プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【映画】潜む森~感想:学生時代にグループ内カースト 陰キャ陽キャと疎外感

潜む森(字幕版)

森に潜んでいたモノの正体が最後の最後に明かされるぜ~

「嘘から出た真」みたいな映画です~

大学時代のグループ内カーストで「疎外感」に苦しんだ陰キャによる代理復讐劇さ

 

 

1時間6分ほどの短い映画です~低予算でコンパクトながら

脚本はなかなかよくデキているのではないでしょうか。

 

物語を作れる才能…羨ましいぜ(欲しい)

 

 

映画 潜む森~あらすじ

大学時代からよくつるんでいる男女6人グループ

1年ぶりにみんなで集まり「山小屋」へ泊りがけで出かけることに。

 

メンバーは

バーガー店を最近やめたばかりのティム

家業を継いでいい調子のスコット

同じく親の仕事をついでイケイケにスポーツカーを乗り回すマイク

スコットといい感じのアリス

金髪のベディーちゃんことアーリーン

そして女子組のボス的なアンドレ

 

6人はトヨタ車にのりこみ

ティムが予約した山小屋へ

 

山小屋の管理人3人衆の超感じの悪い受付を済ませ

別荘風に快適な山小屋に入るとテンション爆アゲな6人

 

ここで話は7人目の仲間エディの話題に…

ティム曰く連絡が取れなかったということだが

実はスコットが2か月前に酷いケガで入院中のエディに偶然遭遇していた。

エディは何かと不幸続きだったようで…

 

と、ちょっと沈んだ空気を換えるべく

女子3人が今日の為に用意した「宝探しゲーム」をやることに!

男子3人が森の中での宝探しゲームに挑戦し、

勝者には今日の夜を共にする女子をゲットできる。

つまり「宝=女子」なのだ。

 

女子3人が森の数カ所に指示やヒントが入った封筒を配置し

地図とコンパスを頼りに男性陣がゲームをスタート

 

ところが、このゲームにとんでもない参加者が紛れ込む

サイコ殺人鬼がひとり、またひとりと彼らを襲っていく…

 

乗ってきた車もスマホも奪われ、

頼りにしていた管理人たちも無惨な姿になっており

この地獄の森で殺人鬼相手のゲームが続く。

 

最後に勝のは誰なのか?

 

※以下、ネタバレ有の感想・考察です

 

◆最後まで見ないと「森に潜む」モノの正体がわからない

いろいろなものが「潜んで」いるのですが

タイトルにある「潜む森」にある『森に潜んでいたモノ』は

実際になんであるか最後に明かされます。

 

<ヒント>

  • 6人を狙う殺人鬼と管理人たちを襲う殺人鬼の描写をよ~く追ってみてください
  • 乗ってきた車、車の鍵、その行方を追ってみて~
  • 殺人鬼は「本物のサイコパス」(←これ最大のヒント)
  • 物事に偶然はない⇒タイミングに注意!

 

◆グループ内カーストの陰陽キャラと「疎外感」

これは「社会に潜む闇」をついた映画なのかもしれません。

陽キャグループと陰キャグループによる「いじめ」ではなく

友達グループ内での「カースト」による陰キャの復讐劇なのだ。

 

グループメンバーとしてつるんでいても

仕切る陽キャと「ダメな奴」といじられる陰キャができあがり

「自分だけ誘われない」「他のみんなと距離を感じる」など

陽による陰への「からかい」「見下し」が、陰の心に暗い影を落としていく。

 

この映画では

グループ内の陰キャが抱く「陽キャ達への恨み」には

彼らへの憧れと嫉妬がねじれ絡まっており

「冴えない自分」へのイライラを陽キャにぶつけているようにも見える。

 

でも、学生時代に根付いてしまった「劣等感」って

その後の人生にもことごとく悪影響を及ぼすよね。

なんか心に刺さるわぁ。。

 

今はSNSスマホでいつでも密に繋がる時代、

だからこそ人間関係・友人関係での「疎外感」を

露骨に感じる場面が増えている気がします。

ニュースで報じられる事件も増えているような…

 

◆斧から目を離すな!

潜む森(字幕版)

この映画を楽しむ為のポイントを1つ上げるとするなら

「斧から目を離すな!」ってことでしょうか?

 

殺人鬼が手にしている斧

これから目を離してはいけない。

作中に「斧」は何本登場しているでしょうか?

 

◆自分中心の陽キャと他人中心の陰キャ~想いの比重

この映画が描く

イケイケ側の陽キャ陣は皆、

自分以外=他人への想いが「軽い」

男女関係(恋愛・肉体関係)に於いても

相手への想いは「軽い」

そして思いの殆どが「自分」に向かっており

自分中心に外を見ているってのがよく分かる。

 

対して陰キャ側は「他人の目に映る自分」が存在価値基準になっているようで

彼らは「他者中心の世界」に生きているようにも見える。

だから陽キャに認められること、

陽キャに重要視されることに必死になってしまったようだ。

 

彼らの「他人への想い」は非常に「重い」

恋愛に於いても、友人関係に於いても

相手が自分におく重要性が、そのまま自分の存在価値に

直結するようなので「思いが非常に重い」

 

想いの重さが歳月をかけ

とんでもなく練り上げられ

粘り気と歪みをもったエネルギーの塊になっていた。

それが「怨み」から「殺意」になってしまうのだ。

 

「重い想い」には気をつけようとおもった。

自分の中に「重い想い」をなるべく抱えないようにしたい。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村