プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【映画】フッテージ デス・スパイラル~感想:ブグールの呪いの法則がだいぶ理解できる2作目!

フッテージ デス・スパイラル(字幕版)

そういうことだったの!?

と、1作目では気が付かなかった邪神ブグールの

緻密な(?)呪いの設定がわかってきた2作目☆

 

 

前作をよ~く思い出しておかないと

ラストに「あれ??」ってなる(^^;)

続編です。

 

フッテージ デス・スパイラル(字幕版)

フッテージ デス・スパイラル(字幕版)

  • 発売日: 2016/06/02
  • メディア: Prime Video
 

 

まだ、1作目を観ていない場合は見ておいた方が理解しやすいです。

 

フッテージ(字幕版)

フッテージ(字幕版)

  • 発売日: 2014/10/01
  • メディア: Prime Video
 

 

 

映画 フッテージ デス・スパイラル~あらすじ

前作についてはこちらをどうぞ

(よくわかる…わけでもない解説)

 

dokujyolife.hatenablog.jp

 

この1作目から話は続いております。

 

DV夫から子供たちを守る為

田舎の廃教会よこの家に引っ越してきた

母コートニーと9歳になる双子兄弟ディランとザック。

 

この家に身を隠すようになってから

畑の中で十字架に張り付けられ頭に袋を被せられた3人が火あぶりにされる

という悪夢にうなされるようになったディラン・・

悪夢から目を覚ますと、クローゼットの奥の暗闇に何かの存在を感じるように。

 

毎晩の悪夢に加え、夜な夜なディランを地下室に誘いにくる

マイロという少年霊が現れるようになる。

地下室に行くと、「あの木箱」があり

あけてみると中にはカメラとフッテージ(未編集フィルム)が…

マイロやその仲間たちが毎夜毎夜ディランにそのフィルムを見せてくる。

でもそこに記録されていた映像は…

始まりは平和な仲のいい家族の日常だが

途中から一家惨殺記録に変わっていくのだった。

 

ディランはだんだんとマイロ達の誘いを断ろうとするようになるのだが

そんなディランとマイロを影から見つめるザックの姿があった。

 

一方で、オズワルト事件の副保安官は職をはなれ、探偵となり

独自に「呪われた家」の捜査を続けていた。

そして、この牧師一家惨殺事件があった「この家」にたどり着いたのだった。

 

DV夫からの追手を追い払っい一家の危機を救ったことで

元副保安官はコートニーや息子達と親しくなっていく。

 

一緒に呪いについて調べているジョナス教授の助手に呼ばれ

大学を尋ねると、ブグールの呪いについて新たな情報を得るのだった。

 

フッテージの箱を開け、次の家に移ると一家惨殺の呪いが実行される”

ということを突き止めていた元副保安官だったが

彼が大学から戻ると、一家はDV夫により元の家に連れ戻されてしまった後だった。

 

家を移ったことで

一家にブグールの呪いが襲いかかる。

元副保安官は車を飛ばし助けに向かうが…

 

※以下、ネタバレ有の感想・考察いきます

 

「呪われた家」ではない…見えてきた呪いの法則

邪神ブグールの呪いの法則がだいぶわかってきました。

ずっとどこか、「邪神が憑りついた家」「呪われた家」と

呪いの中心には「家」があるように錯覚していましたが

呪いを媒介するのは全く別のものであった。

 

"ビデオ(映写機)とフッテージ(未編集フィルム)"

こっちが呪い装置本体

でも今回、第二の呪い装置が登場したことで

「呪いの本質」がもっと見えてきましたぞ!

 

その前に、呪いの法則でわかっているもの「まとめ」

  • 一家が惨殺される
  • 一家の子供がひとり姿を消す(行方不明)
  • フッテージを見て次に家に移ると死が待っている
  • シンボルマーク
  • 惨殺記録がフィルムで残されている

で、私は前作では「呪いのビデオ」のような部分が核で

ブグールは貞子みたいなもんだと思っておりました。

 

んが!

今回、記録用のカメラが壊されたけど

次なる呪い装置が「アマチュア無線機」だったことと

この装置で受信記録した音声についての会話から

本当にもっと「悪魔的」なことだとわかりました。

 

大学での会話の要点

  • ある日アマチュア無線でめったに使われない周波数でピアノの音を拾った
  • 数字と叫び声とピアノの音が響く
  • 数字は座標

特に「ピアノが重要だ」という。

ブグールの呪いは暴力と死の「芸術」なんだと。

 

ブグールは壮大な芸術を創作中ということらしい(@。@;)

やはりブグールも邪神とはいえ、もともとは天界人ということだろうか。

確かにスーツで決めた姿で毎回登場するしなぁ。

 

でもBBAが注目したのは「周波数」というところ。

呪いの媒介の本体が「音や光の波動の記録」だということ。

ここが非常に興味深いのです。

時を超えて波紋のように広がる呪いの波動が記録され、

また再生される…そして新たな呪いの記録が創造される。

 

ホントにデス・スパイラルになってるやん!?

 

と、いうことでカメラをぶっ壊して一安心したのもつかの間

新たな呪いの装置が彼らの前に現れるのでした(よく出来とるで!)

 

BBAの注目点:2人の美少年

もうね、ディランとマイロがすげ~美少年なんすよ。

しかも華奢なのに筋肉美も感じるところが…天使か!?

 

古典的に「美しい」とされる

神聖なる美をまとった少年が2人も!!

 

私の中の「映画の美少年」は

『ベニスに死す』のビヨルン・アンドレセンですが

この映画の2人も凄いハイレベル美少年です。

 

ベニスに死す (集英社文庫)

ベニスに死す (集英社文庫)

 

 

 

美少年とホラー、美少年と悲劇って合うよね。

では、また~☆

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

 

 

 

 

フッテージ ~惨劇までの13日間~(字幕版)

フッテージ ~惨劇までの13日間~(字幕版)

  • 発売日: 2018/02/16
  • メディア: Prime Video