プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【グランド・ツアー3#2】超過酷コロンビア旅~ 日本の中古車ジープ・ラングラーでジェレミー登場

f:id:mousoumajyo:20191215170829j:plain

※グランド・ツアー シーズン3#2より

日本で乗られていたと思われる中古のジープ・ラングラーでジェレミー登場

ジープの車内にヒステリックグラマーのステッカーを貼っていた、そこのあなた!

あなたの乗ってたジープがグランドツアーで世界配信されてるよ~

 

 

自分が以前乗ってた車が

グランドツアーに参加するって・・・中古車ドリームじゃない!?

私だけの興奮??

 

とりあえず

ジェレミーが乗っているので

かなりこのジープ映像も放送されております。

しかもコロンビアの旅は2回分の放送枠をつかっての

大冒険になっているんだよ~

 

 

 パワーアップしたシーズン3の第2話はこちら

 

 

「来た・見た・撮った?コロンビア スペシャルパート1」

は「マジかよ!?」という驚きの世界の常識・その地の常識を

目の当たりにしまして・・・とってもショッキングな回となっております。

 

今日はまずは3人の旅の相棒である車と

コロンビアの旅の主旨に触れたいと思います。

 

 

おっさんずの冒険のスケールが壮大に!

コロンビアといえば・・

私にとってはこちらのイメージ・・・

「ワイルドランズ」

 麻薬カルテルアメリカの関係を負ったドキュメンタリー

登場人物はすべて本物の麻薬界の大物たち

ワイルドランズ (Wildlands)

ワイルドランズ (Wildlands)

  • 発売日: 2017/11/01
  • メディア: Prime Video
 

 

このことは置いといて

後に私が「ビックリしたこと」と関係してくるので

そこでお話します。

 

3人はボスからの指令で

「自然豊かなコロンビアでAmazon利用者たちに

よろこばれるスクリーンショットを撮ってこい」と。

 

しかもワイルドアニマルで!

ボスからの指定動物

 

そんなにコロンビアってジャングルだっけ??

と思っていたら、この景色である。

f:id:mousoumajyo:20191215172935j:plain

※GT3#2より

 

自然というのは美しく、優しく、恵みをくれるだけではなく

厳しく迫ってきたりもする

f:id:mousoumajyo:20191215173119j:plain

※GT3#2より

 

とにかく

これまでにないほど過酷なグランド・ツアーになっております。

3人の冒険が本当に週刊少年ジャンプ級になってきたよ。

 

車好きおっさんズ3人の旅の相棒車

ワイルドツアーにふさわしい車で

ということで3人が用意してきた車がこちら

 

◆ジェレミージープ・ラングラー

f:id:mousoumajyo:20191215170829j:plain

※GT3#2より

 

日本語のカーナビ、

車内にはヒステリックグラマーのステッカー

日本で乗られていた車で間違いないでしょう

とジェレミーが語る。

 

4リッター直列6気筒エンジン

8000ポンドで買った中古車

1ポンド=145円で116万円程

 

綺麗に乗られていたようで

状態はとってもよかったのですが

この旅で・・・・

 

◆メイのパンダ4×4

f:id:mousoumajyo:20191215173753j:plain

※GT3#2より

 

49馬力 780kgというコンパクトな四駆!

日本でアウトドアを楽しむのにもピッタリな1台です。

 

おっさんず3人のいざこざで

旅の途中どんどんその風貌が変わっていきます。

 

◆リチャードのトランプ・カー

f:id:mousoumajyo:20191215174059j:plain

※GT3#2より

 

リチャードが海から運んできた

謎のピックアップトラック・・・

 

98年式シボレーC/K

7.4リッターV8エンジンの四駆

f:id:mousoumajyo:20191215174358j:plain

 

このでっかさと

小回りが利かず

人の迷惑にばかりなる特徴から

ジェレミーに「ドランプ・カー」と呼ばれるように。

 

街を走れば

みんなの通行の邪魔ばかりするので

大ブーイングです(^^;)

 

ほんとに危ない道もグングン進んでいく3人

f:id:mousoumajyo:20191215174601j:plain

※GT3#2より

 

たぶん今は整備されてない橋を何本もわたり

更には車もバイクも馬も人も通行禁止の「通っちゃダメ」な

今にも崩れ落ちそうな橋も登場

f:id:mousoumajyo:20191215174754j:plain

f:id:mousoumajyo:20191215174823j:plain

※GT3#2より

 

この橋、ホントに崩れそうなんですよ。

置いてある木はパカパカ動くし

そもそもどのくらいの重量まで耐えられるのか・・・不明ですもの。

しかも、めっちゃ長い

f:id:mousoumajyo:20191215175013j:plain

※GT3#2より

 

絶対にヤバい!

歩いて渡るにしても

サイドになにもつかまるところが無いのよ(;;)

 

私が馬だったらパニック起こしてるわ。

 

このレベルが序の口の旅となっております。

 

車で冒険するなら自分で修理ができないとダメさ!

以前から薄々感じてはいました。

グランドツアーでは中古車を使って

改造したり修理しながらの旅が多い。

 

子供のころ

学校の先生が

アメリカでは車の修理は自分でできないと話しにならないぞ」

と言ってたけどこういうことか・・・

 

過酷な旅が多いってのもあるし

中古車+改造ってのもあるけど

よく壊れます。

 

しかもかなりの自然の中で。

JAFなんてっ頼れないような場所で故障やトラブル多し。

車で長距離移動するなら

簡単な修理はできないと危険です。

 

夜中に山中で立ち往生ってことも(;;)

 

3人もある程度自分たちで修理しながら

旅に臨んでいます。

 

エンジン、排気システム、など

ある程度「故障する場所」は決まってるようですね。

こういう様子をみちゃうと

電子制御が多い今の車は・・都市向きですね。

 

次回は驚きの世界の現実をお届けします。

私はビックリしすぎて固まった。

でもジェレミーもものすごく衝撃受けてたよ!

 

では、また~☆

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

 

 

 

初海外でいきなり世界一周一人旅③: 南米コロンビア・エクアドル編

初海外でいきなり世界一周一人旅③: 南米コロンビア・エクアドル編

  • 作者:インペリ
  • 出版社/メーカー: Imperial works
  • 発売日: 2014/07/25
  • メディア: Kindle
 

 

 

ダリエン地峡決死行 (わたしの旅ブックス)

ダリエン地峡決死行 (わたしの旅ブックス)

  • 作者:北澤 豊雄
  • 出版社/メーカー: 産業編集センター
  • 発売日: 2019/06/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

 

コロンビア内戦―ゲリラと麻薬と殺戮と

コロンビア内戦―ゲリラと麻薬と殺戮と

 

 

 

 

 

ケシ畑の小さな秘密(字幕版)

ケシ畑の小さな秘密(字幕版)

  • 発売日: 2018/11/22
  • メディア: Prime Video