プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【独女映画部】「神様メール」~神の娘が6人の使徒と創る女神の「新・新約聖書」

 

お題「最近見た映画」

神様メール(吹替版)

神である父親がホントに傲慢で嫌なおやじなんですが

娘であるエアはめちゃくちゃ美人でいい子です(;;)

横暴な父に言葉の暴力・身体的暴力を受けまくる母と娘

兄イエスは失踪中。。立ち上がる女神たちの物語!

 

 

創世記・新約聖書は「男性が創った世界」という要素が大きいのですが

この映画「神様メール」では神の娘と元女神の母(実は今も女神)が新しい世界を創るために

行動を開始します。

 

女神たちが創る世界に注目です(^^)

 

神様メール(吹替版)

神様メール(吹替版)

 

 

とにかく神の娘エアが可愛いので観て欲しい!

この美しさだけで充分、神一族だという説得力あるわぁ。

※神はまったくもってかっこよくないよ

 

 

神は旧式のPCで人間に苦痛を与え続けている

 

Dell デスクトップパソコン Inspiron 5490 Core i3 ブラック 20Q31/Win10/23.8FHD/8GB/256GB SSD

神がこの世界をプログラミングしているのは

もっと古~いタイプのデスクトップパソコンです。

 

とにかくブリュッセルのアパートに暮らす神は

女神の妻と10歳になる娘エアと暮らしています。

神は超傲慢DV男なのです。

※息子イエスは人間たちにはりつけにされた後失踪中

 

神はパソコンに向かい

コードを入力するように

この世界の設定やルール(法則)を打ち込んで

毎日を過ごしているのです(^^;)

 

神は家族で唯一「神力」が無いらしく

パソコンだけが彼の神の力を生み出せる唯一の道具。

 

自分に似せて人間アダムをつくり

子孫を増やすと人間たちを闘わせた。

  • 神の名のもとに
  • アラーのために
  • バアルのために

こうして人間は人間同士闘うようになった。

 

神が人間を創った目的は

「退屈な日々のおもちゃ:人間が苦しむ姿をみるため」

 

不幸の中に幸せを混ぜ期待を持たせながら

日常のうんざりすることを次々に「法則」として

PCに打ち込んでいった。

 

  • 法則2117・必要な睡眠にいつも10分足りない
  • 法則2129・バスタブに体をしずめた途端に電話が鳴る
  • お皿を落とすのは、決まって綺麗にあらった後
  • パンを床に落とすと必ずジャムを塗った面が床につく

 

こういったこまごましま法則を打ちこむ一方で

雨を降らしたり、事故を起こしたりもしている。

 

神の娘エアがDV父の創った世界を変えることを決意!

■神の家族たち

  • 神⇒傲慢で支配的な家族の嫌われ者・DV男で妻と娘のすべての自由を奪う
  • 女神の妻⇒女神だが神に押さえつけられており、言葉も発せない家政婦状態
  • 息子JC(イエス)⇒エアの兄で人間界で処刑された後失踪中
  • 娘エア⇒生まれてから神一家の暮らすアパートに閉じ込められている10才

 

神の息子JCとエアには神力がある。

父である神自身は神力は持っておらず余計に子供に強く当り散らすようだ。

 

自分たちだけでなく

父がパソコンで人間に酷いことばかりしていることを知り

抗議するも父に皮のベルトで打たれ「父の上の存在になってやる!」

父の創った世界の今までを壊し、私が創りなおす!と決意。

 

実は兄JCは陶器の人形の姿になりすまし

エアと母のことを見守っている。

エアはそのことに気が付いており、エアの前では動くし会話もする。

今回エアに「使徒を6人集めて新しい聖書を書けばママが動くかもよ」

と提案したのも兄なのだ。

 

エアが人間たち全員に「余命宣告メール」を送信!

エアは父が一番恐れることをしてやった。

全ての人間に「余命宣告メール」を神様パソコンから一斉送信!

