プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【BBAの不思議な世界】「氣が使える」A君の興味深い話⑩氣を自由に操るために

f:id:mousoumajyo:20210304163417j:plain

「私の新世界の扉が開く」どうも不思議研究で中二病中のBBA私です。

魔除けの意味も込めて、時々黙示録の羊の力をかりてみたり…

 

 

だんだんと「気の訓練法」へと話は進んでおります☆

 

東洋医学の本を読んでいたこともあって

気になって読み始めた「気が使えるA君の話」ですが

だんだんと東洋医学+気功+ヨガの「氣」へと繋がってきたよ。

 

BBAが気になって勝手に考察しているA君のスレはこちら

"氣が使えるけど質問ある?気の訓練法とかも書いていくよ!”

(BBAが夜な夜な通う「不思議ネット」内にあるよ)

 

 

①氣の存在を感知する必要がある

”氣を自由に操るために、氣の存在を感知する必要がある”

とA君は念をおして語る。

 

氣を感知できるようになることの危険性も指摘

f:id:mousoumajyo:20210311175453j:plain

 

電磁波を感知する機能が悪化(過敏)すると

”電磁波がどうのこうのと騒いでテレビでニュースになったりする”だって

 たぶん、こういうことかな?

新版 ショック! やっぱりあぶない電磁波―忍びよる電磁波被害から身を守る

新版 ショック! やっぱりあぶない電磁波―忍びよる電磁波被害から身を守る

  • 作者:船瀬 俊介
  • 発売日: 2020/01/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

 

スマホ社会が生み出す有害電磁波デジタル毒 医者が教える健康リスクと超回復法
 

 

 では、「どうすれば氣を感知できるようになるのか」

こっちに話を戻しすすめていこう(^^;)

 

②氣の存在を感知する訓練~その1

f:id:mousoumajyo:20210311180407j:plain

「多くの人は手から気功に入る」んだって

私も手をチャクラの位置に当てて集中したり

気の球を練っているよ!

f:id:mousoumajyo:20210311180524j:plain

 

私の場合は手と手の間で

「氣が円運動しながら球体を創っているイメージ」を描きながら

手と手の間に温度を感じるようにして氣の球を練っております。

 

ナルトが螺旋丸を作る感じっす。

フィギュアーツZERO NARUTO‐ナルト‐ 疾風伝 うずまきナルト-螺旋丸- 絆Relation 約175mm PVC&ABS製 塗装済み完成品フィギュア

フィギュアーツZERO NARUTO‐ナルト‐ 疾風伝 うずまきナルト-螺旋丸- 絆Relation 約175mm PVC&ABS製 塗装済み完成品フィギュア

一番初期に影分身でやっとこ螺旋丸創った時のイメージの方です(^^;)

 

③氣の存在を感知する訓練~その2

私はこの訓練法をちゃんと理解も実践もできていないのですが

デキる方はこちらをどうぞ

f:id:mousoumajyo:20210311181341j:plain

 

相手あってのことなのか?

それとも個人練習でいいのか?

A君の話はこうです。

”自分の周りに氣があるのをイメージして

それを他人と交換するイメージを持つ”

 

これをすれば、大抵の人がすぐ氣の存在を感知できるようになるはず

らしいよ(BBAはまだピンときていない)

 

④氣がわかり、操作できるようになったら

実際に氣を活用して効果を得る方法来たぞ~

f:id:mousoumajyo:20210311181813j:plain

 

例えばという話もしてくれた

  • 臆病で悩んでいるなら「腸」に
  • 馬鹿で悩んでいるなら「眉間」に

気を集めればいいんだって!

 

この辺の「どこの部位」にどんな効果があるかは

東洋医学やヨガの知識がひつようなのかな?

 

 

気功革命――癒す力を呼び覚ます

気功革命――癒す力を呼び覚ます

 

 

 

 

 

 

だいぶ、氣に関する一連の知恵がついてきた気がします。

とりあえず、気の球を自在にコントロールできるようになりたい。

 

太極拳スワイショウで気を増やしてからやってね~

BBAも実は1日10分くらいだけど訓練やってるよ。

では、また☆

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

 

 

 

7つのチャクラ (サンマーク文庫)

7つのチャクラ (サンマーク文庫)