プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【日本の古代謎解き】カタカムナ第16首~②アメノサギリ クニノサギリ(解読)

f:id:mousoumajyo:20211215161549j:plain

じゃん、じゃん行こう~第80首までの道のりは遠い

 

 

カタカムナ第16首を詠む

f:id:mousoumajyo:20211222145445j:plain

行くぞ~声にだして歌を詠もう!

 

カタカムナ第16首】

アメノサツチ クニノサツチ

アメノサギリ クニノサギリ

アメノクラト クニノクラト

オホトマトヒコ オホトマコヒメ

トリノイハクスフネ オホケツヒメ

 

またしても「アメノ:クニノ」の対なる句やで~

では行ってみよう!

 

◆「アメノサギリ」音の示し

f:id:mousoumajyo:20211222145856j:plain

  • ア(感じる、生命、現象化)
  • メ(思考、指向、芽、渦目)
  • ノ(時間をかける、変還する)
  • サ(遮る、差、現象からの干渉)
  • キ(エネルギー、気、発生、出現)
  • リ(離れる、対向発生)

今回もカタカムナ文字の示す通り「アメノ+サギリ」で解読を

◆「アメノ+サギリ」とは

アメノサギリ=アメがノしてサギリとなる

⇒アメが変還して、生命の力を秘めた超極微粒子となり

 その粒子に秘められた力の差が「氣・エネルギー」となって対向発生する。

 

”根源の力を秘めた生命の芽・思考の芽「アメ」が変還して

アメの力を秘めた極微のエネルギー粒子の霧となって発生する”

こんな感じかな(今の私の理解)

 

◆「クニノサギリ」音の示し

  • ク(引き寄る、自由な)
  • ニ(定着、圧力)
  • ノ(時間をかける、変還する)
  • サ(差、遮る)
  • キ(気、エネルギー、発生、出現)
  • リ(離れる、対向発生)

ふむふむ、カタカムナ文字の示し「クニノ」+「サギリ」で解読を

◆「クニノ+サギリ」とは

”アメノサギリが更にクニノサギリとなる”ってことかな。

 

  • クニノ=自由に引き寄り定着し、変還して⇒多種多様な粒子が大きく纏まり
  • サギリ=クニノで生まれる「サ」から根源の力を秘めた生命エネルギーが(霧のように)発生する

こんな感じかな。

形を成す現象化の力の働き「クニノ」によって

生成される現象物の中には「アメノサキリ」が秘められてるんですな。

 

◆「アメノサギリ」と「クニノサギリ」の違い

「アメノサギリ」で一塊、「クニノサギリ」で一塊で意味を考えてみると

  • アメノサギリ(現象界の空間に霧のように漂う潜象の生命エネルギー)
  • クニノサギリ(現象物の中に発生する潜在の生命エネルギー)

こんな感じなのかな~と。

アメ・クニが「天地」を示すことから、「雨・土」には根源の力が変還した生命エネルギーが込められているってことかも。

 

私の体内にも大気中にも、カタカムナの「カ」の生命力(生命の氣)が霧のように発生しているということだろう(たぶん)

 

◆日本神話のアメノサギリ・クニノサギリ

大山津見神とノヅチの神により生まれた「霧」の神で

対を成しております~

なんでも、境界線の守護神だそうで

俗世と神域の境目を守っているそうだよ~

 

なるほど…我々人間が暮らす「葦原中国」には

天と地の2つの境界線があるのかもしれない。

天界と地中(地球の内側)はそれぞれに神域なのかもね。

だから我々は「中津国」らしいφ(..)メモメモ

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村