プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【40代独女鉄メンタル】自分の誕生日にひとりで過ごすとしてもホールケーキを買って盛大に祝う

お題「ひとりの時間の過ごし方」

 

f:id:mousoumajyo:20180831112315j:plain

私、もう数か月でまた1つ年を重ね42才になるプロ独女みつまるです。

今現在、好きな人も彼氏もいない真相のプロ独女でございます。

そんな私は人生七転八倒、臥薪嘗胆、満身創痍に生きてきて決めたのです、

「何よりも自分を大事にし、自分を自分で幸せにする!」と。

 

 

そんで、いろいろ人生モノも人も環境も一挙に断舎利して早2年目。

  • 人に好かれようとしての自己犠牲をやめる
  • ひとりが不安、さみしいからという理由で掴んでいるものを手離す
  • 心を搾取する人に関わらない
  • 人生を楽しむことを追求する
  • 世の中の面白いこと・モノ・人にたくさん触れる
  • まずは自分をとことん楽しむ

まーこんな感じです。

 

以前は休日の予定を詰め込んで

誰かと遊ぶ生活でしたが

今ではひとり時間も増えまくっております。

そのおかげで、

勉強したり、将来プランを練り直したり、

好きなモノに触れたり、創造する時間がグッと増えました。

流されて生きていた時よりも、

脳が活性化していることは実感できます。

 

ぼっちゃけて言えば

「ひとり時間、最高に創造力も想像力も増すからめちゃくちゃ楽しいぜ!」

と心の底から思う。

 

ここ面があってこそ、

他人との時間も有意義に楽しいと今は思えます。

「ひとりで寂しい人」になりたくなくて

仕事以外の時間を恋人や友達との時間で埋めまくっていた時より

一緒に過ごす人を大事にできてる気もする。

自己満足かもしれないが。

 

今日は私の自分おもてなし術を書いてみます。

 

 

私は自分のために生きている~内側と外側の両方の私

f:id:mousoumajyo:20180824140246j:plain

なんのために生きているか?

この哲学的問いに深く潜って答える気はないが

こたえは単純でいいと思ている。

 

「自分が人生楽しむために生きている」

 

でも人って誰か必要とされたいし、

誰かのためにって方が自分の限界突破して成長できるじゃないっすか?!

 

だからね、

「私は私を幸せにするために生きる」と決めたのだ。

 

内側の脳内思考の私はめちゃくちゃ面白いし、

好奇心の塊で、変な発想たくさんして毎日楽しんでいる。

外側の私は物質的・物理的な拘束なるリアルな世界で

見えるルールと見えないルールとで日々四苦八苦している。

 

外側の私がもたらす困難や難題は

内側の私に不安や苦痛や恐怖をもたらすが

そんな外側の私を助け、毎日を面白くするのが内側の私の生きる意味なのだ。

 

内側の私が外側の私を通じて自分を取り巻く現実を

自分好みに変えていくゲームが人生というステージなんだろうと思っている。

 

内側を満たせば外側も満たされ

外側を満たせば内側も満たされる。

 

難しくはない、単純にできている。

 

世の中は単純な仕組みが膨大な数絡み合って複雑にみえるだけ。

そこをうまく自分好みにアレンジしてる少数の賢い人が

見えないルールつくってるだけ。

 

では具体的に「私の私のため自分おもてなし」術を書きます。

 

私は自分のおもてなしのプロ:住環境を最高の状態にする

 

金持ちがやたら高級ホテルに泊まって過ごすのも

メイドさんやお手伝いさんを雇って家事を外注するのも

目的は1つ。

 

「快適な空間に身を置くため」

  • 環境は人に影響する
  • 環境は自分をとりまく空間
  • 自分がいる空間が自分に多大な影響を及ぼす

 

 だから私がやるべきことは

「自分が心地いいと思う空間を自分に提供すること」

 

自分が過ごしたいリビングは?

自分が過ごしたい寝室は?

自分が心地よいキッチンは?

自分が心地よいトイレは?

 

自分はどんな食事を食べたい?

自分はどんな香りが好き?

自分はどんな音楽が好き?

自分はどんな本が好き?

