プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【140才まで生きるBBA】健康管理に東洋医学⑥~四診:自分の健康状態を知るためのポイント

 

f:id:mousoumajyo:20200521174608j:plain

東洋医学の知識を生かせば、毎日自分の健康状態を詳しく知ることができます。

しかも、機械も道具もお金も何も要りません!

自分の五感をフルに活用するだけっ

 

 

健康を管理・維持するのに

機械も道具もお金も要りませんが

知識と毎日観察することで五感を磨く必要はあるよ。

 

でも東洋医学の知識は絶対無駄にならないし

自分の体を毎日観察することで

小さな変調にも敏感になるので是非「今から」

やっていこう☆

 

上に貼った通り

これが自分の健康状態を知る流れなのですが

本日は特に「自分の体の状態を視るポイント」を

東洋医学四診から学んでいこうと思います。

 

今後さらにどんどん

東洋医学の知識を深掘りしていきますが

まずは四診察の要点を掴み

「今日は調子がいいぞ」って日と

「今日はなんか不調だなぁ」って日の

体の違いを意識してメモとり知るところから

はじめて行くとしましょう。

 

f:id:mousoumajyo:20200521180045j:plain

 

 

「四診」東洋医学の4つの診察方法

f:id:mousoumajyo:20200521180317j:plain

 

東洋医学の診察方法は

道具や機械を一切使わなくてもできるのですが

その分、自分の五感をフルに活用し

感覚を鍛えていく必要があります。

 

  • 目で診る
  • 耳で聞く
  • 鼻で嗅ぐ
  • 口で話す
  • 手で触る

 

自分の体を毎日診察していくことで

自分の周囲の人の健康状態もわかるようになるよ。

家族や大事な人達の健康にも役立つね。

 

では、1つずつ見ていきましょう。

 

①望診(見る)

f:id:mousoumajyo:20200521181108j:plain

東洋医学の「望診」は「見る」ことなのですが

「よ~く、観察する」という意味です。

 

◆「見る」ポイント!

BBAもビックリな観察すべき項目の多さなのです

  1. 体型(姿勢なども含む)
  2. 動作
  3. 顔色
  4. 舌の状態(色や形状、舌苔の色や状態)
  5. 目の様子
  6. 分泌物や排泄物の変化

 

これを毎日、自分の様子をチェックです。

1体型については体重計データをとると更にいいね。

2動作のセルフチェックはなかなか難しいですが

何かいつもと同じ動作なのに違和感や不調がないかをチェック。

 

3~5の顔色、舌の状態、目の様子は

毎日その日の状態を観察し

「体調いいぞ」って日と「今日は身体の調子が悪い」って日の

違いを自分でつかんでいきましょう。

 

基本的には健康な顔色は肌艶がよく適度な赤味があるし、

舌の状態も形に凸凹やムラがなく、舌苔は白。

目の様子は「目の光」ですな、光のない死んだ目になっていないか。

 

6は特に毎日やってほしいです。

便秘と闘うBBAなんで私は毎日、排便記録つけておりますぞ!

うまくいえませんが記録を意識してつけはじめたら

ほぼ毎日お通じあり、快便なので「おすすめ」します。

 

1~6までここまで「見る」ことが

東洋医学の「望診」です。

まずは、体調いい時と悪い時の自分の体の

目に見える違いを掴みましょう!

 

②聞診(聞く、嗅ぐ)

f:id:mousoumajyo:20200521183422j:plain

ここ!

私、全然意識してなかったんですが

ここはかなり重要な情報を得られる部分です。

 

◆聞診察のポイント!

  1. 呼吸
  2. 話し方
  3. 咳の音
  4. 口臭
  5. 体臭

これらの状態や様子や変化から

健康状態や体の変調を知ることができるんです。

 

確かに、こうしてポイントをあげられると

健康な時と不調な時で違いますよね。

 

特に自分以外の人をみる時にも

その人の性格や生活環境を知る手掛かりにもなりますよ。

 

ちなみにBBAはトイレでの

自分の排泄物の臭いチェックもしている。

「いつもと違うぞ」って時は超注意!

 

③問診(質問する)

f:id:mousoumajyo:20200521184224j:plain

セルフチェックの場合は自問自答ですが

他人(家族や大事な人)の健康状態を診る時には更に重要です。

 

◆問診のポイント!

  1. 感じている痛みや熱などの自覚症状
  2. 持病や病歴
  3. 生活習慣
  4. 生活環境
  5. 体質

など、東洋医学の医師の視点からすると

患者とその付添いの家族に話を聞くそうです。

 

自分での健康管理のためだけではなく

もし具合が悪く医療機関で診断をしてもらう時も

これらのことをしっかり医師に伝えることができれば

きっと役立ちますぞ!

はやく健康な状態に戻れるはず。

 

④切診(触れる)

f:id:mousoumajyo:20200521184958j:plain

切診=触診とイメージしてOK

東洋医学では主に脈診と腹診のことをさします。

 

◆切診のポイント!

 

【腹診】⇒お腹に触れて、筋肉の緊張度や内臓の状態を手や指先の感覚で診る

  • 適度な弾力、柔らかさかどうか?
  • 硬いところはないか?
  • 触れたり、押して痛みや違和感があるところはないか?

腹診で得た情報は五臓六腑の状態を知る手掛かりになります。

やはり「硬い」ってのはよくない傾向のサインのようです。

φ(..)メモメモ

 

【脈診】⇒手首の脈に触れて脈の状態を診る

脈拍を機械で測定したBBAですが

機械で計れる数字以上のものがわかるので

是非、自分の左右の手首で脈を診ることやってみて!

脈に触れた時に脈が指を押し返す感覚に敏感になるべし

 

同じ手首でも左右と

添えた3本指の位置で

臓器の状態までわかるんだぜ!

※この点は後ほど

 

五感を研ぎ澄ませれば健康で長生きできる

五感がなんのためにあるのか?

五感の感覚を磨いた先に何があるのか?

五感が敏感になることで何の利があるのか?

 

実はBBAはこの点にずっと漠然とした疑問を

持っておりました。

 

野生の生活を捨てた人間にとって

五感をフルで磨き続ける意味が

あまり見えていなかったし

「どこまで」感覚を磨くべきなのかも

私には見えていなかったのです。

 

でも、感覚が鋭い方がいいよねってことは

漠然と思っていたのです。

 

やっとわかったぜ!

健康でいきいき長生きするために

五感は研ぎ澄ますべきなのですね。

しかももっと人生をより楽しめる体質にもなるようだよ。

人生感度もあがるのだ。

 

BBAの修行は続く

 

では、また~☆

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村