プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ第16首~⑤トリノイハクスフネ(鳥之石楠船神=神の乗り物)

f:id:mousoumajyo:20211215161549j:plain

あの神事に登場する鳥型の船のことか!?

カタカムナの「トリノ」が何を示しているのか、ワクワクしますぞっ

 

 

 

カタカムナ第16首を詠む

f:id:mousoumajyo:20211222145445j:plain

音の響き、素粒子の振動を感じましょう☆

 

カタカムナ第16首】

アメノサツチ クニノサツチ

アメノサギリ クニノサギリ

アメノクラト クニノクラト

オホトマトヒコ オホトマトヒメ

トリノイハクスフネ オホケツヒメ

 

トリノ」きた~、「イハ」きた~☆

 

◆「トリノウハクスフネ」音の示し

f:id:mousoumajyo:20211223161547j:plain

  • ト(重合、統合)
  • リ(離れる、分離、対向発生)
  • ノ(時間をかける、変還する)
  • イ(最初の最小のハジマリ・生命粒子、伝わるモノ、陰)
  • ハ(正反、引き合う)
  • ク(引き寄る、自由な)
  • ス(一方へ進む、渦の持つ推進力、透けた目に見えぬ状態)
  • フ(増える、ふたつ、負)
  • ネ(根、充電、満たす、地中・潜象からエネルギーを受ける)

ここから、

カタカムナ文字が示す「音の纏まり」が示す

言葉を追って解読を進めていきましょう☆

 

◆「トリノ」とは

トリノ」とは変還を続け、現象・現象物を創造する「根源の力」の

関わり変化の様子をさしている言葉です~

  • ト(重統合)
  • リ(分離・対向発生)
  • ノ(変還する)

この「トリノ」が力の関わり・変還の基本になっております~

 

”潜象カムの根源力「カ」が「タ」して

アワナギ、アワナミ、ツラナギナミ」となって

アメ&クニのサツチ、サギリ、クラトとなって

オホの重合によりマに統合する力をヒメて

「重統合(ト)・分離発生(リ)・変還(ノ)」して”

イハクスフネになるよ~

 

って云うてます~♪

 

◆「イハ+クス+フネ」とは

あらゆる生命・現象を構成する「根源の力」を秘めた

最初のハジマリ=生命・現象粒子「イ」が正・反(ハ)発生して

自由な進行性をもった目には見えない透けた状態(クス)のその粒子が

ふたつの根(フネ)となり

※「オホケツヒメ」に繋がっていく

 

「イ」は生命体を構成するハジマリであり、電気粒子を指しているんです。

「イハ」は電気粒子の正反なので「+」「-」の電荷をもった粒子ってことかな。

 

「イ」は発生した時に既に

「カ」の多くの関わり・変還を経ており

そこには進む方向性・変化性や性質が秘められているわけです。

(すげぇ!)

 

◆日本神話における「トリノイハクスフネ」

日本神話における「トリノイハクスフネ」が何を示すかというと

鳥之石楠船神』という神の乗り物(船)の神なのです~

 

また大きな鳥のような姿のこの神の船(神の乗り物)は

天孫族のトーテムの「鳥」ではないかといわれているそうです。

 

鳥…が部族の象徴…これは世界各地の古代文明縁の民族に同じですね。

興味深い!

 

 

 

やはり、神の船は「飛ぶ」のですな。

つづく

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村