プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【火の鳥:アニメ版】PrimeVideoで13回オープニング映像を見て気が付いたこと

黎明編 その一

第1話見た時から、オープニングの映像がとても気になっていた。

そのため毎回オープニングをじーっと見つめては考察しておりました。

 

 

そんな中、火の鳥のストーリーを知っていくうちに

だんだんとオープニング映像が何を示しているか

わかってきた(と自分では思う)のです~

 

色々気になる点を勝手に考察してみました。

私が見たのは全13話のNHKで放送されたシリーズっぽいです。

 

プライムビデオで観られる方はこちら

 

 

 

①宇宙のはじまり2つの光と5つの光

オープニングは「この宇宙の誕生の瞬間」からはじまります。

2つの光が闇から飛び出してきて

やがて5つの光となり

それらが1つにぶつかり合ってビッグバンのように

宇宙、銀河系が出現します。

 

この時「はじまりの光」と共に火の鳥が飛んで現れる。

 

はじまりの2つの光は「二元性」を示すもので

「対向発生」から万物が生み出されていく象徴なのかな?と。

光の飛び方が高速螺旋なので、

「遺伝子・DNA」を同時に表現しているのかもしれません。

 

はじまりの光も「光の粒子の集まり」のように描かれているので

何となく今読み解き作業中の「カタカムナ」が示す内容に似ています。

 

②銀河系の中心から潜象世界へ入っていく

宇宙の中心といったほうがいいのかな?

とにかくこの宇宙の中心になるブラックホールの真っ暗な中に

火の鳥が入っていきます。

 

そこには何があるかというと!

なんと「精神世界」が広がっているのです~

2層の曼荼羅があり、その下に巨大な仏像が鎮座

そして半眼で世を内側から見つめております。

 

火の鳥は更に仏の内側に入り

その目から未来を見つめ飛び出していくのです。

 

③未来の繁栄とロビタの大群を見つめる埴輪の目

科学が発展した未来都市を優雅に舞う火の鳥ですが

その先には何かを訴えるように群れを成して

こちらを見つめてくるロボ(ロビタ)たちが…

 

ロビタを見つめているのは埴輪の目だったのです。

未来と過去が繋がっている!?

 

④蓮の花の栄枯盛衰と飛び続ける火の鳥

そして場面は上へ上へと延びていく蓮の花と

上へ上へと飛んでいく火の鳥の姿が

 

輝きを変えずに飛んでいく火の鳥に対し、

蓮の花は栄枯盛衰の生物の命の姿を見せてきます。

火の鳥は止まることなく飛び去り、

蓮の花は枯れ、種を落とします。

 

これは蓮の花が「変化し続ける生命」⇒「次の代に命を受け継ぐ」永遠の象徴で

火の鳥は「永遠に在りつづけるモノ」⇒「根源の力」や観察者の象徴なのでしょう。

火の鳥がずっと一羽で飛び続けているのも印象的。

 

⑤すべては観察者の「目」を示している

日食みたいな光の環が「あっこれ瞳じゃん!」と気が付いた時

全部どのシーンでも最初に「観察者の目」が示されてるよ~

ってわかって鳥肌たったんですよ(^^;)

 

この観察者の目が何を示しているのかは

手塚先生本人かもしれないし、

神のような存在かもしれないし、

火の鳥(の内なる目)なのかもしれません。

 

または我々そのものが宇宙の自動化システムの中で生まれた

環境下での観察対象生命体であり、相互観察者でもあるのかも。

我われが他人を見て何かを思う時、その人の世界が存在を示すように

過去に目を向ける時、未来に目を向ける時、

火の鳥で描かれるような「太古の世界」や「遠い未来」が

出現するのかもしれませんね。

 

では、各話の見どころへ(つづく)

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村