プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【使えるドラマ英語】「なら、この件に関する弁明の余地はないな」

f:id:mousoumajyo:20220204143213j:plain

シェルドンの追及は続く(しつこく、厳しい)

友達であっても過ちを許さぬ、この姿勢!

 

 

英語耳作り、日常英会話慣れにおすすめの海外ドラマ

 

シーズン⑫まであって、ずっと面白いので長く英語に触れられるよ~

メインキャラの英語のクセにも慣れてくるからおすすめです。

 

プライムビデオで視聴できる方はこちら

 

今日のフレーズはシーズン②の第4話から

傲慢と友情の法則

 

ペニーがラージとパーティーへ…

そんな2人のことが気が気ではないレナード

 

夕飯の買いだしで

うっかりシェルドンのオーダーをミスってしまい

シェルドンから厳しい追及を受ております(^^;

 

いうても親友なのでシェルドンもレナードの気持ちを察し

「ラージとペニーが今夜ベッドで関係を持つか心配で こんなミスを?」

と一応確認の質問をしてみたのですが

 

これに対しレナードは

「2人はそんな関係にならないよ」と返します。

 

ならば!とシェルドンは心置きなくレナードのミスを責める(^^;

Then there's no excuse for this chicken.

(なら、弁明の余地はないな)

 

チキンの切り方のオーダーミスか、確認不足か…

とりあえずチキン1つをとってもシェルドンは厳しいのです。

 

本当の親友って「厳しい対応」できる間柄なもんですなぁ。

何だかんだでレナードとシェルドンの関係、羨ましいです☆

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村