 

携帯やスマホ

カウントダウンタイマー付で

余命宣告メールを受信した人間たちは

「残りの人生をどう過ごすか」を考え行動するようになった。

 

これこそが神(傲慢親父)が恐れていたことなのだ!

神曰く

「人間はいつ死ぬかわからないからこそ、用心し神に従っていた。

余命をしれば余生を思い通り好き勝手に生きるようになる」

ということらしく

エアのしでかしたことを知った神は怒り心頭でエアを追って

ドラム洗濯機の中に入り人間界へ降りてくる。

 

エアの6人の使徒探しと新・新約聖書つくり開始

兄のアドバイスに従って

エアは父のパソコン部屋の引き出しから

選び抜き取った6人の人間を使徒とし

探しはじめる。

 

彼らに質問し語らせ福音書を書き上げるためである。

 

記述者ビクトール(ホームレスの老人)

まずエアが見つけたのは

使徒6人のインタビューをメモしまとめ

新・新約聖書を書き上げる

記述者ビクトールだった。

 

はじめての外の世界で

ゴミ箱のフィレオフィッシュを食べて

吐き続けるエアを心配し声をかけてくれた

ホームレスの老人だ。

 

エアはぶっきらぼうながらも

エアを見捨てない彼の優しさに惹かれたようだ。

「こんな人が父親だったらなぁ」と。

 

こうして2人は6人に会うための旅にでる。

 

■1人目:オーレリーによる福音書

オーレリーはとても美人で

男たちはみな彼女に恋していた。

そのせいで女性達からは常に嫌われていた。

 

オーレリーは「ひとりぼっち」だった。

7歳の時に地下鉄で左腕を失い、シリコンの義手であることが

彼女を他人と距離をとるようにしているようだった。

 

オーレリーが忘れられない出来事として語ったのは

彼女が世の中に絶望していた時に

ホームレスの老人にかけられた言葉だ。

 

「いいか、お嬢ちゃん。

人生はまるでスケート場、転んでいる奴ばっかりだよ」

 

笑いながらこう言って去っていったその老人の言葉が

なんだかとても哲学的で、この言葉を聞いて以来何かが変わったんだと

彼女は話す。

 

■2人目:ジャン・クロードによる福音書

子供の頃「冒険家」だった彼は

大人になり現在56才独身、子供なし。

つまらない仕事に、つまらない日々に時間を捧げる人生を歩んできた。

 

彼は余命を知り

スマホを捨て、カバンを捨て

公園のベンチに座り「ここからもう動かない」と決めた。

 

寄ってきた鳥にエサをやり、

夜はベンチで横になった。

 

鳥と話せるエアにより

エアを通して仲良くなった鳥と言葉を交わすと

彼は鳥に誘われるままに冒険の旅にでた。

 

■3人目:性的妄想者による福音書

マルクは悲しい暗い思い出しか持たない

冴えない中年おじさんになっていた。

 

9才の頃に浜辺で出会った「ターコイズブルーのビキニのドイツ美女」

に何ともいえない興奮と衝撃をうけ

以来いろいろな女性が気になり、すべての女性を手に入れたいと思うように。

 

とはいえ女性にモテる要素はなく

ストリップ小屋に通っては幸せを感じる日々。

 

余命83日と知ってからは

貯金を全部つかってやる!と決め

コールガールを買う日々に。

 

楽しいし、思い通りの人生になったが

金が底を尽きた。

そしてまたストリップ小屋に。

 

■4人目:殺し屋による福音書

フランソワは41才、生命保険に勤務。

妻とひとり息子がいる。

 

昔から死が好きで、葬儀が好きだった。

自分のことを「殺し屋」と思い込んでおり

子供のころから

アリや蠅、ちょうちょ、ねずみ、インコなどを殺してきた。

 

余命を知り、銃を買った。

本物の殺し屋になったのだ。

彼が銃で撃っても余命ある者は死ぬことはない。

死んでしまったとしてもそれは相手の余命が尽きた時だけ。

「それは運命で俺のせいじゃない」と彼は言う。

 

妻と息子を愛してはいなかった。

彼もまた神の創った法則1522の犠牲者だった。

 

