プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【映画】パニックルーム~感想:富豪母娘の再出発、「大人の世界と人生はサバイバル!」

パニック・ルーム (字幕版)

やっぱり、信頼とチームワークだよね!

富豪母娘の再出発は恐怖の一夜からはじまった。

 

 

やはりジョディ・フォスターは「賢く、強いぜ~」

 

 

映画パニックルーム~あらすじ

大手製薬会社役員で有名な資産家の夫と離婚して間もない

メグ(ジョディ・ホスター)は11歳の娘との新生活のために

不動産屋の知り合いが勧めてきた

ニューヨークの豪邸を浮気した元夫に買わせ引っ越してきた。

 

この家は少し前に死去した老富豪が住んでいた豪邸で

防犯用の緊急避難用密室パニックルームがあった。

不動産屋の説明では、今 金持ちの間でパニックルーム設置が流行っていると。

 

この家のパニックルームは

  • 寝室に作られた隠し部屋
  • 家中の防犯カメラの映像が一度に見られるようモニターが並んでいる
  • 超分厚い鉄のドビラで外部からこじ開けることはできない
  • 部屋内の電話も専用回線で埋め込み式

 

この豪邸は法律上あと数日は入居してはならないはずだったが

販売業者のミスでメグ達は予定よりも早くに入居してしまう。

 

そんなことを知らない前の住人である老富豪の遺族の一人である

ジュニアがこの家のパニックルームにある「老富豪の隠し財産」を

自分のモノにするためラウールとバーナムの2人を誘い

深夜この家に侵入してきた!

 

「空き家」だからと聞いてジュニアの仲間となった

警備会社勤務のバーナムは「話が違う、俺はおりる」と言い出すが

銃を持つラウールと必死なジュニアに説得されてしまう。

 

新居での夜になかなか寝付けないメグは

ベッドから起き、パニックルームを覗くと

モニターに侵入者の姿が!

メグはすぐに事態を把握し、娘サラを起こし

パニックルームへと逃げ込む。

 

これで一安心と思いきや、

強盗の中にこのパニックルームを設計・設置した

警備会社社員のバーナムがいたことで

母娘はどんどん窮地に追い詰められていく。。。

 

隠し財産を手に入れたら、速やかに去るつもりだった

ジュニアたちの計画もどんどん狂って行き…

金の為には殺人もいとわないラウールが手にしている銃を発砲!

 

元夫も巻き込んだ地獄の一夜が母子を襲う

 

※以下、ネタバレ有の感想いきます

 

◆バラバラな強盗3人組

プロの窃盗団でもなく、親戚の老富豪の隠し財産のことを知り

欲を出したおバカなジュニアと「大金欲しさ」に仲間となった

チンピラのラウールと娘の養育費の為しぶしぶ参加のバーナム。

 

計画実行の場で初対面のラウールとバーナムの仲は最悪(^^;)

銃を所持し、乱暴な言動のラウールにバーナムは不信感を募らせる。

 

無人だからと忍び込んだ家に「住人」がいると知った時点で

この強盗チームは揉めはじめバラバラだったのだ。

そして、このバラバラな関係とラウールの銃が

どんどん状況を悪い方向へ導いていくことに…

 

◆我が子を守る為に必死になる親の強さ

強盗チームのバラバラ加減に比べ

母娘はお互いを守ろうと絆と信頼で「強さ」を発揮!

 

加えて、かろうじてなんとか電話がつながり

メグ達からの「助け」を求める声に

急いでこの家にやってきたメグの夫でサラの父が

2人を守ろうとして大ケガを負います(;;)

 

この両親の鬼気迫る姿を見て

両親の離婚からどうも世間を冷めた目で見ていた

娘サラに変化が…

 

バラバラな強盗達にくらべ

親子の絆や家族の信頼関係の強さが光る展開になっております。

 

◆娘サラが見た「大人の世界」

資産家の父がB級アイドルと浮気し

そのせいで両親が離婚、家庭が崩壊したことで

この世を冷めた目で見るようになっていた娘サラ。

 

加え1型糖尿病を患っており

この一晩で生死の狭間を彷徨います。

そんな中、病気の症状で苦しむサラに注射をし

強盗で有りながらも励まし、ラウールから守ってくれるバーナム。

 

サラはこの一晩で

  • 強盗に襲われ命の危機を味わい
  • 母の強さを知り
  • 父が自分たちの為に瀕死の状態になった姿を見て
  • 金の為に兵器で人を殺す人悪人もいれば
  • 強盗なのに必死にサラを守ろうとしてくれる人もいる

と、表面的な善悪では計ることができない

「大人の世界」と「この世で生きることは誰にとってもサバイバル」だと知ります。

 

◆バーナムの最後の選択

バーナムは逃げようと思えば逃げられる状況にありました。

警察が突入してくる前に逃げられたけど

サラの悲鳴を無視できず、家の中に戻ります。

 

バーナムはこの選択で人生を棒にふったように見えます。

手元には大金の銀行債があり、そのまま逃げていれば…

でも彼はサラとメグを救うため家の中に戻り

狂気のラウールの頭に銃を向け発砲します。

 

この判断は、最終的にバーナムを救ったのではないか?

と私は思っています。

垣間見える彼の人柄から考えると

本来の計画に無関係だった母子の命がラウールによって奪われ

自分だけ平気な顔で生きていけるとは思えないからです。

 

最悪に思える選択も

実はよく考えると「最善の選択」なのかもしれません。

ここを描きたくて作られた映画なのかもなぁ。

 

◆ラストの母子の表情

事件前の母娘の表情と、

事件後の2人の表情と距離感が全然違う!

 

あの一晩で夫(父)に捨てられた「被害者(母子)」から

困難に打ち勝った「強い母子」として自信を取り戻した感じです。

夫(父)への恨みも消えたように見えました。

 

強い意志と信念を持った人が

「人生はサバイバル」を勝ち抜いていくんでしょうね。

バーナムにも犯罪者とならない選択の機会は何度もあったからね…

 

やっぱり、ジョディフォスターは

賢く強い女性の役がよく似合うぜ~

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村