プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【東洋医学で健康管理】病は気から~憂い・悲しみが過ぎると肺を傷つける

 

f:id:mousoumajyo:20200626142012j:plain

「病は気・血から」と思っているBBA私です。

正しくは「気・血・津液」の3つ、特に「気と血」ってことです。

でも、過剰な感情が臓腑を傷め気・血を乱すので「気持ち」の気も大事ですね。

 

 

東洋医学でいう「気」とは何か?

どんな働きか?などを知ったことで

病気になる3因の1つ内因が理解しやすくなったBBAです。

 

内因(過ぎた感情が病の原因となる)の中で

喜・怒・思ときまして~

本日は「憂・悲」の感情が及ぼす影響を見ていきます。

 

140才まで健康で長生きするための

BBAの東洋医学本はこちら

 

 

「病気にならない体管理」のために東洋医学の知恵を拝借するつもりで

読みはじめたらはまってしまった1冊です。

 

では、憂い悲しみ過ぎると

身体にどんな影響を及ぼすのか見ていきましょう。

 

 

 憂い・悲しみ過ぎると肺を傷つける

f:id:mousoumajyo:20200626142012j:plain

憂い・悲しみが過ぎると

気の巡りが悪くなり肺を傷つけます。

 

◆肺の働き(身体への作用)

  • 肺は呼吸と津液の巡りをつかさどっている
  • 清気は原料にもなるため、肺は気血の生成を促進する
  • 気や津液を上から下に降ろすことで排泄にも関わる
  • 衛気を全身に拡散させる

これらの機能が低下してしまいます(;;)

 

気・血・津液の巡りに大きくかかわっている他にも

「衛気」にも関わっているんです!

 

外因(外部環境)への抵抗力や調整力も低下してしまう…

外邪が侵入しやすくなるので「風邪」を引きやすくなっちゃいます。

 

肺の変調・不調による症状

憂い・悲しみ過ぎて

肺が傷つくとどんな症状が現れるのでしょうか?

 

肺と関係が強いとされる

  • 鼻(鼻水)
  • 皮膚
  • 体毛

これらに変化が生じてくる。

 

特にわかりやすいのは「鼻」

鼻水、鼻づまり、臭覚異常など。

 

津液の巡りにも関わっているので

顔のむくみや尿量の低下など。

 

肺は呼吸をつかさどっているので

咳や息切れ、呼吸困難などの呼吸の異常が生じる。

 

憂い・悲しみ過ぎると大腸にも悪影響が

肺と大腸は表裏の関係にあり

関わりが深いので

肺の不調は大腸の不調を招きます。

 

肺が津液の巡りをつかさどっているため

津液の巡り不調により大腸の潤いが減り

排便困難(便秘)になってしまいます(;;)

 

憂い・悲しみ過ぎると

排泄機能が低下し…体に不要物が溜まったり濁ってしまうのかぁ

より憂鬱になっていく負のスパイラルやないかぁ!

 

憂い悲しみ過ぎは精神活動「魄」を弱める

f:id:mousoumajyo:20200623152411j:plain

五臓はそれぞれに精神活動の一部をつかさどっている。

肺は「魄=本能的・無意識の活動、注意力の維持」を

 

ということは…

憂い悲しみ過ぎると、「生命力が低下する」ってことじゃない!?

 

憂い・悲しみ過ぎないようにするには

じゃあ、憂い悲しみ過ぎないようにって

どうすればいいの??

 

BBAもまだ答えを持っておりませんが

たぶん別ですすめている精神修行の

「武士道×禅」が役立つように思っております。

 

 

禅マインド ビギナーズ・マインド

禅マインド ビギナーズ・マインド

 

 

 

 

また食事によるアプローチも効果があるようです。

 

うつ消しごはん―タンパク質と鉄をたっぷり摂れば心と体はみるみる軽くなる!

うつ消しごはん―タンパク質と鉄をたっぷり摂れば心と体はみるみる軽くなる!

  • 作者:藤川 徳美
  • 発売日: 2018/11/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

あと運動!身体を動かすと気持ちが動くそうです。

 

 

 

 

あとBBA個人的にですが

「失敗する自分、かっこ悪い自分、情けない自分もいいじゃない」って

思えるようになると楽になりました。

 

 

失敗図鑑 すごい人ほどダメだった!

失敗図鑑 すごい人ほどダメだった!

  • 作者:大野 正人
  • 発売日: 2018/04/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

まだまだ、感情コントロール修行中なので

もっといい方法や対策を学べたら

書き足していこうと思います。

 

では、また~☆

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村