プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【ビットコイン・仮想通貨ブームは何だったのか?】良くわかる1本の動画と本来の目的を意図的に変えて広めた人たち

お題「最近見た映画」

 

f:id:mousoumajyo:20190103174750j:plain

なるほどな

Amazonプライム会員である得点を活用しまくる貪欲な独女みつまるです。

2017~2018初頭の仮想通貨ブームからの一気に陰りまで

twitterなどで熱く傍観者として観察していた私です。

 

 

あの異常なブームの謎とカラクリがちょっと見えてきたぞ!

きっかけは

 

 この映画イミテーションゲームを観たことで

Amazonが「おすすめ」にあげてくる動画作品に

ドキュメンタリーが加わったのね。

 

そんでこのイギリスBBC制作の「ヒトラーの暗号を解読せよ」

 

 めっちゃ面白くて

なんせ現実の話ですし、当時のメンバーのインタビューも聞けるしで

興奮ですわ。

 

次に「おすすめ」で気になったのが

 

 これもとっても面白かった。

 

そんでね、この作品のすぐ隣にあったのがこれ!

 

マジックマネー (Magic Money)

マジックマネー (Magic Money)

 

 

てっきりどこかの国のテレビや映像会社制作のドキュメンタリーかと

思ったんですが違うっぽい。

 

めっちゃ東京がビットコインブームっぽく描かれて出てくるしね。

アジアでのビットコイン布教のためにつくったのかな?って思った。

アジアっていうより日本人のビットコインへ期待を高め買わせるために

制作された金のかかった宣伝動画プロジェクトなのかも?

 

でも、それでもビットコインや仮想通貨のシステムに可能性を見出している方々の

思いがどこにあるのかわかった。

やっぱり「送金システム」であり「仮想通貨のシステム全体」に信頼できる価値があるんだよ。

そう思うと日本での2017年~2018年初頭の異常なブームは

ビットコイン」を使って儲けようとした人たちによる仕掛けとしか

やっぱり思えないのです。

 

また日本人はブームに乗りやすいということや

どうしたら効率的に日本人を誘導できるか?が検証されたような気もするのです。

 

ということで

完全に私目線で今のところ自分の中にある

仮想通貨ブームの見解を書いていこうと思います。

 

 

 

 

ビットコインはその「システム全体」に価値がある

 

ビットコインって「コイン」の部分や

「仮想通貨」「暗号通貨」という呼び名の「通貨」部分に

その実体や意味を求めると「金銭欲」の大悪魔たちの餌食になる。

 

マジックマネーの動画自体は

ビットコインはすごい!」

ビットコインは画期的!」

ビットコインは個人が銀行となって資産管理ができる」

ビットコインにはすごい可能性がある」

というような全体にビットコインや仮想通貨アゲアゲな内容です。

 

とくに日本での映像は胡散臭さ強めですが

そんな動画の中でもビットコインや仮想通貨のシステムを

熱く語る人の話に耳を傾けるとだんだん納得できてくる。

 

私が仮想通貨を知ったのは

ずいぶん前のことで「海外送金が簡単に手数料かからずできる方法がある」

というようなニュースでした。

ずいぶん前なのですが確か送金手数料無料だったと思うんですけど・・

すいません絶対という自信はないのですが

とにかく簡単・海外送金手数料がほぼかからず即座に送り受け取れる

画期的な新しいシステムって紹介でした。

 

そこで使われるのが「ビットコイン」だったんですよ。

その送金で使う通貨がビットコインだったの。

為替とか海外送金の面倒なことなしに

ビットコインでネット内で送受信し合って

自分のいるところで現金化するって使い方だった。

 

銀行を介さないで

円でもドルでもなくビットコインでネット内は取引して

でもちゃんと現金化できるシステムという話だから

その時は「ほほ~」って納得したの。

 

ところが急に2017年前後には

「投資目的の取引用ネット内通貨」になっちゃったでしょ?

だから私としてはあのビットコインの高騰が謎だった。

だって「人々の膨らんだ期待」しか高騰の理由な見当たらないんだもん。

 

各国発行の通貨って

実経済って実体がその価値保証にあるわけでしょ。

 

そんな私の疑念はこの動画「マジックマネー」を観て

納得できる着地点を見つけたのです。

 

動画の中でこの技術やシステムについて語る人たちの話を

よーく聞いてみる。

 

 

やっぱりね、

ビットコインはその「システム」全体に意味があるし

銀行などを間に挟まない個人と個人の間での直接取引に意味あるんじゃん!

