プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【映画】ガール・オン・ザ・トレイン~感想:幻覚と現実と記憶の間で揺れる女たち

ガール・オン・ザ・トレイン (字幕版)

恐ろしい、けっこうリアルに恐ろしい話じゃないだろうか。

辛い現実から逃れるために酒を飲み、記憶をなくしてしまう。

記憶に無い間の自分の行動をどこまで信じられますか?

 

 

 

原作はこちらの小説だってよ~

 

なんで「ガール」なのか?

映画を観ながら考えてみてほしい作品です。

 

 

◆映画:ガール・オン・ザ・トレイン~あらすじ

毎日同じ通勤電車に乗り

別れた夫が新しい妻と暮らす家(元は自分が暮らしていた家)を

車窓から覗き見ることがやめられないレイチェル…

 

レイチェルは長い結婚生活の中

夫との間になかなか子供ができないことで悩み

酒を飲んでは暴れ、記憶をなすようになり

遂には彼の上司の家でのパーティーで暴れ

夫は会社を首になってしまい、これが決定打となり離婚。

 

夫には新しい妻と生まれたばかりの子供がいる、

自分が持てなかった「夫の子」と自分が失った生活への思いに

引きずられるように彼の家族へストーカー行為をしてしまうレイチェル。

 

そんな彼女はある日、

電車の車窓から近所に暮らしていた憧れの夫婦の奥さんが

夫とは別の男と抱き合いキスしている姿を目撃してしまう。

 

憧れてた気持ちを酷く裏切られた気になったレイチェルは

あらゆる怒りの感情を不貞妻メガンに向けてしまう。

 

しばらくするとメガンは姿を消し、夫から捜索願が出されニュースにもなっていた。

酒に酔いメガンを付け回していたレイチェルは朝目を覚ますと

服や手に血をつけていたがメガンに接触後の記憶は失っていた。

 

警察の捜査の手がレイチェルに迫る中

彼女はメガンの帰りを待つ夫へ「妻の裏切り行為」を教えに行く。

 

メガンの失踪がレイチェルと元夫トム、彼の新しい妻アナ、

そしてメガンの夫を繋げていき、思わぬ現実が見えてくることに…

 

※以下、ネタバレありの感想・考察となります

 

◆幻覚と現実と記憶の間で揺れる女たち

彼女たちが見ていた「現実」が徐々に姿を変えていきます。

  • 不妊から酒浸りとなりすべてを失ったレイチェル
  • 離婚後すぐにレイチェルの元夫と再婚し子供を産んだアナ
  • 「近所に住む理想の夫婦」に見えたメガン

それぞれに「女として悩み」を抱え苦しんでいました。

不妊」「不倫・妊娠」「子を失った過去・妊娠の恐怖」

加えて『支配的な夫』という恐怖と不安…

 

このような中で彼女たちは

見たくない現実から目をそらし、何かに依存し、

なんとか「幸せ」の形を保とうとするのですが

どんどん失われていってしまうのです。

 

ホントに3人とも

幻覚と現実と記憶の間で不安と恐怖を抱えて揺れ続けている。

最終的には「夫」や依りかかっていた「男」に向けていた目を

自分に向け直すことで「解放」されていきます(;;)

 

◆なぜ「ガール」なのか?

出てくる3人の女性はみんな大人の女性です。

結婚も経験し、自分の家庭も持った大人の女性達。

 

電車にいる女性はレイチェルだけですが

ガール・オン・ザ・トレイン」は

車窓から見える家を眺めては勝手に妄想を膨らませ

現実を見ていた彼女はまさに「現実を知る前の少女」ってことなのか?

 

メガンも17才の頃の記憶に囚われていたし、

アナもトムが女好きで社会でも有名なクズと知りながら

レイチェルから奪い今は妻の座に囚われてたし…

 

みんな実は年齢は重ねていても

「少女のまま」で精神的に自立ができていないということかも。

守ってくれる、愛してくれる「夫」「男」に依存しちゃうよね。

 

ただ、現実が見えてからの「女」は強かったっす!

やっぱ、大人の女は超現実主義なのかもしれません。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

 

 

ミッドサマー(字幕版)

ミッドサマー(字幕版)

  • フローレンス・ピュー
Amazon