法則1522:人生で運命の女性に出会い恋に落ちても、その女性とは結ばれない

 

■5人目:マルティーヌによる福音書

大人になるまで彼女はずっと「ロマンチックな世界」に生きており

「甘い恋」を夢見ていた。

 

中高年になった現在の彼女は

裕福な生活をしながらも

旦那とはお互いに関心のない冷え切った関係。

 

仕事で家に長期帰らないことも多い夫との

生活に心の穴は大きくなる一方だった。

 

満たされない心を埋める為に

買い物に走ったり、若い男を買ってみるが

より気分は沈んでいく。

 

■6人目:ウィリーによる福音書

エアと同じ年くらいの少年ウィリーは

余命メールで「余命54日」と知ったが驚きはしなかった。

 

子供のころから病気がちだったため

母にいつも注射されてそだった。

実はどこも悪くなかったけど、どんどん体は不調に。

 

7歳の頃には膵臓の手術を受けた。

母親が糖尿病を恐れ毎日注射していたせいで

膵臓が機能しなくなったのだ。

 

ウィリーは実は気が付いていた。

母も注射もおかしいことに。

「体の弱い子をもつ親は大変だ」という母に注がれる周囲の目線。

そのために自分が存在することを。

 

ウィリーの余命が数週間となり

両親が「何かやりたいことはないか」と聞かれ

彼は「女の子になる」ことを決めた。

 

真っ赤なワンピースを着て学校に通った。

はじめて自由になった気がしていた。

 

エアと出会った時、ウィリーは残り1週間の命だった。

 

エアと使徒6人の出会いがそれぞれの人生に変化をもたらす

実は6人の福音書には、それぞれ続きがある。

エアと使徒6人は出会ったことで

それぞれがみんな人生に大きな変化が起きたのだ。

 

エアの神力には

  • 人間の心の音楽がわかる
  • 人間に夢を見せられる
  • 水の上を歩ける

などあるんだけど

エアと出会い、自分の心の音楽を知り

エアに夢を見せてもらったり

エアとの会話の中で彼女に言われた言葉によって

使徒6人それぞれに「愛する人」と「愛する人との生活」と

「夢を実現する気持ち」がやってくるのだ。

 

驚くなかれ、エアにもこの3つがやってくる。

 

息子と娘の使徒が合わせて18人になった時、女神が目覚める

たぶんもともとは夫である神よりも

ずっと力のある女神だったと思う。

ギリシャ神話の女神じゃないかな。

 

とにかくエアの母が女神として目覚めたのだ。

息子が12人、娘が6人使徒を集めたことで

彼女は女神の力を取り戻したように

明るく優しい表情で神様パソコンを再起動した。

 

そして以前は彼女が使っていたことをうかがわせる会話を

パソコンとかわしつつ

新しい世界の設定を次々に打ち込みはじめる。

 

夫である神の時は

黒バックにコード入力だったのに

女神が再起動した後のパソコンは

すっかりOSがニューモデルになっかたのようだった。

かなりアップルよりだ(^^)

 

エアと母である女神が創った新世界は

愛と夢と温かさが満ちた美しい世界になった。

 

男性も妊娠できるし、あらゆることがもと多様性を持つように。

是非、映画鑑賞時はその辺を楽しみにして見て欲しい。

 

おまけ:憎らしいけど憎めない神のその後

クズ夫・クス父の神を演じる役者さんがホントに素晴らしくて

素晴らしくムカつく傲慢ヤローなんですが

どこかアメリカのキッズアニメの悪役的で

憎らしいけど、幼稚で憎めないキャラでもあるのです。

くわえてトムとジェリーのトム的なおバカ加減だし。

 

女神に神様アパートに変える道である

洗濯機の設定を変えられ戻れないようですが

人間界で「ゲス」として元気にやってます。

 

ある意味「あきらめない」精神では

やはり世界一かもしれない。

 

では、また~☆

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

 

 

 

ありふれた事件 [DVD]

ありふれた事件 [DVD]