プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【映画】ビロウ~感想:この世は皆が暗中模索+疑心暗鬼、全体が見えているのは誰?

ビロウ (字幕版)

戦争で戦う者たちは その攻撃が「何を破壊しているか?」

本当にわかっているのだろうか?

私たちもまた彼らと同じように暗中模索+疑心暗鬼の中を生きているのかも。

 

 

そんなことを考えさせられた潜水艦・密閉狭所空間サスペンスです。

 

 

 

映画 ビロウ~あらすじ

第二次世界大戦下の1943年8月

大西洋上にあった米軍潜水艦にある指令が入る。

”ドイツ軍に撃沈されたイギリスの病院船の生存者を救助せよ”

現場に向かい生存者3名を救助したが

その中に1人、女性がいたのだ。

 

当時”女性を潜水艦に乗せると不吉なことが起こる”と信じられており

乗組員たちはザワめいく。

 

救助され船内唯一の女性となったオリヴィアは看護師で

一緒に救助された重症者の看護にあたるが

その一人が敵である「ドイツ人」と分かると

艦長代理を務めるブライス大尉により射殺されてしまう。

 

オリヴィアは「この人にも家族がいる」と訴えたが

ここでは彼女の話に聞く耳を持つ者はいない…

不吉な存在である彼女はこの艦内で疎まれる存在となっていた。

 

そんな中、次々と艦内と潜水艦を取り巻く海中で

不可解な現象が起きはじめ

不吉で不気味な声が艦内に響き渡り…

 

※以下、ネタバレ有の感想となります

 

◆隠ぺいされた重大な過失

ここがね、凄い「モヤモヤ」湧いてくるポイントです。

オリヴィアと共に救助された重症者が

「ドイツ人」と分かるや否や敵として銃殺され

その後、死体をイタズラの道具にするアメリカ軍の兵士たち…

 

これが「隠ぺいされた重大な過失=罪」と対になってるのです。

オリヴィアの訴えが重要な鍵となっており

「この人にも私たちと同じように帰りを待つ家族がいる」と。

 

敵国の船を撃沈すれば栄誉と称賛が与えられ、

その撃沈させた船が実は同盟国・味方の船と分かると大罪を問われる。

「ここ」、

ここに戦争とか争いの根源的な問題がある気がして

すごく引っかかってました、私。

 

大量破壊・大量殺人に於いて

同じ結果なのに栄誉が与えられる場合と大罪に問われることが

紙一重に存在しているわけです。

モヤモヤ…本質的に破壊と殺人が招く結果って

「人類にとってのマイナス」しかないような…

 

でもこれは私が「客観的」立場でみているからで

自分がその中にいないからこそ、そう思えているだけ。

 

しかし、私も彼らと同じ状況に生きている可能性大だと気が付いた。

◆この世は皆、暗優模索+疑心暗鬼で生きている

この世界にいきる私たちってのは

みんな実はこの潜水艦の乗組員と同じかもしれない。

あの修復作業中にドカンといった彼らと。

 

狭くて、暗く、身動きとりづらく

全体を見渡すことができない中

与えられた情報と指示に従い必死に働いている。

全容は分からないけど、不吉なことが起きていることだけは感受できちゃう。

それでも進むしかない故に疑心暗鬼も肥大化していく…

 

観終った後に「重めの問いかけ」を残していく映画です。

 

オリヴィア曰く

「私たちがこうして生き残ったこと、生きてここにいる事にきっと大事な意味がある」

そんな気もするし、そうであってほしい気がする。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村