プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【BBAガイドの酒旅】新潟市のおすすめ宿⑥アパホテル新潟古町~繁華街・古町へ徒歩1分

f:id:mousoumajyo:20201219171501j:plain

新潟市の名店居酒屋巡りを楽しむのにピッタリ!

それがアパホテル新潟古町なのです。はしご酒してもホテルがすぐそこだもの。

 

 

新潟市の案内ラストを飾るのは

おすすめ宿6軒目「アパホテル新潟古町」です。

なんてったって、古町という立地と大浴場が魅力☆

 

 

おすすめ:アパホテル新潟古町

 

 

アパホテル新潟古町 詳しくはこちら

 

 新潟駅万代口からBRT萬代橋ライン乗車→「本町」下車⇒徒歩2分

このドカーンとした外観…周囲になじんでいる感よりは

ぐいぐいと隙間にねじ込んできた巨体感…(^^;)凄っ

 

でも新潟市の名店酒場がひしめく繁華街「古町」徒歩1分で

大浴場までついていると酒旅人に嬉しいホテルなのです。

さすが、帽子社長や~

 

強運 ピンチをチャンスに変える実践法

強運 ピンチをチャンスに変える実践法

 

 

 

 ホテルのロビー&フロント

(無駄のない経営スタイルを感じる…)

 

ますはお部屋にまいりましょう~☆

 

アパホテル新潟古町のお部屋

 

 ◆シングルルーム

 

 ◆ダブルルーム

 

 ◆ツインルーム

 壁の白、照明のほんわり感、〆色の黒…すべてが

部屋を広くみせる工夫…緻密な計算に基づいた無駄のなさを感じる(疑心暗鬼私)

 

でも、ま~飲んで帰ってきて

ふ~っと横になるのにちょうどいい☆

大浴場あるのもめっちゃ嬉しいっ

 

アパホテル新潟古町の大浴場

セキュリティの関係でしょうがないと思いますが

やはり男湯の方が広く開放的(^^;)いいなぁ~

 

◆男湯

 <内湯>

 

 <露天風呂>

 

 ◆女湯

 <内湯>

 

 <露天風呂>

 かなり市内のホテルにしては立派な大浴場ではないでしょうか?

やっぱり大きなお風呂いいですよね~旅にきている感増します。

 

アパホテル新潟古町の食事

 

 ◆朝食バイキング

 なかなかの充実っぷり☆さすが帽子社長や~朝ごはんって大事!

 

 和食で攻めても

 

 

 洋風で攻めてもいい☆パンと牛乳は欠かせないぜ~

 

アパホテルの夕食

 アパホテルでは「日替わり夕定食」付の宿泊プランもあるんだよ

 これがなかなかの内容なのです(^^)

 ●お造り

 

 ●小鍋

 

 ●焼き魚

 

 ●煮物(この日はぶり大根)

 

 ●カキのアヒージョ

 贅沢な晩酌が楽しめるよね。

昼の観光で疲れたら、ホテルでのんびり大浴場と晩酌を楽しむこともできるのさ~

 

アパホテル新潟古町の宿泊プラン

 

 

アパホテル新潟古町 宿泊プランはこちら

 

 ◆1泊の参考価格

  • 2名1室 朝食付き 1人約3,500円~
  • 2名1室 食事なし 1人約2,300円~
  • おひとり様 朝食付き 約4,800円~
  • おひとり様 食事なし 約3,600円~

安っ! さすが「やり手社長や~」

いろいろ感心しまくり☆

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村