プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ第35首~①カムナガラ オホトヒワケノ カタカムナ とは

「オホトヒワケ」が日本神話では「門の神」であることも重要な解読ポイントかも?

 

 

 

カタカムナ第35首を詠む

では、声に出して音を響かせ詠んでいこう☆

 

カタカムナ第35首】

カムナガラ オホトヒワケノ カタカムナ

イハツチヒコ イハスヒメツミ 

アメノフキヲ オホヤヒコ オシヲ

オホトヂカサネ ワタヒメ 

ハヤアキツ マノヒコヒメ

 

今回は「カムナガラ オホトヒワケノ カタカムナ」の部分を

一気に解読していくよ~

 

◆一音一音の示し

では、3つに分けてみていこう!

 

カムナガラ

  • カ(根源の力、ちから)
  • ム(無、無限、広がり、地下、蒸す、六)
  • ナ(核、重要なもの、何回も、夥しい、変化・多様性)
  • ガ(※カに同じ)
  • ラ(場、関わる、まっさら)

「オホトヒワケノ」

  • オ(奥深く、広がる、環境、六方環境)
  • ホ(引き離す、ほぐす、正反発生+正反親和)
  • ト(重合、統合)
  • ヒ(根源から出入、始元、最初のフトマリ、1つ)
  • ワ(環、輪、和、調和)
  • ケ(放出する、様々な変化性を)
  • ノ(時間をかける、変還する)

カタカムナ

  • カ(根源の力、ちから)
  • タ(分かれる、独立発生)
  • ム(無、無限、広がり、地下、蒸す)
  • ナ(核、重要なもの、何回も、夥しい、変化・多様性)

では、音を連ねて「ことば」にして解読を

カムナガラ とは

「カム」=潜象界、無限の力、無限の根源力

「ナガラ」=何回も根源の力(カ)が場に現れ関わりをもつ

つまり「カムのカカワリ」

カムナガラによって⇒次の「オホトヒワケノ」に繋がるようです。

同時に、こうも読める。

⇒「カム(潜象の無限の根源力)が核なる力として場に現れて、関わる」ことで

オホトヒワケ~と現象界の間で変化が起こるわけですなφ(..)メモメモ

 

◆オホトヒワケ ノ とは

カムナガラ文字の示しを見ると、

音の纏まりは「オホト」「ヒワケ」「ノ」となっていますね。

 

「オホト」とは

⇒アマ現象界の間=現象化の環境場(オ)の正反親和+重合(ホト)の性質・作用

 

オホトによって「ヒワケ」された状態

これを私なりにイメージしてみた。

この現象界(現象化)の間を捏ねている手こそ「オホト」の作用です~

「ホ」という音の響きが持つ、深層の示しに「カムウツシ」ってのがあるので

「オホ」が示す”現象化の六方環境場”というのは

この正反発生+正反親和の「間にカを練り込む」働きにより

カムウツシされ根源のカが「ヒ=最初のフトマリ」として発生し

そこから更に間で練り込まれ カムウツシされた「ヒワ」となる。

その「ヒワ」から

個々の現象物(万物万象)を生み出す

多種多様な計画がカムウツシされた「ヒ粒子=ヒコ」が

放出される、わけですな(私なりの解釈ですが)

 

◆(カムナガラ オホトヒワケ)ノ カタカムナ

カムナガラによって、

「オホト」によって「ヒワケ」され変還(ノ)されたカタカムナは、

次に続く「イハツチヒコ~」へと更に変換し

生命・現象を生成していくというわけです。

 

ここで「オホ」「オホト」が現象化において

非常に重要だってことがわかってきましたよね。

 

◆門の神:オホトヒワケ

日本神話ではイザナギイザナミの生成神の「神産み」により

生み出された「家宅六神」の一柱であり、「門の神」なのです。

 

「門」という字と「間」を示す字、

ここにとても深い何かがあるきがしております。

※この先「人と人間」を考察する時とても重要になる

 

「門」とは外界と敷地(内界)を分ける壁・界面に設けられた

2つの間を繋ぐ「出入り口」ですよね。

 

潜象カム界と現象アマ界を繋ぐ「門」であり

根源の力(無限の力)の通り道なわけです。

「オホトヒワケ」の門により

アマ界に根源の力を秘めた「ヒ=日・火・光」が

カム界からやってくるのです。

 

日本の神々の名というのは

マジで宇宙の法則・真理を示しているのかもしれませんね。

 

(つづく)

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村