プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【映画】ピエロがお前を嘲笑う~感想:面白い! 元いじめられっ子の天才ハッカーの挑戦

ピエロがお前を嘲笑う(字幕版)

面白い! 脚本凄いぞっ

話がトリプルアクセルなんだぜ~

この主演に「やられた」

 

 

とにかく、見て欲しい

極上のサイバー犯罪サスペン映画です。

 

 

 

 映画 ピエロがお前を嘲笑う~あらすじ

重要指名手配ハッカーベンヤミン

世間を騒がせ、殺人事件への関与も疑われ

国際指名手配された彼が自ら警察に出頭してきた。

 

取調室で彼はこれまでの自分の物語を語りだした。

<これは僕の物語>

ずっと透明人間でいたかった…名無しでいたかった

 

学校ではいじめられ、父はフランスへ逃亡、8才の頃に母は自殺し

祖母と暮らしていた少年期、彼はスーパーヒーローに憧れていた。

 

そんな彼は14才でコンピューターにはまり

プログラミングをマスター

ダークネットでハッカーたちと交流し

そこでハッカー界のスター<MRX>と出会う。

 

ハッカーMRXのルールは3つ

  1. 安全なシステムはない
  2. 不可能に挑め
  3. サイバー世界と現実の世界、両方を楽しめ

ベンヤミンは憧れのMRXの手法で薬局に侵入し

ハッカーの常備薬「リタリン」を手に入れて

サイバー世界での能力磨きにのめりこんでいた。

 

そんな時、ピザ屋のバイトで大学に配達に行ったとき

偶然、中学時代に好きだった「マリ」に再会する。

この出会いから彼の人生はめまぐるしく変化し始める。

 

マックス、シュテファン、パウルという仲間に出会い

ハッカーチーム「クレイ」を結成

はじめは大人や社会を嘲笑う「ちょっとしたイタズラ」だった。

でもだんだんと「クレイ」が注目されるようになり、

MRXたちや大物ハッカーの上をいくことをしたくなって…

クレイが狙う組織も大きなモノとなっていく。

 

連邦政府のセキュリティーへの侵入計画から

自体は思わぬ方向に転がっていく。

 

クレイを追うユーロポールの捜査官ハンナ、

ベンヤミンやクレイの敵となったMRX,

だんだんと迫ってくる敵の魔の手

ベンヤミンはどうなってしまうのか…

 

※以下、ネタバレ有の感想文です

 

「細部が問題、ハッキングはトリックだ」

これは出頭したベンヤミンが捜査官ハンナに語った言葉。

この言葉が実にうまく物語全体にかかっている。

 

映像にも言葉にも細部に

最後のトリックを解く鍵が仕掛けられている。

ジグソーパズルのように…

だから、ピースを集めた人ほど

最後に爽快な完成図を目にすることになる。

 

だから、気になるピースをできるだけ

集めながら映画を観ることをおすすめします(^^)

 

セキュリティの最大の欠点は人間

これはマックスの言葉ですが、こちらも物語全体にかかっている。

コンピューターやプログラムではなく

セキュリティの最大の欠点「人間の習性」を突くんだって。

「人は騙されやすく、争いを避けたがる」

この2つを利用して人間をハッキングしてほしいモノを手に入れる。

 

以下、ハッカー名言集

φ(..)メモメモ 気をつけよう

そしてこれらの言葉を胸に刻んでおこう(人生で役立つやも)

 

BBAの感想:「やられた!」

見事に私の予想は裏切られた。

ラストのラスト1カットまで何段階も

仕掛けられた罠にどっぷりはまっていた私です。

 

途中で「あ~そういうことね」って気が付いたつもりでいたら、

半ドンドン「あれ?」って蹴落とされ動揺したぜ

 

てっきりMRXってベンヤミン本人かと思っていた私だよ~

くそ~っ

 

しかもラストの1カットが

最強にかっこいいんだよ、何だよ、マジでっ

 

今の時代だからこそ観客を飽きさせない

この展開、ずっとドリフトレースみたいなこの展開に拍手

面白かったっす。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村