プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ第35首~④オホトヂカサネ ワタヒメ とは

「オホ」に次ぐ「オホ」の応酬!

「オホワタツミ」「オホヤマツミ」~「オホ」は日本神話から見ても

重要な音の響きを持っているようです。

 

 

 

カタカムナ35首を詠む

声に出して音を響かせイメージしましょう☆

 

カタカムナ第35首】

カムナガラ オホトヒワケノ カタカムナ

イハツチヒコ イハスヒメ ツミ

アメノフキヲノ オホヤヒコ オシヲ

オホトヂカサネ ワタヒメ

ハヤアキツ マノヒコヒメ

 

では、解読を進めよう。

 

◆一音一音の示し

2つに分けてみていくよ~

 

「オホトヂカサネ」

  • オ(奥深く、広がる環境、六方環境)
  • ホ(引き離す、ほぐす、正反発生+正反親和)
  • ト(重合、統合)
  • ヂ(凝縮、持続的に)
  • カ(根源の力、ちから)
  • サ(差、遮り、現象の干渉)
  • ネ(根、充電・充たす、見えない地中でエネルギーを受けるも地上では見えない)

「ワタヒメ」

  • ワ(環、輪、和、調和)
  • タ(分かれ出る、独立発生)
  • ヒ(根源から出入、最初のフトマリ、1つ)
  • メ(芽、思考、指向、渦の目)

ここから音の纏まり「ことば」にして解読を

 

◆オホトヂカサネとは

カタカムナ文字の表記を見ると

「オホ」「トヂ」「カサネ」になっております。

 

どうやら直前にある「オシヲ」に「オホトヂカサネ」と掛るようですな。

そうイメージしながら読み解いていきましょう。

 

「オホ」とは

アマ界の間=現象化の環境場(オ)のことで、

この環境場は”正反発生+正反親和”(ホ)の性質をもつ。

 

”その「オホ」の重合(ト)が持続(ヂ)され、重ね(カサネ)られて”

 

◆ワタヒメ とは

ワタ性を秘めた「ヒのメ(芽・指向・思考)」をもつ

⇒ハヤアキツ マノヒコヒメになる…と続くようです(‘~‘)

 

「ワ」⇒和、環、調和 

「タ」⇒分かれ出る、独立発生

故に、「ワタ性」とは『 融合分離性』といったところでしょうか。

 

融合分離性を秘めた「カサネ」って何でしょう?

◆ワタ性をヒメた「カサネ」とは?

ここで「カサネ」という音の響きを

「重ね」ではなく「カ+サネ」という方向から見ていくと

「さね」の意味を検索すると『実・核』と出てきます!

”モノの中心にある固いところ”

”板と板を繋ぎ合わせる時、片方につける突起部分のこと”

 

実に興味深い、オホトヂによって

「カサネ=根源のカが現象の実・核を生成」するって云うてます~

 

その「カサネ」は「力の差によるカサを生む根」でもあり

そのために「ワタ性をヒメてる」ってわけです。

 

個々の現象・現象物となる「核」がオホトヂカサネによって生成され

それは「融合分離性を秘めたヒのメをもつ」というのです。

 

万物万象、すべてのものの中心(内奥)にはワタヒメのカサネがある

ってことですよね。

それを「アマノミナカヌシ」というのか!?

 

(つづく)

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村