プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ第17首~①カムナガラ(カム+ナガラ)解読

f:id:mousoumajyo:20211215161549j:plain

カタカムナ文献「ウタヒ」の解読の続きいくよ~

やっと第17首まできた(まだまだだぜ~)

 

 

なんで「カタカムナ」に興味もったか?とか

いつもの前置きはすっ飛ばして、解読いくぞ~

 

 

カタカムナ第17首を詠む

f:id:mousoumajyo:20220110140139j:plain

文字より先に声音語があったはずなので

是非とも声に出して音の響きを感じてほしいっす☆

 

カタカムナ第17首】

カムナガラ  トヨヒ カミ アマウツシ

ヤホ トヨノ ユツ イキ フタネフタハシ

ウキフ ツミ タカマカ カヅムスヒ ヌシ

カタカムナ マカハコクニ ノ ヒトツカタ ツミ

 

出だしの「カム ナガラ」という言葉(音の響き)は

何度も登場するので重要な部分なのです~♪

 

実は「古語」としても残っている言葉なんです~

 

◆「カムナガラ」一音一音の示し

f:id:mousoumajyo:20220110140850j:plain

  • カ(カム界の根源の力、はじまりの力)
  • ム(広がり、無、地下、蒸す、6)
  • ナ(核、重要なもの、何回も、変化・多様性)
  • ガ(カと同意)
  • ラ(場、関わる、まっさら)

 

一音一音の音の示しから

音を連ねて「言葉」にして解読を

 

◆「カム+ナガラ」とは

カタカムナ文字の示しを見れば「カム」で一字、「ナガラ」で一字となっています。

では「カム+ナガラ」でどんな意味を示しているのでしょうか?

 

●「カム」=潜象界+その力

何度も出てきていますが「カム=潜象界」を示す音ですよね。

一字一字の示しからも「無限に広がる潜在の根源力」こんな意味を読み取れます。

 

「ム=無」が示す世界って「何も無い」のではなく

「有限」「有形」の反対にある「無」だと思うんですよ。

もしかしたら余剰次元にある力かもしれないし、

暗黒物質・暗黒エネルギーかもしれないし、

我々が知る「宇宙空間」の影であり、

宇宙空間をつくり出してる根源かもしれない。

 

だから、とにかく今は「潜象カム界+その無限の力」と捉えておく。

 

●「ナガラ」とは

”「カム」が「ナガラ」する”とは

  • 潜象カム界の力が、重要な核となる力として現れる場
  • カムの根源力が、何回も「カ(はじまりの力)」として場に現れ

こんな感じでしょうかね。

 

カタカムナ解読の先輩方によると

「潜象カム界の根源力が力として現れ、関わりを繰り返しながら」

という示しだという指摘も(なるほど)

 

物質界も元素の「関わり合い」によって

多種多様の物質・現象が生成されてますもんね。

 

「ナガラ=関わり合いながら」という解読…アリですなφ(..)メモメモ

 

◆古語で見る「カムナガラ」=神ながら

古語で調べると「カムナガラ」とは

  • カムナ=神の
  • カラ=素性、性質、本質

となり「カムナガラ=神のおぼしめし、神として、神代のままに」

となるんだそうよ!

ざっくり云うと「神の意志」といった感じかしらね。

 

何でも「不思議」とか「未知」「理解不能」「見えない」部分を

「神」でまとめちゃダメだと思うけど、

ここで1つ重要なことは「カム根源力に意志がある」ってことが透けて見えてくることよね。

 

カタカムナの音の示しと、

現代に受け継つがれている日本語の音の示し、

やっぱり繋がり濃いと思うんだよね。

つまり、解読のヒントはたくさん今も生きて残されてるわけだ(^^)

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村