プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【映画】蜘蛛の巣を払う女~感想:話も画もすべてが美しい~怒りと悲しみの黒×赤

蜘蛛の巣を払う女 (字幕版)

とても面白かった!

とても美しかった、ストーリー展開も画の作りこみも☆

 

 

 

 

 

【映画】蜘蛛の巣を払う女~あらすじ

無知な私は知らずに観たのですが

「ミレニアム」シリーズのドラゴンタトゥーの女ことリスベットが主人公で、

今作の始まりは「彼女の幼少期」が描かれています。

あらすじを知らずして見た方が楽しめる、と思うので

(必要な方の為にさっくりと)

 

冬のストックホルム

厳しい冬の寒さと雪降るが見せる姿は

どこか冷たく閉ざされた世界のようで…そして美しい

 

大きな館で父と暮らす少女姉妹

ある日、父に呼ばれ「父の寝室」へ

大きなベッドに座り姉妹を側に呼び寄せる父…

妹の手をとり逃げ出す姉、

追い詰められた姉妹はひとりが崖から飛び降り雪の中へ

もう一人は父の手の中へ

 

それから16年後

 

天才ハッカーのリスベットは

財力や暴力など力で女性達を支配、傷つける男たちから

彼女たちを解放し、男から力を奪うため暗躍していた。

 

そんな彼女の元にハッカーとしての彼女の才能を見込んで

とんでもない依頼がやってくる。

アメリカNSAから”私が開発した”ファイアーフォールを取り戻してほしい」

というものだった。

 

開発者であるバルデルは「騙されて開発させられた」といい

とても危険なシステムなので取戻し破棄したいと…

 

この依頼を遂行し見事データを取り戻したリスベットだったが

そのせいでNSAとこのデータを狙うマフィアから命を狙われることに。

 

そんな追って追われての闘いの中で

リスベットは思わぬ過去の因果の糸に囚われていく。

 

 

◆彩度を抑えた灰色の世界に「黒と赤」が生える

たぶん、リスベットとその妹が見ている世界

ふたりから見える世界があの彩度の低い「灰色」な世界なんだろう。

 

そんな中でリスベットは黒に身を包み

過去とサイコ親父に復讐するかのように

「悪と戦う闇」として生きている。

いわば黒い戦闘服に身を戦いの中暮らしている。

 

また彼女を取り巻く人々も「闇」の霧に包まれているような人ばかりで

やはり彼らから見た世界もあの低彩度の「灰色」世界なんだろう。

 

そんな中、ひとりこの世界で異質な「真っ赤」な服に身を包み登場するのが

リスベットの生き別れた妹なのだ。

彼女が身に纏う赤は「彼女かこれまで殺した人たちの血」であり

同時に「自分を捨てて父から逃げた姉への復讐の炎」でもある。

それにもう1つ、16年間たったひとりで

父のおぞましい屈辱に耐えた彼女の流した血の涙かもしれない。

 

そんなわけでこの映画は「黒い女」と「赤い女」の因縁の物語が

美しい画で紡ぎあげられている。

 

◆蜘蛛の巣=ネット&人の因縁

原題が「The Girl in the Spider's web」なので

リスベットが捕らわれている家族の因縁

  • 「クモの印」のマフィア一家(サイコな父と後を継いだ妹)
  • 父からの虐待の記憶
  • 父を選んだ妹への怒りと妹を救えなかった悲しみ
  • 血塗られた一家の記憶

のことで、これを「振り払いたい」だろうなと思ったのですが

 

彼女の闘う姿を見ていると

もっと「クモの巣に囚われた多くの人たち」を救うべく

人が捉えられている多くの因果の蜘蛛の巣も払っているようです。

 

あと、元々が「インターネット」の「ネット」は

蜘蛛の巣からきているので「ネット内で戦うハッカー」として

彼女が祓っているネット内の「悪の糸」も指しているんでしょうね。

 

こわいぁ、ネットも人の因果の糸の絡まりも。

 

◆高レベルの頭脳戦×肉体戦

これ、めっちゃワクワクしますよね。

しかも凄い高レベルな頭脳戦を描いているのに

ちゃんと無知な私でもその凄さがわかる程度に

ポイントを絞って見せてくれている(これだよ映画って!)

 

肉体的な攻撃もけっこう激しめです。

なんかこの人…顔の皮膚感おかしいな…整形しすぎ??

なんて思っていたら、次の瞬間驚きの映像が!!

 

他にも、彼女たちが父からどんな拷問・虐待にあってきたか

示唆するようなシーンも多く…ギャーってなります。

 

こういった映画や小説がこの先も製作され続けますように(願)

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