プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【独女映画部】Revenge in Kind 同害報復~感想:腐敗した社会で裁かれない罪人たちへの怒り

Revenge in Kind (Japanese Subtitles)

立証できなければ相手の罪を問えない…そんな中で

「合意の上」とされ多くの女性が屈辱を味わっている…

そんな中で暗躍する同害報復自警団のお話

 

 

ホラー色の強いジャケットですが

本編は非常にクリアに見やすい、シンプルストーリーです。

腐った社会に対する「なんでやん!」をストレートに突いています。

 

Revenge in Kind (Japanese Subtitles)

Revenge in Kind (Japanese Subtitles)

  • 発売日: 2020/09/04
  • メディア: Prime Video
 

 

スリルもサスペンすもなく

「こんな世の中、あんたはどう思う?」

「あんたなら、どうする?」

ってストレートに問いかけてくる作品です。

 

 

 映画 Revenge in kind 同害報復~あらすじ

「やられたら、やりかえす」

「やれらたことと、同じことを相手に」

目には目を、刃には刃を…これが同害報復

 

ひとりの女子大生が怯えていた…

慌てた様子で銃店に入り

「男につけられ、狙われている」と話し

護身用の銃を求める。

だが、免許もアメリカ国籍ももたない

留学生の彼女に店は銃を売ることはできない…

 

その日の夜、彼女は男に襲われ 無惨な姿で発見された。

 

この凄惨な犯罪事件を担当する刑事クリスは

なんの証拠も残さない犯人の捜査に行き詰っていた。

そこで警察所属の心理学博士サラを頼ることに。

 

だが奇妙な事件が立て続けに起こる。

何人もの女性を強姦しながらも、裁判で罪が立証されずのさばる

男たちが次々に襲われ、性☆器を切り取られ、

ひとりは殺され、もう一人は命は救われた。

 

凄惨で奇妙な事件に頭を抱えるクリスだが

サラと協力して捜査していくうちに

彼女の知的な魅力にひかれ始める。

 

どの事件の犯人も一向に捜査が進まないなか

女子留学生を襲った男が

次のターゲットを決め、また深夜に犯行におよぶのだが…

 

これらの事件を捜査していくうちに

だんだんと事件の繋がりが見えてきて…

事件の全容を知った時

刑事クリスは自身の道徳と正義感の中で苦悩する。

 

何が正しく、何が罪なのか?

 

法で裁けない犯罪者は野放しでいいのか?

“立証できない”が為に弱い女性たちは怯え続けなければならないのか?

目の前の2人の殺人犯の罪は同じなのか?

 

クリスが出した答えとは。。。

 

5人に1人の女性が被害にあっている

サラは大学でも講義しており

その中で語っていた性犯罪の現実

「昨年入学した女生徒の5人に1人が強姦被害にあっている」

原因の一つが

睡眠鎮静剤:ロピプノールだという。

メキシコでは合法で、ここダラスでは簡単に入手できる。

この薬がデート霊プに多用されているという…

 

サラは皆に警告する

“摂取するモノに注意せよ”

 

そうしてシーンが変わり、画面には

この薬を悪用して女性を襲う弁護士の姿が映し出される。

 

犯人①全身の毛を念入りに剃る男

こいつ、めっちゃ用意周到でキモイ!

犯行時に現場に自分の毛を落とし、DNAから足がつかないように

犯行前には丁寧に全身の毛を剃りあげるのだ…

 

街で気に入った女性を見つけては

車でつけ回し、家を調べ上げ夜中に侵入

そしてヘッドライトのようなカメラを装着し

自分に襲われる女性の様子を動画で撮影…

後日この動画を見てひとりで興奮。

 

サラ曰く「すべての怒りを女性にぶつける社会的病質者」

 

コイツめっちゃムカつくんですよ!

一度捕まっても弁護士呼んで、逆に女性の方を訴えるっていう極悪で糞。

 

犯人②自宅で美女ばかり面接するエロ弁護士

このスケ弁護士もめっちゃ憎らしいんですよ。

コーヒーに睡眠鎮静剤混ぜて

弁護士事務所で働くことを夢見てやってきた美女たちを

自宅で襲いまくっている変態。

 

法のプロで、自宅という密室での犯行。

自分の立場、社会的信用度を利用した悪のスケ弁護士!

 

犯人③胸糞ロデオ男

こいつ、めっちゃ胸糞クズ男!

今までも何人も女性を襲っている極悪人

 

コイツ曰く

「合意の上といえば、相手(女性側)に立証責任がある」

「彼女も楽しんだって言えばいいのさ」

ムムムムムッ

 

でも実際にこういった犯罪の裁判は

コイツの言うとおりらしい(糞が!)

 

腐敗した社会で自警人が行なう同害報復

法も警察も女性を守ってくれません。

この正義が実行されない

腐敗した制度と社会の中で罪人は野放しでいいのでしょうか?

 

「法で裁けなくとも、神は見ている」

法や警察が弱い者に背を向けようとも

被害者の怒りや恐怖は必ず形をもって現れる。

そして犯人を同害報復で裁きます。

 

ということで

犯人①~③がどんな同害報復を受けるのか

お楽しみに

 

ここで「お楽しみに」と書きましたが

報復人が犯人を処刑しながらもらしたつぶやき、

『復讐は蜜の味』って言葉にハッとさせられました。

 

私も報復人が犯人を処刑するシーンで

「やってやれ!!」って心の中で叫び興奮していたので。

 

腐敗した社会で被害者が増えていく

正義ほど悪に対する怒りのパワーになる。

だいたい、法は何の為にあるの?

法は正義の執行者ではないようだ。

 

そもそも実際に襲われた女性が

犯人の脚を撃ってなんとか助かり、

犯人がアイツだとわかった時に捕まえておけば

少なくとも2名の命は救われたのに…

 

社会の秩序も制度も機能も腐ってしまったのなら

どうすればいいのか?

被害者ばかりが増えて、悪人が裁かれないなら

どうすればいいのか?

 

同害報復人は法で裁かれるべきなのか?

「社会の目」は機能しないのか?

 

襲われた女性側が被害を訴えても

不法侵入で襲ってきた男が「同意の上」って言ったら

女性側に立証責任があるって…どうしたらいいんだ!?

 

社会が守ってくれる時代ではないのかもしれない。

自衛できる強さを身につけねば!

サラのように

 

 

 

 

 

 

では、また~☆

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

リベンジ・リスト(吹替版)

リベンジ・リスト(吹替版)

  • 発売日: 2017/10/03
  • メディア: Prime Video
 

 

 

REVENGE リベンジ(字幕版)

REVENGE リベンジ(字幕版)

  • 発売日: 2018/11/02
  • メディア: Prime Video