プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ第43首~③オホカムツミ(神の霊威・神の実)

十二国記で観た生命の実の桃を思い出すわぁ

日本神話もカタカムナも神の実(生成の実)のこと語ってる。

 

 

 

カタカムナ第43首を詠む

声に出して音を響かせ感受しましょう☆

 

カタカムナ第43首】

カムナガラ ミハカ シナ カタカケメグル

オホカムツミ ヨモツ チシキノ イフヤ サカ

カム マトマリノ ツキタテフナト 

ミチナガチバ タケマミハメ ソラワケ イフヤサカ

 

オホヤマツミ=山の神の総元締め

ですが

オホカムツミは意外な神の御名でした。

 

◆一音一音の示し

「オホカムツミ」

  • オ(六方環境、奥深く、於)
  • ホ(正・反 親和 引き離す)
  • カ(根源の力、ちから)
  • ム(無、無限の、広がり、六方環境から、蒸す)
  • ツ(集まる、個々の、津々)
  • ミ(実、身、実体、光、生命力の実質)

ここから音を連ねて「ことば」にして解読を

 

◆オホ+カム+ツミ とは

第43首のカタカムナ文字の表記を見ると

「オホ」「カム」「ツミ」で音がまとめられ1字で示されています。

 

オホ⇒六方環境(アマ・現象化のマ=環境場)に親和重合した

カム⇒カム界の根源の力、カムからの無限の力と

ツミ⇒個々粒子(ミ粒子)+集まるミ

 

”アマ界の現象化の環境場に親和重合したカム界の根源力&無限の力の実(ミ粒子)”

 

現象化の場に於ける「根源の力」「無限の力」「現象の生成力」としての

ミ粒子(アマ界の現象化粒子の基)を「オホカムツミ」というわけです。

 

◆日本神話における「オホカムツミ」とは

火神カグツチを生んだことで

酷いやけどを負ったことから死んでしまい

黄泉の国に行ってしまったイザナミ(;;)

 

そのイザナミを追って、連れ戻すために黄泉の国にいったイザナギ

なんだかんだあって黄泉の国から逃げかえってきたときに

黄泉の国の追手を「あの世」と「この世」の境の地に生えていた桃の木から

その実をとって投げたことで黄泉の国の神を撃退したという(すげぇ話だ)

 

その時の桃を「オホカムツミ」というらしい。

イザナギが自分が助けられたように

この桃に「葦原中津国の存在が苦しんだ時に救ってほしい」との意を込めて

オホカムツミという神にしたという。

 

桃が神聖な果実という思想は中国だけかと思ってましたが

どうやら古代日本に於いても「桃」は神の霊威・神の実として

特別なものだったようです。

 

黄泉の国の追手を撃退し、地上界の存在を苦悩から救う果実の神霊…

オホカムツミが物質界・現象界の偉大な力を持つ「実」であるのは

間違いないようです。

 

実に興味深いですね。

桃が「神の実」だったなんて、

今すぐ桃食べたい気分だぜ~

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村