プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【Semiotics】数と図と法則~「4」が象徴する世界~4はこの世界に”構造”をもたらす

f:id:mousoumajyo:20210907175440j:plain

「5」までは数の世界を追っておかないと

カタカムナ」の唄の内容の理解度にも影響してきてしまう(;;)

でも、うまくまとめるの大変なんや~(私が無知無能故に)

 

 

「1」「2」「3」と見てきて

「3」でやっと

物質と時間と空間が示されましたよね。

 

そんな「1~3」が示す世界に「構造」をもたらし

3次元+物質の存在を示すのが「4」なのです。

 

 

◆4つの点が描く十字が示す「方位」

f:id:mousoumajyo:20210918160239j:plain

”「4」が「1」の創造(世界)に構造をもたらす”

とはどういうことか?

 

例えば、4つの点がつくる「十字」は2本の軸を持ち

「方位」を示すのに使われますよね(^^)

 

私たちは「方位」という智慧を得たことで

星や太陽の動きを観察し、そこに法則性を見出すことができた。

方位ができたことで、この世界の存在に「位置」が生まれ

私たちは様々な存在が混在する「この世界」の全体をみることができるように

なりましたよね~

 

ちなみに、この方位を示す文字の色にもご注目下さい。

これは「曼荼羅」が示す世界と関わってくるよ~

そして、これからは是非 東西を基本とする方位認識を持ってほしいのです☆

なぜなら、曼荼羅でも各古代文明でも各宗教でも「東向き」が重要とされるからです。

(※「東向き」を頭の片隅に置いて意識してくれるだけでもいい)

 

◆4つの点が描く十字が示す「天と地」

「3」によって示された

物質・時間・空間の世界に「構造」をもたらす「4」ですから

その表現は立体であり、3次元なわけです。

4つの点が描く十字が指すのは「南北東西」だけではありません。

f:id:mousoumajyo:20210918161603j:plain

地面に立てられた十字は「天と地」を示します。

 

更に「垂直」と「水平」を示し、この智慧

地球でいえば「緯度・経度」の考えをもたらしましたよね。

天体と地球の位置関係も示されますよね。

 

物質・時間・空間に「位置と距離」が加わった!?

と、同時に存在するモノたちに関係が生まれたことに気が付きます。

 

曼荼羅五智如来が示す方位

f:id:mousoumajyo:20210918162709j:plain

”この世界の法則は「幾何学模様」に込められている”

とにらむ私が注目している1つが「曼荼羅」なのですが

金剛曼荼羅の中に描かれている「五智如来」の坐する位置でいうと

中央におられる大日如来が東を向いて坐しておられます。

 

 

五智如来の名が入った真言(光明真言)では

北(黒)⇒中央(白)⇒東(青)⇒南(黄)⇒西(赤)

の順で唱えられていきます。

これって太陽の動きと光と時間が関係してると思うんでよね。

だから是非ともこの1日の方位と色の流れを脳内でイメージしてみてね~

 

夜の暗闇から光が生み出される時

中央の「真っ白空間」が出現し、そこから光が放たれていくよ~

この「中央空間」って数が示す「1」だよね!

 

そう、「4」はやはり「1」を表現しているのです。

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村