プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【映画】PARKER パーカー~感想:闇社会の方がルールに厳しい「秩序」を重んじる悪/善

PARKER/パーカー (字幕版)

任侠映画、仁義の世界を感じる

闇社会に生きる孤高の男の話です~

ジェイソン・ステイサムがひたすらタフでカッコいいです。

 

 

この映画のジュニファー・ロペスめっちゃ好き☆

 

 

 

映画 PARKER パーカー~あらすじ

闇社会に生きる凄腕の犯罪者パーカー

プロの強盗として「3つのルール」を自らに課している。

  1. 汚い金しか奪わない
  2. 悪者しか殺さない
  3. 仕事は完璧に美しく速やかに行う

ある日、パーカーは恋人の父の紹介で

新しく集められた4人を仲間に一仕事を行う。

 

ここで計画を勝手に変更し

一般の人を危険に巻き込んだ仲間を殴り飛ばすパーカー。

死人こそ出なかったが危険な状態に怒り心頭。

 

その後、強奪した大金と共に5人は車を変え逃走する。

その車内で、今回奪った金を元手に

もっと大きな仕事をしようと4人がパーカーを誘う。

だが、パーカーはその誘いをきっぱり断り

今回の分け前を要求すると…

4人は態度を変え、パーカーに銃を向ける。

 

撃たれ、道端に転げ堕ち見捨てられたパーカーだったが

通りがかりの気のいい老人に助けられ病院へ

何とか生き延びたパーカーは目覚めると

裏切った4人への復讐へ向かう。

 

奴らの次の仕事、大金が稼げる大仕事といっていた場所は

どうやら金持ちが集うパームビーチらしい。

 

復讐の為パームビーチへ向かうパーカーだが、同時に

4人が関わっている犯罪組織の殺し屋から追われる身となる。

 

闇社会・裏社会だからこそ秩序が大事だというパーカーの運命はいかに!?

 

※以下、ネタバレ有の感想いきます~

 

◆闇・裏社会ほど掟に厳しく「秩序」を重んじる

パーカーの復讐を止めようとする

恋人のパパ(こいつも裏の人間)へ

パーカーが「秩序の重要性を」主張するシーン必見です。

 

これは、ジョンウィックの世界と同じや!

あのホテルのオーナーもいうてたもんなぁ

 

「表」と「裏」は基本的に同じ構造なのだ。

”「秩序」が無くなれば崩壊する”

 

「金の問題じゃね~」からはじまる

パーカーの言葉と込められた意志がね光るんだよ~

 

◆仁義ある「悪/善」vs仁義なき「悪/悪」

パーカーvs4人 の対決はこんな感じです~

んで、ここに

「善/悪/弱」の不動産営業スタッフのレスリー(ジェニロペ)と

「善/善/弱」の通りかかりの縁でパーカーを助けたお爺さんが

関わってきます~

 

面白いのは「善」を内包する人同士ってのは

なんだかんだで通じ合えるようです。

まー悪も悪同士 響き合うみたいですけど(^^;)

 

◆粋な男パーカー

仁義ある男パーカーの

巻き込んだり、関わって助けてくれた人への

恩返しが「粋」なのです~

 

かっこよすぎるぜ~

自分を裏切る悪にはとことん容赦なく対応する面との

コントラストがいいんですよね。

 

汚い金でも復讐で得た金でも

その「使い方」がね、たぶんルール4なんだと思う。

 

とにかくジェイソン・ステイサム

仁義ある一本筋の通った男がよく似合うぜ~

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村