プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【Semiotics】数と図形と法則:「3」が象徴する「三角形の法則」⑧立体模型 シード・オブ・ライフ

f:id:mousoumajyo:20210731145248j:plain

なるほどね~(実際に立体でつくるといろいろわかる)

やっとベクトル平衡体できた!

 

 

前回、立体六芒星をつくった

f:id:mousoumajyo:20210728170408j:plain

そして、

この立体六芒星を反転(逆向き)にした立体こそ、

ベクトル平衡体(=シード・オブ・ライフ 命の種)なのだ。

f:id:mousoumajyo:20210731150100j:plain

 

分かりますかね?

立体で見ると三角形の角(ツノ)の向きが

こちらは内向きになっているんですよ。

並べて見るとわかりやすいかな。

f:id:mousoumajyo:20210731150246j:plain

※立体六芒星のほうは正八面体の土台にのせております

 

この2つはそれぞれ

  • 立体六芒星(マカバ)=陽のエネルギー
  • ベクトル平衡体=陰のエネルギー

を表しているんですってφ(..)メモメモ

 

実際に「立体」で図形を表現してみると

「3」が表現・現象・物質化の基礎にあるってことが実感できます。

「4」よりも安定感がある!ということを今回 体感して学べた。

 

でも、お気づきでしょうか?

ベクトル平衡体=シード・オブ・ライフの方には

正方形が組み込まれていることを

 

3角形を基本に組み立てていくのですが

結果として正方形が構造に自然と出現してきます(^^;)

 

f:id:mousoumajyo:20210723182057j:plain

陰と陽を合わせて1つにしてこそ

<絶対なるモノ>の表現でしたよね。

なので、この2つの立体を1つにします。

お楽しみに~

幾何学立体造り楽しいのでおすすめ☆

 ⇓

※この本に作り方書いてあるよ

 

では、陰と陽を合わせた立体造り頑張ります(^^)

またね~

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村