プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【BBA健康生活×東洋医学】薬膳への道⑥漢方薬の副作用

f:id:mousoumajyo:20200919162137j:plain

薬膳・食養を毎日の食事に活用するために

漢方薬の基礎」にも目を通していますが

BBAは漢方薬を自己処方する気はないのです。

 

 

なぜなら複雑な組み合わせによりできているから。

そして自分の体もまだ体質やバランスを把握しきれてないから(^^;)

ここ「重要」なところ!

 

特に目にした健康情報を何でも信じちゃう方や

「簡単に痩せる」とか「すぐに治る」系の情報を信用しちゃう方は

ご注意ください。

 

そもそも人間の体は健康な状態を保つようにできている。

その機能を最大に活かし、健康を維持する為に

日々の自分の体調管理に東洋医学や漢方・薬膳の知識や知恵を活用したい!

これがBBAが学ぶ目的です。

 

では、本日の本題へ

 

 

漢方薬の副作用

f:id:mousoumajyo:20200908161600j:plain

f:id:mousoumajyo:20200908162028j:plain

漢方は2000年以上の歴史ある研究

漢方薬はその研究成果の結晶

  • 自然由来の生薬を使い
  • 2000年以上にわたる研究で効果が確認されている

つまり、「安全性は高い」のです。

 

ですが、

人の体の状態は千差万別!

しかも「自分の体質や今の体の状態」を正確に把握している人は少ない。

自分の今日の体重や体温、血圧を把握していない人も多いはず。

そのため

  • 自分の証に合わない漢方薬
  • 間違った服用
  • 体質に合わない漢方薬
  • アレルギー
  • 他の薬やサプリ、健康食品との併用

などで漢方薬でも副作用が出ることはあります。

当然ですよね。

万人に効く万能薬はないし、

人の体の状態もいつも同じではないですから。

 

では、どうすればいいのか?

 

漢方薬の副作用を防ぐ方法

東洋医学や漢方の知識に触れたからといって

自己判断をせずに

医師や薬剤師に相談しましょう!

これが副作用を防ぐ一番の方法です。

 

でも、BBAの狙いはこっち。

BBAは「漢方薬」の助けが必要になる前に

食養により未病の状態から身体の不調を改善していこうと

今、学んでおります。

 

毎日、自分のデータをとり

小さな異変を見逃さない!

そうすれば、いざ医師の診断を必要とする場合でも

医師に十分な情報を渡せるので

病気の回復に有効なはずよ(‘v‘)

 

副作用と好転反応の見分け方

漢方薬を服用し始めると

症状が一時的に悪化することがある。

  • 胃の不快感
  • 吐気
  • 下痢
  • 腹痛
  • 発心

などの症状が…

 

f:id:mousoumajyo:20200919165123j:plain

 

これは抵抗力が再び活発化し、病と闘う為に起こる好転反応

瞑眩といいます。

 

この状態は一時的なモノなので

1~2日しても症状がおさまらない場合は医師に相談を!

 

では、また~☆

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

 

1週間に1つずつ 心がバテない食薬習慣

1週間に1つずつ 心がバテない食薬習慣

 

 

 

新版  千葉大学病院の薬膳ごはん

新版  千葉大学病院の薬膳ごはん