プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【独女映画部】「ヴァージニア」感想~アランポーの少女妻と時計台が繋ぐ7つの世界

お題「最近見た映画」

Virginia/ヴァージニア (字幕版)

エル・ファニングの美少女っぷりあってこその映画と見せかけて~

7つの異なる時間を示す街のシンボルの時計台が繋ぐ

「ある男」の7つの世界を描いた7次世界作品。

 

 

時が止まったような不思議な街で

ふしぎな住民とこの街の秘密に

魅せられていく作家の中年男性のお話です。

 

Virginia/ヴァージニア (字幕版)
 

 

魔女小説の三流作家・中年男性が

次作のネタを探しにやってきた街で

体験した不思議な体験のお話。

 

途中からエドガー・アランポーがグイグイ出てくるので

うっかりこの世界の全容を見逃すところだったのですが

ポーが消えたり現れたりを瞬時に繰り返すシーンを見て

やっとこの街が何なのかわかった!

 

 

「時間の止まった街」で見つかった少女の変死体

魔女ものミステリー作家のホール・ボルティモア

書店を回ってサイン会をしながら次作のネタを探していた。

 

彼はかつてエドガー・アランポーが泊まったという

ホテルがある街にやってくる。

この街は「時が止まったような街」で

街に住むのは老人とワケ有の若者たちで

交わりを捨てひっそり暮らしたい人が集まる街になっていた。

 

この街は過去にあった血塗られた事件の影に包まれているようでもあった。

街のシンボルの時計台は7面になっており

7つの異なる時間をしめしていて

どの時計が正確な今を指しているのか

住民さえも知らない状態というカオス。

 

珍しくボルティモアの作品のファンだという

地元の老人・保安官に「いいネタがある、次回作を共同で作ろう」

と持ちかけかれ誘いにのっていった先で

胸に大きな杭が刺さった少女の変死体を見せられ

そこから彼は不思議な体験をしていく事になる。

 

この布に包まれた少女の変死体が気になって仕方がなくなり・・・

 

夢の中でアランポーと少女ヴァージニアに出会う

次回作のアイディアに悩まされながら

眠りにつくと

夢の中で不思議な美少女ヴァージニアと出会う。

モノクロの夢の世界で出会ったヴァージニアが気になり

彼女のことを追ううちに

夢の中にアランポーが現れ彼女について語りだす。

 

夢でみたヴァージニアと

この街で過去にあった惨劇のことを調べはじめると

この街の奇妙な全体像が見えてくる。

 

そして変死体の少女の正体と

彼女を殺した犯人が見えてくる。

 

7つの時間を示す時計台が繋ぐ7つの世界

この「時間が止まった街」

正確な時間が不在なこの街のシンボル

7つの時間を示す時計台が鍵でした!

 

この時計台は作家である「彼の7つの世界」

それぞれの時間を示しているようです。

 

f:id:mousoumajyo:20191011153648j:plain

なんで7つなんだろうと思って

私なりに7つの世界見つけてみた!

 

7つの世界は全て「彼」が中心で

作家の彼が誰とつながっているか?により

成り立っているようです。

 

このことがわかったのは夢の世界でも

どうやらアランポーが在る世界と

存在しない世界が同時に存在しているようだと

わかったからです。

 

彼がアランポーと酒場で語るシーンがあるんですが

ポーが時々消えるんです。

このシーンがキーだと思います。

ポーの顔した月まで現れるしね。

 

①私(=彼)と警部(保安官)の世界

②私と変死体の少女の世界

③私と湖畔の若者ゴス集団リーダー・フラミンゴの世界

④私とアランポーの世界

⑤私と美少女ヴァージニアの世界

⑥私とボート事故で亡くなった娘の世界

 

そして7つ目が重要なのですが

f:id:mousoumajyo:20191011154343j:plain

 

この街の外の世界です。

彼にとっての現実世界。

 

あの街全体が実は「私=彼」の中の世界なのかも。

アランポーとその少女妻ヴァージニアに思いをはせつつ

次作の構想を練りながら

ヴァージニアの死にどこか自分の娘の死を重ねていたようです。

 

彼が拒否していた「娘の事故の責任」と向き合ったことに

一番意味があったのかも。

 

7つの世界は私以外の人物たちによってリンクしている

この7つの世界は彼以外の人たち同士が

リンクしており

その繋がりを通して全体もつながっています。

 

彼だけの世界で完結しそうで

そうでもないのです(^^;)

  1. 彼とアランポー⇒作家
  2. アランポーとヴァージニア⇒ポーと少女妻ヴァージニア
  3. ヴァージニアの世界の牧師と保安官⇒保守派・フラミンゴ達を悪魔信仰者と煙たがる
  4. ヴァージニアと作家の娘⇒若くして亡くなっている
  5. ヴァージニアとフラミンゴ⇒ヴァージニアにかみつき吸血鬼に
  6. 変死体の少女とヴァージニア⇒人間と吸血鬼のヴァージニア
  7. フラミンゴと変死体の少女⇒吸血鬼同士

このように世界がリンクしていて

彼が中心の世界に見えながらも

リンクした世界の中央の空洞に

たまたま、はまった人のようでもある。

 

エドガー・アランポーが恋した少女と少女妻

エドガー・アランポーの少女妻」が気になって

調べていたら・・・

27才の時に従妹の13才の少女と結婚してた!

彼女は結核で24才で亡くなってしまったそうがだ、

ある記者の証言によると二人は兄妹に近く

聖・行為はふたりの間になかったようだという・・。

ホンマか!?

どっちでもいいけど。

 

ポーが大学生の時に惚れた近所の少女も

これまた飛び切りの美少女なのだ!

どんだけ美しい少女好きやねんっ

 

映画の中のポーが語っていた。

「この世の最高の美は・・美しい少女の死である」と、

そしてその少女につて語るのは

その少女を愛した男でなければならない・・んだって。

 

大人にならずに時を止めた少女たちが

とても神秘な存在に見えるんだろうなぁ。

 

孤児たちの面倒をみていた牧師も

13才のヴァージニアの美しさに

すっかり変態じじぃになっておった・・。

 

美少女の魅力に理性で勝てない大人の男性は多いのかもしれない。

美少女達よ、護身術と戦略的思考を早めに身に着けて!!

 

ちなみにポーの少女妻ですが

ポーのスキャンダルにかなりご立腹だたようなので

本当に愛し合っていたようだよ。

兄と妹ちゃうんかい!?

 

まーなんだかんだ言っても

私もエル・ファニング目当てでみたひとりなんですけどね。

ダコタの美しさにやられてからの~

エルもめっさ美しいやん!と気が付いた組よ。

 

 

メアリーの総て(字幕版)

 

 

メアリーの総て(字幕版)

メアリーの総て(字幕版)

 

 

では、また~☆

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

 

 

 

黒猫・アッシャー家の崩壊 ポー短編集? ゴシック編 (新潮文庫)

黒猫・アッシャー家の崩壊 ポー短編集? ゴシック編 (新潮文庫)

 

 

 

美少女美術史: 人々を惑わせる究極の美 (ちくま学芸文庫)

美少女美術史: 人々を惑わせる究極の美 (ちくま学芸文庫)