プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【独女映画部】マングラー~感想:資本家・権力者までも機械の支配下にあるという社会への皮肉

マングラー(字幕版)

ここ最近みたホラー映画の中で群を抜いて印象に残るトラウマ作品…

キング原作の「人間圧搾機」の造形も工場の描写もヤバいっ

 

 

ここ最近みた映画の中で

強烈に脳を震わす度はNo.1の作品かも…

 かなり鋭利な資本主義・資本社会への風刺が効いています…

マングラー(字幕版)

マングラー(字幕版)

  • 発売日: 2017/10/26
  • メディア: Prime Video
 

 

では、映画部・感想考察いきます。

 

 

映画マングラー~あらすじ

イカーズ・バレーという街にある

ブルーリボン洗濯工場』で多発する奇妙な事件

 

女性従業員が多く働く工場にある業務用の大型プレス機「マングル」

ある日、この工場で働く少女シェリーが作業中に手をケガしてしまい

マングルが乙女の血を浴び、

機械の中に潜む悪魔が更なる血を求め暴走し始める…

 

シェリーがケガをしたことで

プレス機の担当になったのは

長年この工場で働くフローリー。

 

フローリーは胃腸薬を頻繁に常用しており

この日も作業中にポケットから薬をとり出し

口に運んだところ…誤ってプレス機のベルトに落してしまう。

 

フローリーが薬をとろうとプレス機に手を伸ばしたところ…

機械に噛まれ、そのままのみ込まれてしまう大事故へ

マングラー [DVD]

※人を喰う意志あるマングル⇒マングラーと呼ぶらしい

マングラーとフローリーが食われているところ

 

工場のみんなでフローリーを助けようとするが

マングラーの電源を落とせない!?

フローリーはぐちゃぐちゃの遺体となって警察に…

 

この事件の捜査を負かされた刑事ジョン・ハントンは

工場の安全管理に問題はないか調べるため

捜査が終わるまで工場の作業停止を求めるが…

なぜかあれだけの事故が起きても

工場にはすぐに業務再開許可が下りてしまう。

判事と保安官が工場から賄賂を受け取っているに違いない…と

この街の腐敗を嘆くジョン。。

 

その後も工場やその周辺では

奇妙な事件が相次いで起こるのだが

工場の経営者ガートリーは「時は金なり」と言い

工場での作業を止めるどころか

より一層、生産性を求め従業員たちをこき使う…

 

工場を休まず稼働させる一方で

経営者ガートリーは工場の新入りリン・スーを気に入り

部屋に呼び出しては彼女に服従を求める(エロじじぃは元気)

マングラー [Blu-ray]

わかりにくいと思いますが、この顔がガートリー…

 

この工場の事件を追うジョンは

唯一の身内で味方の義弟マークの話から

「悪魔が宿ったプレス機=マングラー」による殺人では?

と疑うようになり、、、

 

マングラーの秘密を探るうちに

両足鉄義足のガートリーの黒い過去や

この街で今までに、

16才の誕生日に失踪する少女がたくさんいる事実…

更にはこの街を支配する大きな闇を知ることに。

 

マングラーとの直接対決の後、

ジョンに更なる絶望が待ち受ける。

 

人間の生き血を求め喰らう工場の機械マングラー

実に不気味な様相のプレス機なのです。

ドロドロな機械油の鎧に覆われ、

大きなチェーンがむき出しのマングラー

額(?)には「6」のエンブレム付だぜ~

 

この機械が何を表しているかと言えば

産業革命以降の工業化における生産性の化け物=工場機械です。

人間の道具であった機械や技術が、

その爆発的な生産性から「人間を使う」立場に。

 

機械を動かすために、機械の生産性を守るために

「人間の労働力が消費さてる」社会へ。

 

人間の汗だけではなく

人間の血、更には人間の命をも喰らっていく資本主義社会の象徴

それがマングラー

 

機械を人間の命をも喰らう冷酷な悪魔にし、

その悪魔と血の契約をして富を得る資本家と権力者…

彼らは悪魔の力の恩恵を得るために自分の体の一部を

機械に喰わせている(捧げている)

たぶん、魂を悪魔に売った証であり表現(--;)怖い

 

登場人物キャラがエグイ!

クセの強い欲の塊の経営者ガートリーを演じるのは

エルム街の悪夢5/ザ・ドリームチャイルド (字幕版)

エルム街の悪夢のフレディなのだ!

ファンハウス(字幕版)

スーツにクセ強眼鏡+両足金属で杖をついて

工場に降臨する姿…充分化け物!

 

でもどこか映画解説者の淀川さんにも似てたなぁ

 

他にもジョンは「羊たちの沈黙」の殺人鬼だし

女優たちもマングラーに指を喰われてからの表情の邪悪さヤバい。

 

アウシュビッツに似ている洗濯工場

ブルーリボン洗濯工場の入り口ゲートの看板が…

アウシュビッツ ホロコーストガス室の戦慄 FBXC-011 [DVD]

私が先日見たBBCのドキュメンタリー「アウシュビッツ」で見た

雰囲気に似ているのです。

看板も建物も…

工場の外観なんて、煙突にけむり、窓がほぼない外壁

そのままガス室+焼却場のようでした。。

 

行き過ぎた資本主義が

人間を悪魔に、国を戦争に導くという警告だったのでしょうか?

 

冨と権力持つ者たちから腐っていく社会

安全よりも、人命よりも会社の利益優先

その結果何が起きているのか

 メキシコ湾原油流出事故の実話

バーニング・オーシャン(字幕版)

バーニング・オーシャン(字幕版)

  • 発売日: 2017/08/16
  • メディア: Prime Video
 

 

「資本主義は輸入した野菜と同じ…すぐに腐る」

 この意味がわかる、実話

風をつかまえた少年(字幕版)

風をつかまえた少年(字幕版)

  • 発売日: 2019/12/01
  • メディア: Prime Video
 

 

社会の腐敗はどこからはじまるのでしょうか?

貧しい人たちが野蛮になっていくの?

富める人達は人格者かの?

じゃあ、富める人と貧しい人がいるのはなぜでしょうか?

 

そんな疑問に直球で答えをくれている映画です。

 

激辛の社会風刺なのか社会への警告なのか?

決めるのはあなたしだいです。

 

では、また~☆

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

書くことについて (小学館文庫)

書くことについて (小学館文庫)

 

 

 

 

キャリー (新潮文庫)

キャリー (新潮文庫)