プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ第16首~④オホトマトヒコ オホトマトヒメ(解読)

f:id:mousoumajyo:20211215161549j:plain

どんどん、先に行くぞ~

今回は第16首の最難関部分の解読や~「オホ」に関わる部分苦手(^^;

 

 

 

カタカムナ第16首を詠む

f:id:mousoumajyo:20211222145445j:plain

声に出して詠もう~なぜなら「音の響き」に現象作用あるからな~

 

カタカムナ第16首】

アメノサツチ クニノサツチ

アメノサギリ クニノサギリ

アメノクラト クニノクラト

オホトマトヒコ オホトマトヒメ

トリノイハクスフネ オホケツヒメ

 

「アメノ・クニノ」対なる3連の後は「オホ~」がきた~

「オホ」がかかる部分は難解なんや…

 

◆「オホトマトヒコ・オホトマトヒメ」音の示し

「オホトマト」のヒコとヒメなんで一気にいくぞ~

f:id:mousoumajyo:20211223161547j:plain

  • オ(奥深く、広がる、環境、生命の源と繋がる間・世界)
  • ホ(正反発生+親和重合、引き・離す、ほぐれる、思念、循環エネルギー)
  • ト(重合、統合)
  • マ(間、真、空間、現象の間、受容、需要)
  • ヒ(根源から出入る、ひとつの、最初のフトマニ・フトマリ、ヒ粒子)
  • コ(転がり出入、繰り返し、回転運動、働き・動き)
  • メ(思考、指向、芽、渦の目)

では、音を重ねて「コトバ」にして解読を進めていきましょう。

◆「オホト+マト」とは

生命の源と繋がる現象化の場=その環境(オ)の

正反発生・親和の引き合い離れる性質(ホ)を以って重合(ト)を

繰り返すことで、現象化の間(マ)に統合する(ト)力(ちから)

 

生命の源と繋がる空間と現象化の空間の持つ

正反発生・親和重合を繰り返す性質と生成させる現象物を真に統合する力

というのを示しているようです。

 

「場の力」「環境の力」とで言った感じでしょうかね。

これは「場に働いている力」であり「場の性質」ともとれそう(^^

「場が性質を持つ」ことが、見方を変えると「場の意志」に見えるのかも

ここ興味深い!!

 

う~ん、やはり「オホ」関係は難解だ…

 

◆「ヒコ」「ヒメ」とは

何度も出てきている「ヒコ」&「ヒメ」のペア

「アメ・クニ」くらい一緒に登場しますよね(^^;)

 

現代語で考えると

  • アメクニ⇒天地
  • ヒコヒメ⇒彦・姫(男女)

カタカムナではどうなるかというと

根源の力が変還して「ヒ」の粒子(コ)となり、

それが潜象・潜在の力として目には見ないが

秘め(ヒメ)られるということらしい。

 

またヒコは粒子化であり回転運動・振動するヒの力を示し、

ヒメは「ヒ」の粒子に「芽」があり「思考性」を持ち、

それが「指向⇒進むべき方向性」を持ち、「ヒ」の力の渦の目になるつーてますわ。

 

◆日本神話における「オホトマト」の対なる神

「オホトマト」の彦と姫はどんな神さまなのかというと、

”山で迷うことを神格化した神”だそうです~

 

ほほ~、興味深い…

これって「オホトマト」が「場の力、性質」を示すという

カタカムナ解読とピタリと合ってきますよね。

 

「山の磁場」をさしているのかもしれません。

こっちの【ゆっくり解説】動画は要チェックですよ!

カタカムナが説く「生命のハジマリ・イ粒子=電気粒子」を理解するのに必見


www.youtube.com

 


www.youtube.com

 

話は変わって、日本神話って「山で迷う事」まで神格化ってすごくないっ⁉

感性が豊かすぎるのか、本当にそういう神がいたのか…

 

ホワイトホールやワームホールスターゲイト

文明そのものごと移動しただけで

日本にももの凄い古代文明がいくつか存在した予感がします。

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村