 

自分で自分に用意してあげればいいよ。

 

私は旅行サイトとかみて

高級ホテルのお部屋をみては

「いつか泊まりた~い」ってめっちゃ思うので

ホテルの部屋を参考にしているよ。

 

寝具はこまめにあらって

毎日掃除して(※時々はさぼってOK)

部屋を好きな本で本棚いっぱいにして

好きなルームフレグランスをカーテンや

寝具にシュッシュッとしているよ。

 

f:id:mousoumajyo:20180831133756j:plain

 

 

 

 

特別な日は盛大に最高のおもてなしを自分に贈る

 

ひとりで過ごす特別な日を

「どうせひとりだから」と手を抜いてはもったいない。

 

もともと今日という日は誰もが「自分の為にある1日」なのだから。

特別な日でなくとも大事にした方がいいけど

特別な日なら「特別なおもてなしすべき」でしょう。

 

「どうせひとりだから、面倒だし」で過ごすことに慣れると

誰かと一緒になっても「面倒だし」という思考が根付いてしまうよ。

これホントに!

 

自分自身に手間を惜しまずおもてなしできると

一緒に過ごす人ができたら、その人にもおもてなし楽にできるよ。

 

コツはね

「これ好きっ」

「これ気分あがる!」

「これ面白い」

「これ美味しい」

ってものたくさん集めるといいよ。

 

おもてなしの引き出しを増やして

中身も充実させるの!

 

大事なのはその集めたネタを掛け合わせて

想像力豊かにおもてなしすること。

 

 

誕生日にひとりで過ごすとしてもホールケーキを買う

 

誕生日だって

クリスマスだって

手をぬかないのだ!

 

だって私はイベント好き。

 

浮かれていい日、

調子のっていい日、

自分が主役になっていい日、

存分に楽しもうではないか!

 

ということで

私がもうすぐやってくる誕生日を前に

今、気になっている誕生日ケーキたちを紹介しよう!

注文殺到中らしいので心配だけど。

 

 

 

 

最高級!誕生日ケーキを全国宅配【カサミンゴー】

 

 

 

 旨そう過ぎる!!!

そして使っている材料はどれも高級品なのに

おひとり様~2人くらいにちょうどいい

直径15cmのケーキはホールで4,000円台と割とお得!

 

 

  

最高級洋菓子木苺チョコケーキ15cm&ザッハトルテ12cm

 通常8,000円がセットで⇒7,100円・・・・食べたい。

でもさすがにひとりじゃ2個のケーキは多いね(^^;)

 

さいころから

誕生日やクリスマスといった特別ハッピーな日に

ホールケーキ食べてきたので

今でもホールケーキを買って食べると最高に贅沢な気分になるのです。

 

これにワインあれば気分最高だわ。

あと好きな映画とか音楽とかね。

 

自分へのプレゼント習慣はプレゼントの達人への近道

 

私、人へのプレゼントに剥げる程なやむタイプなんですよね。

f:id:mousoumajyo:20180831141330p:plain

それって

今まで自分に「ちょっといいモノ」プレゼント全然してこなかったのが

一番の原因だと自分では自己分析してみて思っている。

 

プレゼントって

「自分では普段買わないけど、貰ったら嬉しいちょっといいモノ」

が一番うれしいと思うんですよ。

 

もっと言うと

毎日の生活で使うちょっといいモノが最高だと思っている。

役立つし、毎日の生活の質がアップした気にもなるから。

 

最近の私で言えば

美容ブログ書いているので

だいぶお肌にいいもの、健康にいいもの、

オーガニックコスメなど詳しくなってきたので

プレゼントしたいものリストも充実してきた。

 

 

 

◆男女共にプレゼントにおすすめオーガニックブランドサイト

 

英国発ナチュラルアロマケアCOWSHED

 

 

dokujyolife.hatenablog.jp

 

 

安心と信頼のスキンケアブランド【WELEDA】

 

 

 

ナチュラルコスメ シンシアガーデン

 

 

40beautylife.blog.jp

 

 女性へのプレゼントに悩む男性にも参考にしてほしいです。

 

誰かを楽しませたいなら、まず自分を楽しませることから

結局ね、

自らいろいろ発信している人が

世の中で人から求められている人なのです。

いろいろ観察してわかった。

 

面白いこと発信したり、

楽しい話題提供したり、

人に考える種となる話題をたくさんまいたり、

そういった人のところに人は集まるし

これからの時代より成功していきそうだよね。

 

そのためには

自分が本気で楽しい、楽しむ人でないと

下心ややましい気持ちで「楽しませる人」は

いずれ相手されなくなると思っている。

 

では、誕生日まで41才を満喫しようと思う鋼鉄のメンタルプロ独女みつまるでした。

 

またね~今夜の深夜映画部は「ソウ6」ですよ。

 

ソウ6 (字幕版)

ソウ6 (字幕版)

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村