2017年6月に天皇退位の特例法が成立

そして2019年5月「令和元年」がはじまったわけです。

 

このことを踏まえて、A氏の発言をどうとらえるか。

あなたはどう思いますか?

 

ここでグンとA氏の話に興味をもった方も多いでしょう。

私としては予言的中部分よりも

後半部分にめっちゃ気になることが書かれている気がします。

 

パラレルワールド=シミュレーション世界なの!?

と思わせるような「新たなパターンとしてデータは追加される」という表現。。

そしてA氏は自分のことを「観測者」ではなく「推測者」だといいます。

 

この世界が上の存在によるシミュレーションだとしても

我々は上から観測している存在の目を盗んで

別シミュレーション世界と繋がり交信できるようなのです(興味ポイント)

 

A君がどうやって未来分岐を知り、

この世界の「推測者」として活動しているのか

その手法・行動がこれから明らかになっていきます。

これが非常に興味深い内容なのです。

 

つづく。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村