プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【ホラー好きのプライム・ビデオ】「マイ・ホーンテッド・ハウス」米国版あなたの知らない世界

ホーンテッド・グラウンド

この作品…楳図かずお漫画のようで気になるわぁ…

※このポスターは「マイ・ホーンテッド・ハウス」と関係ないよ

 

 

欧米のホラー映画は宗教思想の影響が濃いので

「悪魔の仕業」か「人間の精神世界の歪み」にたどり着きやすい。

 

日本人が「悪魔」をあまり恐れていないように

欧米人は「霊の念」の存在をあまり恐れてもいない

のかなぁと勝手に思っていた私です。

死霊館とか霊×悪魔のような話は多いよね。

 

ところが、見つけたのです!

米国版「あなたの知らない世界」

実際にあった恐怖体験の再現ドラマだよ

f:id:mousoumajyo:20200312182535j:plain

第一話はこちら

あの子がやった&凍れる森

2つの話で1回分です(38分番組)

 

 

米国版:あなたの知らない世界 再現ドラマ番組

日本の心霊番組と これまたちょっと違うのは

「家に霊がついている」という思想・解釈のようです。

 

もっと正確に言うなら

「その土地・その家・その場に

報われない魂が彷徨い続けている」

そんな感じが欧米の心霊現象理解のベースに在るようです。

 

無念の死を遂げた人の魂がついている

家に引っ越してきた人々の身におきた恐怖を

再現ドラマで見ることができるよ。

 

ご本人もスタジオインタビュー映像で登場。

 

怨念というよりは「救い」を求めている霊たち

日本の場合、怨念を持ち

「怨みを晴らすためにこの世をさまよう霊」

というイメージが大きいですが

 

「まい・ホーンテッド・ハウス」を見てみると

どうやら、その地にきた人に

「救い」を求めている場合が多いようです。

 

”自分の遺体を発見して欲しい”

というような救いを訪れた人に求めているようです。

 

これも死後の救いを求める宗教思想観の違いでしょうか?

「自分をこんな目にあわせたアイツを~」ってはならないんですな。

 

#1:第1話~あの子がやった

2003年10月に実際にあった体験談を完全再現映像化

完成までに1年かけた郊外の土地に建てた新築マイホーム!

ところが入居して2週間足らずで

一家に恐怖が襲い掛かるのです。

それは、2階の子供部屋で姉と弟が遊んでいる時に起こった。

 

2階の窓から姉が突き落とされ、両手足の骨折という大ケガをした。

姉は「弟に背中を押された」という。

弟は「あの子がやった」と話す。

 

あの子って?

弟は「この家に住んでいる子」と。

 

この話は、父がよく頑張った(;;)

父親が弟の話を信じてくれたのです。

よかった。

 

#1:第2話~凍れる森

2001年7月に起きた体験談を再現ドラマに

体験者の女性は離婚を期に

しばらく環境を変えたくて

半年間森の小屋を借りたのです。

 

半年分の家賃を前払いしており

鍵の受け渡しの日に

所有者の老人から奇妙な忠告をされる。

 

「森は生きているから 夜は戸締りをしっかりしろ」と。

 

「はっ?」(老人のたわごと)と思い気にしないでいた彼女ですが

夜になると凍える寒さに目を覚ますのです。

そして、彼女に数々のメッセージが届く…

 

恐ろしいのはこの小屋、今も貸出中なのです。

ギョギョギョッ 

 

国が違うと深層心理的な恐怖も違うのか?

日本とアメリカの「恐怖」の違いを

楽しみながら見ております。

観はじめたばかりですけど。

 

けっこう違うもんだなぁ~って

 

家や土地に縛られるんですな。

そこに思いが強いようです。

元々新天地を目指してきた欧州からの移民だし

今も移民が多い国だからかな?

「マイ・ドリーム・ホーム」意識も強い気がする。

 

では、また~☆

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村