プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【千葉推し】BBAガイドの「柏市」案内~柏市東部の休日散策におすすめスポット

f:id:mousoumajyo:20211107154608j:plain

「千葉県はいいぞ~」適度に都市化、適度に田舎もあり

山も海も川もあるぞ~美味しい地産品もたくさんだぜ~

ということで「柏市の東部エリア」案内いきますよ~

 

 

「千葉の渋谷」と称される(?)柏市ですが

私としては渋谷っぽい柏市ではなく

柏市らしい柏市」を楽しんでほしいと思います~

その街の歴史と文化と景色を楽しむのがおすすめよ☆

 

その点でいうなら、、柏市東部は見どころ満載です(^^)

では、休日街ブラへGO!

 

 

おすすめ①道の駅 しょうなん~ぐるっと手賀沼めぐり

まずは無料シャトルバスが便利な

【道の駅 しょうなん】へGO!

◆道の駅 しょうなん公式サイト

道の駅 しょうなん ~手賀沼のほとりでホッとするステーション~

 

JR柏駅西口から無料シャトルバスでとるってよ~

道の駅しょうなんにはレンタサイクルもあるので

周辺をサイクリングで楽しむのもありや~

 

すごく大きくて奇麗な道の駅なので

ご当地の名産品を買うもよし、レストランで食事を楽しむのもよし

トイレ休憩やパンやソフトクリームを買ってほっと一息にも良しです☆

 

そんで、もってこの道の駅のすぐ側から

【ぐるっと手賀沼巡り遊覧船】に乗れます(要予約)

手賀沼遊覧船公式サイト

道の駅 しょうなん “手賀沼納涼船”や”収穫体験”・”蓮を使ったワークショップ”など…「ぐるっと!手賀沼めぐり!」始まります!

蓮の群生地を進むクルーズですよ~(ただし期間限定運行よ)

 

一面の蓮の中を進む景色はまるで…極楽浄土や~

 

遊覧船は季節・期間限定運行ですが

多くの文化人・俳人を魅了した手賀沼の景色は

いつ行っても拝めますからね~

手賀沼周辺を歩くも良し、レンタサイクルするも良しよ~

 

おすすめ②柏市郷土資料展示室(柏市沼南庁舎内)

日本各地の歴史と文化に触れる休日体験推しなので

是非とも「柏市郷土資料展示室」へ行ってほしい☆

 

JR柏駅から東口5番バス亭より東武バス

「沼南庁舎バス乗継場」下車徒歩1分

 

9時~15時30分(見学無料)

※月曜、年末年始はお休みです

 

柏市に関する歴史・文化資料の常設展示だけでなく

定期的に内容が変わる企画展示コーナーもあるので

1度だけでなく2度、3度と楽しめます(^^)

 

おすすめ③旧手賀教会堂

住所:柏市手賀666-2

アクセス:JR柏駅より東武バス「布瀬」行きに乗り「手賀」下車で徒歩5分

 

明治初期に建てられたギリシャ正教の教会堂で

千葉県の文化財指定の歴史ある建築物です。

 

「教会堂」ですが、その外見はまったく「教会」に見えません!

でも、中に入ると確かに教会なのです(不思議な感覚)

パッと見はどう見ても「かやぶき屋根の古い古民家」なのです(^^;)

 

おすすめ④龍光院・将門神社

◆公式サイト

まんだらてき遊観亭 -- 真言宗豊山派 龍光院 弘誓院 - 将門神社 - 柏湖南聖地公苑 柏ひがし聖地公苑 -- 葬儀 法要 お墓の御相談 千葉県柏市

 

東の地に新たな国を築いて王となっていたかもしれない男・平将門

武士の時代の祖のようでもあり、有能な政治家でもあり

今もってその名は全国に知られている。

 

けっこう民から愛されてた印象っす☆

 

境内には将門の伝説を秘めた地蔵堂があるよ。

将門の三女がここに将門と地蔵を祀ったのがはじまりらしい。

 

おすすめ⑤柏しょうなん夢ファーム(アスレチック)

◆公式サイト

www.yumefarm.jp

 

1日自然と共に遊べるスポットだよ~

と、千葉の自然で遊び倒すぞ~って日のお出かけにピッタリ!

 

おすすめ⑥手賀の丘公園(溢れる自然そのままに)

こちらは自然をそのまま生かし、楽しめる公園です~

アスレチックが充実!難易度:簡単~難関まで

15のアスレチックフィールドがあなたを待ってるよ~

 

キャンプ・BBQも楽しめるよ☆

恐竜滑り台とか…市の本気を感じられます。

 

住所:柏市片山275

 

◆たくさん歩いて・体を動かして楽しむ休日に

たくさん歩くいて、体を動かして楽しむ休日に

柏市東部散策おすすめです~☆

 

 

 

 

次回は柏南部・レイソルの地元で寺社巡り編だよ~

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村