プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【映画】ドント・イット~感想:アブラメリンを中心に世界の魔術儀式を見せる映画!?

ドント・イット(字幕版)

なんでこのポスタービジュアルなのか謎の映画

中身は全然ちゃうで~

日本からは「耳なし芳一」的なものが魔術儀式の一部に…

 

 

 邦題もポスタービジュアルも「何でこうしたんや!?」

という作品(^^;)

ドント・イット(字幕版)

ドント・イット(字幕版)

  • 発売日: 2019/04/01
  • メディア: Prime Video
 

 

原題は「A DARK SONG」です。

魔術師と依頼者の子供を殺された母親の2人が

(黒)魔術儀式に挑む気が狂うほどの閉鎖空間物語です。

 

 

映画 ドント・イット~あらすじ

7歳のひとり息子が誘拐され

オカルト儀式で殺された…母ソフィアは犯人たちに復讐するため

魔術師のソロモンに依頼する。

 

ソロモンに言われた通り

西向きの部屋の郊外の屋敷を借り

ロンドンから呼び寄せたソロモンを駅へ迎えにいく。

 

最初にソロモンはソフィアに尋ねる。

「魔術の目的は何だ?」と。

 

「愛」と答えたソフィアにソロモンは忠告する。

アブラメリンを愛に使うだなんて、馬鹿げてる、出会いアプリでも使え」と。

依頼を断ろうとするソロモンにソフィアは本当のことを話す。

「ひとり息子を死なせてしまった。もう一度声が聞きたい」

 

魔術には強い意思が要る、子を思う母の思いなら大丈夫だろうと

ソロモンは依頼を引き受け、魔術の導き手となる。

その報酬8万ポンド!

(1ポンド=151円計算で 1,208万円)

 

アブラメリン魔術の儀式は天使と悪魔を両方呼び出すため、

強い意思が必要で、長期にわたる苦行の儀式に耐えねばならない。

しかも一度結界をはったら魔術が終わるまで外には出られない。

外界との接触は遮断される。

 

少しでも気が緩み、失敗すれば

悪魔に魂を奪われてしまう危険な儀式を二人ははじめる。

 

拷問のような苦行の連続で

なかなか成果が感じられない中で

ソフィアはイライラしソロモンとの衝突も増えていく。

 

ソロモンに隠していること

「本当の儀式の目的」を問い詰められたソフィアは

子供の声を聞くだけではなく「息子を殺した10代の若者達への復讐だ」と

ここにきてやっと正直に目的を語る。

 

儀式の途中で目的を変える!?

「母と息子の再会」ではなく「復讐」が目的…

このとんでもない危険な状況にソロモンは愕然とする。

 

そして、命を懸けた黒魔術への軌道修正がなされていく。

2人は魔術を成功させ

守護天使と悪魔を呼び出し目的を果たすことができるのか!?

 

※以下、ネタバレ有の感想・考察となります

 

アブラメリンを中心に魔術の儀式が詳細に描かれる

 

 アブラメリン魔術は実際にある魔術らしいす。

天使や悪魔を呼び出し様々な願い事をかなえることができる魔術

先に天使を呼び出し術者の「守護天使」になってもらい

その後、天使の保護の元で悪魔を呼び出し願いをかなえてもらうという。

 

身と魂を清め、魔術に集中する為

6か月に及ぶ苦行に耐えねばならないという。

 

確かに大筋ではアブラメリン魔術なのですが

漢字が出てきたり、曼荼羅みたいな絵や色も登場するので

世界各地の魔術・儀式がとり込まれているのかも。

 

耳なし芳一」みたいに

肉体に墨で漢字や文字が書かれる場面もあったよ。

 

精神衰弱、臨死体験を超えるなど

どこかマーターズや他の境界線越えさせ作品にも通じるものが。

 

魔法陣の意味、形や数字の意味

禁欲、断食、不眠不休で挑む精神の限界など

「儀式」の部分がかなり詳細に描かれている作品です。

 

苦行から逃亡後の怒涛の展開

えっ!?

ってなる「なぜ、なぜ、おいっ」って展開が

満身創痍で苦行から逃亡したソフィアを待っています。

 

まず、悪魔が…悪魔というよりも地獄に落ちた人間達っぽい

しかもその表現は「原始人」っぽいのが謎

地獄の鬼なのかもしれない、指切り落とされてたし。。

 

更に天使が…巨大!

しかも「戦士型天使」だった。

これはアブラメリン魔術では

「魔術師の聖なる部分が守護天使となる」とされてるようなので

ソロモンが死ぬ前に「僕は戦士」と言ってたからその影響だろう。

 

天使の表現では今まで見た℃の映画よりもびっくりしました!!

 

最後にソフィアが願ったことの意味

アブラメリン魔術は天使を召喚し守護天使として

悪魔の力を使って願いを叶えるはずが

ソフィアは悪魔に追われ

はじめて「ごめんなさい」という言葉を口にします。

 

それまでは犯人を憎み、ソロモンにケンカ腰で

心配してくれる妹にも食ってっかかっていたのに。

 

ソフィアと息子の関係を作中の会話から察するに

ソフィアの油断(もしかしたら男と情事中だった)で

息子から目をはなしてしまい、誘拐された様なのです。

 

彼女は本当は「自分のことが赦せない」ため苦しんでいたのかも。

だから他を憎む、恨むことで自分の罪の意識から逃げ続けていたのでしょう。

そして魔術でもいいから息子の仇をうつことで「赦される」と思っていたのかな。

 

彼女は結局、魔術の最後には

天使に対し「赦し」を懇願していましたから。

 

なんとなくソロモンが気の毒なラストでした。

でも、まー金を対価に魔術を請け負う危険性も知ってたでしょうからね。

本来は全部自分でやるものですから。

 

嘘をつく相手と一緒に命がけの魔術なんて

挑んじゃあかんで!!

 

では、また~☆

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

 

 

 

血の魔術師 (字幕版)

血の魔術師 (字幕版)

  • 発売日: 2017/02/27
  • メディア: Prime Video
 

 

 

図解 魔導書 (F-Files No.032)

図解 魔導書 (F-Files No.032)

  • 作者:草野 巧
  • 発売日: 2011/07/29
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

魔術―理論と実践

魔術―理論と実践