プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【読書中】「“それ”は在る」~聖書のような禅問答本 真に教える人は「私が教えよう」とは言わない

それは在る―ある御方と探求者の対話 (覚醒ブックス)

「あなたが“現実世界”と思うものは全て あなたの観念なのだ」

という話からはじまって

全てが1つで、すべては在る=無に同じ…みたいな

「禅」の世界に通じてる話を2人会話を眺めながら追っていく感じ?

 

 

禅の世界を

割と面倒な話し合いで探っていくような本です。

※まだ22%しか読み進めておりませんので後に印象変わるかも

 

割と理屈っぽい人同士の会話で進んでいくので

「感覚」でわかる部分が

「こういった表現するのかぁ」と妙に感心してしまう1冊です。

 

なかなか面白い部分も多く

割と科学的に「私たちが世界、現実と思っているモノ」を

言い表してくれている気がします。

 

幾つか心に残る部分をメモした

真に教える人は

「教えることは学ぶこと」と知っている

 

それは在る―ある御方と探求者の対話 (覚醒ブックス)より

 

 

真に教える人は

「私が教えよう」なんて言わない、

なぜなら、そもそもそういう考えではないのです。

 

「私が教えよう」という思いのない教えこそ本物

 

これ、今の世の中 

知識のお売りやマウンティングで溢れているので

心にメモしておいて損はないっす。

 

更に真の教える人について述べた後

スピ系の人びとのこともこうさしているのです。

 

だが、無知な幻想の住人は

(とりわけ自分はスピリチュアルな人間だと思っている人間は)

こう言うだろう。

 

「なぜ真理を理解しないのだ!~(続く)」

 

それは在る―ある御方と探求者の対話 (覚醒ブックス)より

 

 

ここ、好きっ

この部分の前部分も大事なんですけどね。

 

この先、更に面白い展開になっております。

 

全部読み終えたら

私には何が見えるんでしょうか?

楽しみ~

 

では、また~☆

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村