個人とお店や企業間での決済も含む。

 

銀行や政府やカード会社を通さず

そこの管理の台帳ではなく

ブロックチェーンという仕組みで

みんなが台帳管理をしているというシステムに価値がある。

 

動画の中ではことの始まりである

「サトシ・ナカモト」の論文を『分散通貨に関する論文』って言ってるし

数学と分散技術に精通した人物であることは間違いないって言うてるやん。

 

「中央管理システム」が無いことが最大のウリだったわけです。

 

 

システムではなく「コイン投資」が目的と化したブームへ

 

私もシステムとして

世界中の人とお金のやり取りするには

素晴らしいなって思った。

 

でもシステムではなく「コイン」としての価値に注目が集まり

結局は新しい投資手段であり売買取引による利益が目的のゲームになった。

 

高騰具合が激しかったので

一気に参加者をあつめ

このマネーゲームは日本でブームとなった。

 

参加者のビットコインへの膨らむ期待が

ビットコインの価値をどんどん爆アゲしていった。

でもこれはビットコインの値上がりを期待した参加者増加だけが

支えの市場になっていたのでやっぱりバブルだったと思う。

 

ブームというのは仕掛け人がいるもの。

本来は「新しい画期的なシステム」という部分に価値があることを

知っていながら「儲け話」として仮想通貨自体を売買取引を目的に

全体の見え方を変えて宣伝していた人たちが仕掛け人側でしょうね。

 

仕掛け人の中枢はホントに少人数だと思うけど

そこに仮想通貨取引所や販売所の広告宣伝に関わる人が

加わってのあの加熱ブームが来たわけっすね。

 

 

販売所・取引所に金が集まり手数料発生したら銀行と変わらなくない?

 

私の大いなる疑問ってここなんですよ。

そもそもの「中央管理システムを置かない」って部分が、

国や銀行ほどの大きさも力もないけど

結局は「管理して手数料とる企業を介さねばいけない」システムに・・なぜ??

 

ビットコインってプライベートキーによって

自分のビットコインは完全自己管理で自己責任なんですって。

そのプライベートキーを他人に知られちゃうと

その人に勝手に取引されちゃうことはあるんだって。

 

でもさ、

仮想通貨交換業者が管理する取引所なり販売所が流失させたコインの総額すごくない?

こういったことが無いように全部取引記録って

ブロックチェーンで残されて管理されてるんじゃないの?

取引所や販売所での記録は・・・もしかして・・・・全体で1個扱いの取引なのかな。

って私は思いつつある。

 

 

仮想通貨全体のこれまでの流出額

 

日本での主な流出事件

 

  • Zaif・・・・・約70億円
  • Coincheck・・約580億円
  • 2014年Mt.Gox・・・・約390億円

 

この4~5年で世界での流出総額 約1463億円の内

CoinchekとMt.Goxが全体の65%になるんだって

 

日本だけ異常じゃない?!

これはなんなの?

 

詳しくはこちら

 

www.itmedia.co.jp

 

ということで

このなぜ?を踏まえて次の数字を見ていきましょう。

 

 

日本の仮想通貨トレーダー数と取引額は?

 

そもそもあのブームで仮想通貨全体の総額や取引額における

日本市場はどのくらいの膨らみになったのか?

 

こちらがわかりやすいので

詳しくはこちらのサイト見てみてください。

 

 

coinpost.jp

 

ここでわかったことは

日本は350万人のトレーダーがいて

日本は世界の取引高の40%~60%を占めているということ。

 

もう一つ非常に気になった数字

◆仮想通貨全体の時価総額

2018年1月 一時8000億ドル越え

2018年2月 約4700億ドル

 

また日本におけるビットコインの取引高の推移

2014年3月~2017年3月にかけて

220万ドルから970億ドルに増加

 

怖くないっすか?!

どうしてみんなこんなに「期待」と「信頼」向けたの??

ちゃんと確信あってのことなの??

 

 

日本人がこれほど投資意欲があるということを知った。

日本人の性質上、今回のブームは人が人を信頼するところから

起きたことではないかと思ています。

 

冷静に市場の動きをみて

本質を知っての投資というよりも

「儲け話のお祭り」イベントを仕掛けた人たちに

うまく乗せられた人が多かったんじゃないかな・・って。

 

投資はもちろん自己責任ですけど。

知ってる人の「儲かってる話」効くと

「自分もやらないと損してる」気分になる心理をついてきたのかな?

 

 

中央管理が無いということのデメリットも

 

国や銀行やカード会社による

優秀な頭脳を集めてのセキュリティー対策が

なされないということは

悪事を働く賢い人々が圧倒的勝者になれる市場なんじゃねーか?

 

だいたいセキュリティー対策というのは

常に膨大な金がかかるもの。

 

中央管理がいないってことは

だれも責任もって守ってくれないってことでもあるもんね。

 

 

情報戦・・・なめない方がいい。

マジで「ヒトラーの暗号を解読せよ」のBBC制作のドキュメントは

みんな一度見ておいた方がいい。

 

私を含め世の中の98%の人は計算機がコンピュータに進化したその影で

思考力を奪われ加速度的におろかになっているかもしれないから。

2%の賢い人は暗号解読版よりもすごい天才がゴロゴロいるかもしれないよね。

 

世の中を観察する。

イイと思うことも悪いと思うことも

WHY? HOW? WHAT?の視点を持ってみるようにすると

理解度が高まるとわかってきました。

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村