プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ第19首~①マカカ オホチカム(解読)

f:id:mousoumajyo:20220110164128j:plain

なんという事でしょう!? カタカムナの「マカ」音の示しが

仏教の「摩訶」に繋がってきた~

 

 

 

カタカムナ第19首を詠む

f:id:mousoumajyo:20220119154154j:plain

19首は一音一字で構成されているので

慣れてきた方はこれを見ただけで詠めるかも。

 

カタカムナ第19首】

マカカ オホチカム イツノ タテカム

アマナ アモリ ムカヒ アマノウツメ

 

非常に短い歌なんです~

では、さっそくそこに何が示されているのか?

見ていきましょう☆

 

◆「マカカ オホチカム」一音一音の示し

f:id:mousoumajyo:20220119154542j:plain

  • マ(間、真、現象の間、空間、受容)
  • カ(根源の力、はじまりの根源力)
  • オ(奥深く・広がる環境、生命体構成の根源環境)
  • ホ(引き離す、ほぐす、正反発生+親和重合)
  • チ(凝縮、持続する)
  • ム(広がり、六方環境から)

では、ここから音を連ねて「言葉」にして解読を進めましょう♪

 

◆「マカ+カ」とは

「マカのカ」とは何のことでしょう?

  • マカ=マに働く力=マの性質
  • マカ=マに成る力=マを生成・維持する力
  • マカ=現象化の間=現象界

今までの読み解きでいくと「マカ」の音が

この「現象化の間=現象界=この世界(この宇宙)」を示している

と捉える事ができそうです。

 

更にカタカムナ解読の先輩方の意見を参考に

「現代科学」でいうと何にあたるか?で見ていくと「中性子」だとも。

ただ、私の考察では「原子核」~「素粒子(ボース粒子)」その範囲は広めです。

 

”マカカ=マカに於ける、根源の力「カ」とは”

それが次に示されているようです⇒「オホチカム」

 

◆「オホ+チカム」とは

オホ(生命・現象発生の間・環境場)=カムアシキネ(現象化の間)

そして「ホ」が示すように「正反発生+親和重合を繰り返す場の力・性質を持つ」わけです。

 

では「マカのカはオホをチカムする」とは、

どういう意味でしょうか?

”オホを持続(チ)する潜象カムの力として働いている”

 

生命発生・現象化の間を生成・維持している「マの力」ってのは

「マとカが造る宇宙界に湧き出た、潜象カムの力」だというわけです。

そんで、もってもう1つ大事な示しが

「オホをチするマカカはカム潜象だから潜在の見えない存在だよ~」

ってこと。

 

◆マカ・カ=摩訶の力

「マカ」の音は仏教の世界にもあります。

それが「摩訶」意味は「偉大な、大きな、すぐれた」様を指す。

 

ただの偉大さや大きい様を指すのは無く

”摩訶毘盧遮那=大日如来

もう「宇宙そのもの」「宇宙の実相」を示しているわけです。

 

だからね「マカ=現象界=宇宙界そのもの」という

カタカムナの音の示しと合致するのさ~

しかも、その間にはカが働いていて「性質・タチ」があるつーわけよ。

 

この時空間(現象化の場)を維持しているのは

潜象カムの根源力だというわけです。

この現象の間=この時空間全体が根源の力の生成物だとさ~

 

マカはカで満ちてるし、カム界からカが湧き出ているって

大事なポイントやで~

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

 

 

DHC マカ 30日分

DHC マカ 30日分

  • DHC(ディー・エイチ・シー)
Amazon